「一瞬思ったこと」
ふと一瞬思ったこと」を書き連ねているページです。

森羅万象、感じたこと、気になることなどを気ままに綴ります。

書き残して置かないとと忘れちゃうんでね。

最近の更新
   ●「熱帯魚」2003/08/20
   ●「タトゥー騒動」2003/06/30
   ●「和式便器」2003/06/18
   ●「捕鯨問題」2003/06/17
・・・
ページTOPへ
2003/06/17

本日のお題

「捕鯨問題」
今年もまたIWC(国際捕鯨委員会)総会がベルリンで開催されている。
今年は総会初日から荒れている。原因は反捕鯨国ドイツが議案提出した「鯨の保存強化を求める委員会」とやらの設立について、捕鯨国である日本の代表団が会議をボイコットし退場したというのだ。
よくやった。感動した!
松岡洋右の国際連盟脱退を彷彿させる行動である。
政府・自民党もこれを受けIWC脱退の可能性を示唆したとのこと。
しかし本当に脱退できるのだろうか?

私が捕鯨問題に興味を持ったのは大学2年時にゼミの発表でテーマとして取り上げてからだ。
数々の文献を調べて、分かったことは
@鯨の数は充分回復している(IWC科学委員会も認めている)
A乱獲時代に、日本人は鯨の肉はもちろんヒゲまで製品にして有効に利用していたが、イギリス等は脳油だけ取って後は全部捨てていたこと
Bマグロの漁業権等が絡んだ政治問題となっていること
C政治問題ゆえに、反捕鯨国は非科学的な意味のない感情論で多数派を形成していること(およそ捕鯨とは縁がないと思われるアフリカや中南米の小国を加盟させて多数派を形成)
D反捕鯨を訴えるグリーンピース等の環境保護団体が営利団体としての性格を有していること
うろ覚えだが、簡単に挙げるとこんなところである。

上記の詳細についてはここでは割愛するが、IWCの脱退示唆となると、気になるのがアメリカの日本への圧力は以前と比べて弱まっているのかどうかである。
勉強当時(約8年前)は、アメリカの議会で環境保護団体を組織票にしている議員が多く、ロビー活動も活発で、日本がIWC脱退となると報復制裁(マグロ漁業権等)をちらつかせ、圧力を掛けてくる、と理解していたが・・・。

反捕鯨国の主張は一言「かわいそうだから」である。
鯨の絶滅の危機は、科学的に回復が証明された今となっては理由にならない。論理的思考が強いといわれる欧米人がなぜ感情論で動くのかが疑問である。

その国の国民が文化として長年食してきたものを、異文化の国民にとやかく言われる筋合いはない!昨年の韓国の犬料理もしかりである。
アップルパイは肥満の原因だから食べるのをやめろ、と国際肥満委員会で決議されたらアメリカは従うでしょうか?

でも、私は鯨料理があまり好きではないです。
鯨大和煮の缶詰は美味しかったけど、その他の竜田揚げやベーコンなどはあまり口に合いませんでした。

これを契機に捕鯨問題の最新事情を記した本を読んでみようと「一瞬思った」。
ページTOPへ
2003/06/18

本日のお題

「和式便器」
私は圧倒的に和式の方が好きです。生理的な行為というものは古来からスタイルにそう変化が無い訳ですよ。原始人が椅子に座って用を足すでしょうか?そういった意味で和式は人間本来の歴史に根ざした由緒あるスタイルなのです。
最近どこかで読んだのですが、子供の頃から和式で過ごすと自然に足の筋力が力強く発達するそうです。一石二鳥じゃないですか。どーですかお客さん!
和式の効用として健康状態の確認ができることが挙げられます。ブツを確認することで体調管理にも役立つのです。
このように和式派な私ですが、なんでそうなったかと色々考えてみると答えが分かりました。

「自宅が和式だから」。ただそれだけです。

ただ、仕事さぼって便所で寝るときには洋式の方がgoodだと経験上「一瞬思った」。

ページTOPへ
2003/06/30

本日のお題

「タトゥー騒動」
しかしまぁ見事なクソガキなこと。
ああいうのを見てると攘夷の血が騒ぎます。世が幕末なら確実に切りますね私は。
騒動の詳細についてはここでは割愛しますが、私が不愉快になったのは昨日の「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ)に生出演した時の態度です。ソファーに座ったとたん片膝をたてたり、あぐらかいたり、足からませたりしていて終止落ち着きが無くナメきった態度でした。
何かに似てるなと思ったら、公共の場所での傍若無人ぶりを注意され逆ギレする日本のクソガキと同じ態度でした。
結局彼女たちは何をしに来たのでしょうか。
もし全てがパフォーマンスだとしても、人に不快感を与えちゃおしまいですよ。
テレビ局の人でもプロダクション会社の人でも誰でもいいからタトゥーとイワンとかいうプロデューサーに本気で怒った方がいいって。ケンカになったら二度と日本でのプロモーションに協力しないと毅然と言えばいいんだから。VIP扱いすることは無いんですよ、あんな小娘。
しかし
意外にもテレビ朝日はギャラを支払わないことも検討しながら厳重に抗議したという。
いいぞいいぞ。
タトゥーとイワンを畳に正座させて北方領土について小一時間問い詰めたいと「一瞬思った」。
が、もし目の前に居たら「サインちょうだい」といってしまいそうだなと、再度「一瞬思った」。

2003/08/20

本日のお題

「熱帯魚」
1ヶ月程前から熱帯魚を飼い始めました。
事の発端は、我が家の玄関に置いてある金魚水槽の管理からです。
この金魚水槽は兄が子供の頃祖父に買ってもらって、それ以来、兄が管理(金魚の世話、水槽掃除)を長年してきました。一昨年兄が結婚して家を出たため、管理はエサが祖母、水槽掃除が父と弟へと移りました。お前も手伝えって?水槽掃除(3ヶ月に1回程度)を見ていると大がかりで大変そうなので、口も出さず手も出さず、完全な門外漢でした。大がかりな水槽掃除というのは、金魚を他へ移してから水槽ごと水洗いして、底に敷く石やオブジェなどを全部水洗いするというものです。幅45cmの水槽なのでかなり大変です。小学生の時、上履きを毎週持って帰って洗うのが大嫌いだった私には、言われればやりますが、到底自ら名乗り出て引き受けようなどと思う仕事ではなかったのです。

そんなある日。
水槽を見ると、水は白く濁っていて汚れもひどい状態でした。
「こないだ父と弟が半日掛けて掃除したばっかりじゃないか。」とふと思いました。
いつもなら「あっそ」で終わってしまうのですが、その時は
「何で洗ったばかりなのに、すぐ汚れるんだろう?非効率的じゃないか。」
と思ってしまったのです。
でも口に出すと、「じゃお前が管理しろ」と言われそうなので、こそっとネットで調べました。
すると情報があるわあるわ。
答えは簡単でした。
@水槽には汚れを分解する微生物(濾過バクテリア)が時間を掛けて繁殖するので、水槽全部を水洗いするのは間違いであること。
Aろ過バクテリアをうまく繁殖させ水質をキレイに保つには、ろ過装置が必要不可欠であること。
そこまで分かっていながら、なお「じゃお前がやれ」と言われるのが怖くて、とりあえず武蔵小山で濾過装置を弟と共同で購入し父の日のプレゼントということにして取り付けました(なぜ濾過装置が父の日のプレゼントになるのか今もって意味不明)。
さて水槽の水の方は、濾過装置を取り付けてみると、濁りはあまり解消されないものの、徐々に物質的な汚れ(水中の排泄物やヘドロみたいなの)は取れていくじゃありませんか。
そうなってくると汚れが取れていく様が楽しみで、毎日気になるわなるわ。
濁りのほうは濾過バクテリアが最低限繁殖するまで10日間は掛かるそうなのですぐには改善させんでしたが、そんなことを調べている内に、ふと思いました。

「ハマッてる。」

もう口も手も出さずにいられなくなってしまったのです。
まず水質悪化に結びつく原因として
@エサのあげすぎ、Aエサが沈下性のため底に食べ残しが蓄積すること
だろうと見当をつけウンチクを祖母に説明すると、ありがたくエサ係を拝命しました。
水槽掃除はあんな大がかりなことはしないで水替えを1/3程度定期的にすればよいことのウンチクを父に説明し、今まで蓄積されていた水底の掃除などを自主的にしていると、実質的に掃除係もありがたく拝命しておりました。

水質安定まで1ヶ月程掛かり、その間、数年飼っていた和金3匹のうち2匹が水質の変化に耐えられずに死んでしまうというハプニングがありましたが、現在では和金・コメット・朱文金が一匹づつ、きれいな水槽で元気に泳いでいます。

ここに至りやっと本題です。
魚の世話(というより水質の管理)に興味を持った私は、より水質の管理に手間が掛かる熱帯魚を飼ってみようとの誘惑にかられ、思い立ったら吉日、ネットと図書館で情報を仕入れ、早速熱帯魚用水槽セットを購入し(歩いて持ち帰ったため翌日両腕筋肉痛)、セッティングに入りました。
魚と水草は、原チャリで碑文谷のダイエー5階のペットショップに足繁く通い、初心者用の丈夫なものを徐々に買い足していきました。
最近では、熱帯魚屋に行くと必ず何か買いたくなる衝動にかられてしまいます。
もうそろそろ水槽が一杯一杯だっていうのに、今日も、模擬試験の帰りに渋谷の西武屋上ペットショップ売り場にふらふらと立ち寄ってしまい、魚3匹買ってしまいました。

金魚との一番の違いは水温管理があることです。
名前の通り熱帯地方の魚なので25〜28℃に保たなければなりません。その為、冬場に水温が下がった場合のヒーターと夏場に30℃を超えるような場合のファンが必要になります。それぞれサーモスタットという水温感知装置を通して電源が入るようにしたので楽です。
また水草の育成の為、十分な照明(蛍光灯)が必要です。これは水槽セットに付属していた照明ではワット数が不十分だったので、強力なものに買い換えました。これもタイマーを通しているので自動的に朝から夜まで通電します。

全部自動で何が楽しいんだと思われる方もいると思います。
毎日エサあげて、魚の健康状態と水質をチェックする。それが楽しいのです。
まあ何より部屋のインテリアとして最高です。

現在、熱帯魚水槽には5種13匹+エビ1匹が泳いで?います。
時間的余裕があれば、当サイトに「熱帯魚部屋」でも作って写真アップします。
期待しないで待っていてください。

と、ここまで1時間以上かけて入力したはいいが、こんな長い文章だれも読む人いないだろうと「一瞬思った」。
ページTOPへ
・・・・・