犬ぞりビッグレースの種類

 大きく分けて犬ぞりレースには、3日間約70マイルを、平均時速30Km/sのスピードで走るスピード競技のスプリントレース、約100マイル900マイル以下(ステージレースを含む)のミッドディスタンスレース、そして約1,000マイル(1マイル=1.6Km)を10日間かけて走る過酷なロングツーリングレースタイプのロングディスタンスレースの3種類があります。

ノースアメリカン世界選手権(ONAC)大会とファーランデブー世界選手権(RONDY)大会は、共に1946年から開催されている由緒あるスプリントレースであり、このレースに優勝すると“ワールドチャンピオン”と呼ばれることから、世界中のトップスプリントマッシャー達の目指す、名誉あるレースなのです。

ミッドディスタンスレースとして有名な大会はクスコ300、カッパーベイスン300、イエローナイフ、ロッキーマウンテンステージレースがあります。

アイディタロット(1973年〜)やユーコンクエスト(1984年〜)などはロングディスタンスに入り、こちらもまた世界のディスタンスマッシャー達のめざす由緒ある大会です。 
オープンノースアメリカン
・ ファーランデブー
・ アイディタロット
・ ユーコンクエスト

これが世界4大レースと言えるでしょう