HFモービルで遊ぼう

いままでずっと430SSBで遊んでましたが、FT-817購入を機にHFに興味が出てきました。

モービルにFT-817を取り付けたので、モービルからHFに出られるように企画しました。

アンテナ取り付け(HV5S)

左がHF用のHV5S、右は144、430用ANT

ANTが長い(といっても1.4mですが)ので普段は倒しておけるようにルーフラックの一番前内側に設置。
アースはラックのみでした。
このままでもSWRは落ちていたのですが、ローバンドではやはりホディエフェクトが大きくアースに触るとSWRが下がる状態でしたので無線屋さんの勧めもありアース板を設置してみました。

DIAMONDのMAT50

7〜50メガ用のアースシートです。
効果はてきめん、7メガでも不安なくオンエア出来ます。
50メガはケーブルを半分にするように案内がありますが、私のSYSではそのままでOKでした。元々SWRが低かったからでしょうね。

結果は。。。

FT-817はご存知ポータブル機で出力は5W。。。21メガ、50メガのEスポではそこそこ交信出来ましたが、いつも混んでいる7メガではなかなかピックアップしてもらえません。
やはりアンテナの短縮率が大きいと効率も悪いようです。
良く聞こえてはいるのですがね。

そこで。。。

リグを換えてみました。IC-706MK2GMパワーは10倍になりました。
効果てきめん!7メガでも遊べるようになりました。
HFモービルはそこそこのパワーは無いと厳しいですね。

移動地は。。。

街中の移動中でもそこそこ聞こえますが、やはり海岸沿いが良いみたい。
一気に信号強度が上がります。
モービルからパイルをブチ抜き!気持ちいいですよ。
試しに21メガでCQCQ〜海外から呼ばれてびっくり。

比較。。。

先日最近話題になっているHFのノンラジアルアンテナHA750BLと比較する機会がありました。
結果は「飛び、受けともHV5Sの圧勝」アンテナの全長はHV5Sは1.4m、HA750BLは2.4mと短いにも関わらずこの結果が出ました。
やはりマッチングしているアンテナの方がいいようです。
しかしノンラジアルはバンド全域でSWR1.5以下とすばらしい特性でした。

改良してみました。。。

エレメントを留めていたイモネジを取り外し、手で回せるネジを取り付けました。
エレメントにはタイラップでネジを緩めた時のエレメントズレを防止しています。
これで共振周波数の狭いモビホでもあっという間にバンドの端から端までQSY完了!
チューナーでSWR下げても飛ばない物は飛ばない、やっぱりANTのマッチングは大事です。

ANTを自作してみました。。。

21Mhzにハマってしまい、何とか珍局へ飛ばしてやろうと意気込んで自作してみました。

フルサイズのホイップANTです。

ボンディング

更なる飛びを目指してボンディングを施してみました。


ボンネット2箇所
リヤハッチ2箇所
ドア各1箇所ずつ
効果の程は???

最後に。。。

HFモービルというと「難しい」「飛ばない」と敬遠されている方も多いかと思います。
良好なアースが取れないとSWRが下がらない、飛ばないと言われてましたが、MAT50というアースマットの出現によって車体にキズを付ける事なく手軽に運用出来るようになりました。
最近はHFモービル機も増えてきてますので、是非チャレンジしてみてくださいね。

ブログ、始めました。。。

430Mhzの話題と一緒にまとめるのもどうかと思いブログを作ってみました。
こちらからどうぞ!