狆を飼うにあたって          更新:2011.3.12+1.      
             それぞれの項目は未完成である。更新する予定であるので時折覘かれたし。  

 人と犬

 人と犬は、太陽系第三惑星・地球に棲息する哺乳類である。

 人は、類人猿の一品種であり、数百万年前にチンパンジーと共通の祖先から進化した。

 犬は、肉食動物のネコ目・イヌ科・イヌ属の狼などに人が、狩猟・運搬・愛玩などに用いる為に作り出した家畜である。


 犬が食べてはいけないもの

 玉ネギ、長ネギ、ニラなど
 ネギ類に含まれる成分(アリルプロピルスルファイドなど)が赤血球を破壊する為に、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす。量によっては死に至る。
 ネギ類を加熱しても毒性は消えない。
 犬・猫・兎などでは、わずかな切れ端・だし汁などでも死に至る場合がある。

 カカオ (チョコレート、ココアなど)
 カカオに含まれる成分(デオブロミン)が中枢神経を刺激する。
 小型犬では、板チョコ一枚で死に至る可能性がある。

 その他多くの食品があります。
 ここに記載されてない場合は、お調べ下さい。


 犬からうつる病気

 犬の唾液などには、犬には無害でも人では発症する菌があります。犬と触れ合った後には、手などを洗いましょう。


 狆とは


 狆の歴史


 狆の個性

 兄弟姉妹でも、餌を飲み込んで食べる子は、満腹感が得られ難いのか、多くを食べたがります。多頭飼いでは、他人の餌を横取りしがちです。この様な子は、身体も大きくなります。

 逆に、時間を掛けてゆっくり噛んで食べる子は、満足感が得られ易く、性格も落ち着いています。

 身体の大きな子は、丈夫で精神的にも充分に発育しています。

 身体の小さな子は、健康面では少し心配なところがあることが多く、精神的にも未発達です。

 また幼児期の無理な節食は、内臓などの機能が未発達になり、死に至ることもあります。