WAREHOUSE
LEE101Z




ポケットの形状が絶妙に歪つ!


グリッパー片爪ジッパー


ゆるめのロックミシン


サルファデニムを使ったベルトループは勿論、
すぐにホツレてくるボタンホールも再現


ポケットスレーキの縫製。ここまでやれるのは
多分ウエアハウスだけでしょう。



インシームのギリギリさと、ゆるめのロックミシン



ここまでやるかという(^^; 雑なステッチワーク
 ■定価/29,400円
 ■サイズ W32
 ■購入日 2009年8月
 ■購入場所 SOEN
 もう絶対ジーンズは買わない!今年は穿き込みに専念しますと心に誓いました。

 しかし、6月に神戸ユニオンさんで開催されたレインボーカントリーの展示会に遊びにいったとき、こいつを見て本当にびっくりした。

 レプリカもとうとうここまできたか・・・
 燃え上がるような復刻魂があってこそ実現したモデル、本当にスゴイです。

 レプリカジーンズの存在理由は、カッコイイでもなく色落ちがいいでもなく、服として優れているとかそういうことじゃなくて、あくまでもホンモノに似ているかに尽きるわけで、そういう意味でまさしく「ここまできたか!」と、ジーンズを知れば知るほど驚愕し、ショックを受けるモデルです。

 で、当日、ユニオンさんで買おうと決意したあと、何気なく後ろで見ていた某氏が、欲しそうなそぶりをちっとも見せてなかったのに先に購入していたという(≧▽≦)

 縁がなかったかなあと諦めていたけど、あとでソウエンさんに電話したらまだ一本あるということだったので取り置きをしてもらっていたのを先日取りに行きました(^^

 多分穿くことはないと思うけど(^^; レプリカジーンズ史上における大いなる傑作ということで記念に収蔵することにしました。

 穿き込むとまたヴィンテージっぽいいい感じになるのだろうけどね(^^

 というわけで、ジーンズが本当に好きな方にはお薦めです。


 ジーンズコレクションへ
 こだクロトップへ






2009.8.27〜