≪Jimny倶楽部の山登りレポート≫

大船山・くじゅうの山

Jimny倶楽部の忘年山行は、くじゅう法華院のバンガローで行なう事に決定!
若者3人に、ちょっと前まで若かった人1人、少し前まで若かった人2人、
それよりほんの少し前まで若かった人1人の合計7人でした。 
                                      

【登った山】・・・・・・・大船山(くじゅう)
【山 行 日】・・・・・・・2002年12月22日(日)〜23日(月・祭)
【天   候】・・・・・・・・曇り/晴れ
【コ ー ス】・ ・・・・・・・(12/22)長者原登山口→すがもり越→北千里ケ浜→法華院バンガロー(泊)
             (12/23)法華院→坊がつる→大船山→御池(往復)→坊がつる→雨ケ池→長者原
【メンバー】・・・・・・・・みみずまる、もりもり、みやみや、なかなか夫人、月桂冠りつ子改め・陰陽師りつ子
             mimimama、Jimny


今年も残り少なくなってきた今日この頃・・・・
Jimny倶楽部では、くじゅうへ出かけました。

当初は、若者3人だけの申し込みだったので
こりゃあ、宴会ソングのギャップがあるなあ〜〜
と、心配していたところ、

りつ子さんとなかなか夫人からTEL!

「よっしゃあ!これでちょうどいいかもね・・・」
朝、長崎を出て長者原到着は、12時ころ。
荷物を分担してザックに詰め込む。

期待していた雪はまったくない。

硫黄採掘道路を大きなザックを担いだ7人が
歩いていく。

すがもり越で一休みとする。

冬とは思えない穏やかな天気だ。
北千里ケ浜を経由して、法華院へ・・・・
予約していたバンガローに入る。
新しくてきれいなバンガローだ。
6〜8人用とのことだが、ちょうどいい大きさだ。

荷物の整理をして、さっそく夕食の準備にかかる。
今日は鶏鍋。

Jimny倶楽部の3巨頭がサミット会議を開いている。

「こりゃあ、鶏肉の大きかね〜〜」
「味付けはどげんすると〜?」
「御飯の水はどうじゃろうか〜?」
・・・・・・・・・・・・・・
鍋が出来上がるのも待てずに
飲んだのは私です・・・(今日は)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

法華院の朝は青空でした。
今日は、大船山までののんびり行程。

坊がつるの避難小屋に不要な荷物をデポして
軽荷で出発する。

今日は、連休だというのに登山者はまばらだ。
大船山までの登りは、いつものことながらキツイ。
足元は黒土で滑りやすいし・・・・

やっとの思いで、段原へ登りあがる。

後方には三俣山がどっしりと大きい。

段原から大船山までの間には、
先日の雪が残っていた。

山頂には、団体さんパーティーを含め
4〜5パーティー、20人ほどがいた。
 
眼下のお池を見てみたら、見事に凍っている。
御池へと下ってみることにする。

最近は、バケツの水の凍ったのも見たことがない、
と言うなかなか夫人も感激のご様子。
mimimamaさんと記念写真に納まる。

ひと時を過ごして、山頂へ戻る。
もう団体さんはいなくなっていて、
静かな山頂になっていた。

我々も坊がつるへと下る。
お天気も良くなってきたので、
お昼は坊がつるの原っぱで食べることにする。

腹ごしらえを済ませ、名残惜しい坊がつるを後にする。

雨ケ池を経て、長者原へ向かう。

2日間の山行も終わりに近づき、
みんなの顔に満足感と寂しさとが交錯する頃、
長者原の駐車場は、すぐそこにあった・・・・・

・・・・・・・・・・・・