旧武生信用金庫・不正融資事件の経過

 【平成23年】
 9月12日 
 
雑誌・北陸政界が武生信金の不正融資疑惑を掲載。同信金の職員組合が不正融資の実態を追及。

 【平成24年】
 8月8日 
 村内代表らが福井警察署へ告発を相談。

 【平成25年】
 6月19日
 村内代表が越前警察署へ告発を相談。

 9月26日
 職員2人が不正融資について情報を得ようと、役員のメールに不正アクセスしたことから、信金側が2人を聴取。

 10月14日
 信金が不正アクセス禁止法違反容疑で2人を刑事告訴。

 12月17日
 信金が不正アクセスしたとして職員2人を懲戒解雇。

 【平成26年】
 1月7日
 職員2人が懲戒解雇は不当として福井地裁武生支部に提訴。記者会見を開催、新聞、テレビ計12社が出席。

 4月8日
 福井地検へ告発状を提出。

 4月30日
 元理事長を相手に不正融資の損害賠償を求め、村内代表らが起こした会員代表訴訟の第1回口頭弁論。

 7月29日
 越前署に元理事長の背任容疑について告発。