TREKKING SHOES


 ★トレッキング王子に至るまでの無駄に長い経緯★

 長年に渡り、シューズはワークブーツを主に履いてきました。
 ご多分に漏れず、90年代のレッドウイングブームにワークブーツに目覚めた一人です。

 リーバイスに目覚めたのが13歳で、15歳でレザージャケットと、ジーンズにレザージャケットというスタイルは早くから楽しんでいたのですが、シューズは17歳のときのコンバースワンスター復刻、当時9800円を雑誌で見て近所の靴屋に頼んで取り寄せて貰ったのが始まりでした。当時の9800円は今の5万円くらいの大金だった感じ、かなり思い切りました(^^
 それまではコンバースオールスターのハイカット・・・これも当時7800円くらいして501より高かった!!・・・、か無名品のウエスタンブーツという程度で、コンバースワンスターが本気でシューズを買おうとした始まりだったので、今でもワンスターは特別なスニーカーであり続けています。

 そして同じく17歳のとき、リーガルで27000円の直営店限定モデルだというローファーを買ったのが人生最高額の靴であり、「一生ものですよ」と言われて悩殺され、母に土下座して買って貰いました。
 初めての革底でもあり、シューズは革底が一番偉いと思い込んでいる今のルーツがこれです。

 その後、19歳で上京して、流行りに踊ってリーボックのハイカットを買って自分は最高にクールだと思った数年後にレッドウイングに出会いました。

 一瞬ナイキのエアマックスにハマってしまった暗黒時代のことは無かったこととして(≧∇≦)、ずっとワークブーツな人生を楽しんできました。
 
 99年にインターネットを始めて、ぼくのようなアメカジが好きなアホはそんなに居ないだろうと思いつつも検索してみるといるわいるわ! ぼくなんか普通の愛好家に過ぎないんだなあと思い知らされるくらい、凄いマニアたちがネット界でひしめいていました。

 当時はレッドウイングをほぼヤフオクで売ってしまい、マッコイのラインマンとかレイルマンを主に履いて「おれって最高にクールなアメカジ野郎だぜ」と粋がっていたのですが、凄いマニアな人が主催するウエブサイトで「ホワイツというのが凄い」ということを知り、探したけど札幌ではどこでも売っていない。
 それでヤフオクで探し、しかし中古でも10万円近くして断念。

 そうやって中々買えなかった時代に、初めて買ったのが2001年、たまたま見つけた地元のショップでセミドレスのブラウンを購入。
 当時は65000円くらいだったろうか。
 
 と、自分でも思いがけないほど前置きが長くなってしまったけど、以来15年に渡り、20数足ものホワイツを購入し、一年中、真夏でもホワイツを履く人生を楽しんできました。

 トレッキングシューズとの出会いは7.8年前に、仕事柄雑誌も見て勉強しなきゃと思って健気に雑誌を読んでいた時代にライトニングの特集で見かけて悩殺されたメレルのベドラム。
 当時も山登りこそしなかったけど、地元や旅先で無意味に数時間歩いて散策するということをたまにしていたので、その時用、または長距離ドライブの際に足が疲れたときのピンチヒッターにと思い、購入。
 10万円前後の覚悟を要するホワイツのオプション代程度の15000円前後。
 
 それでも履き心地の良さ軽快さはさすがだし、厚手のビブラムソールにも迫力があり、こういうのもアリだなあと思いつつも「でもやっばりホワイツだよな」と、依然低い位置にありました。
 数年間けっこう長距離歩行したりと酷使して、さすがに内張りが破けたりしてきたので、そろそろ新しいものが買いたいなあと去年に思い、ラインやフェイスブックで話題にしたところ、思いがけないほどメレル愛好者が多くてびっくり。

 最初に勧められたのがモアブミッドとソウトゥース。
 アメリカ軍の特殊部隊や海兵隊の間で愛用され、PXでも販売されているのだという。
 
 ただ、当時は正直なところ、モアブミッドもソウトゥースもビビっと来なかったんですよ(^^
 見た目がどうしてもスニーカーっぽくて、いいんだろうけど、どうしても見た目でピンと来ない。

 そして去年の暮れ、決起集会の翌日にオクリンや深キョンまで付き合わせて上野のショップで見たけど、現物を見てもやはりピンと来ない。しかも自分のサイズもないしで断念、冬になってしばらくトレッキングシューズも要らないしまた考えようと決めてそのまま半年近く経過したわけですが、5月あたりに愛用のベドラムがいよいよボロっちくなってきたので、キミちゃんに相談してモアブミッドというのを買うことに決意。
 サイズ感としては「ホワイツより0.5大きめがいい」ということで・・・となると、ホワイツで8.5Eのぼくは9・・・インターネット検索してヤフオクも駆使して、良さそうなのがあったので購入。

 届いてモアブミッドの現物を見ると、思っていたよりずっと良くて、あっという間に惚れ込んでしまった(^^*

 しかし、履いてみるとちょっと小さい。
 ぼくの足は甲高ではないのだけど、たまにいるような人差し指が親指より大分長いタイプで、これがけっこう靴選びで悩ましい・・・親指で合わせると人差し指が窮屈になり、人差し指に合わせるとちょっと大きくなる・・・事態に至り、長年苦慮したきたのだけど、今回も左足はピッタリなのだが右足だけ微妙に人差し指が窮屈・・・あと5mmくらい欲しいなあという感じ。
 それでも履いてみたら馴染むだろうと履いて歩行してみたけどどうもダメ。
 
 どうやらメレルのぼくのサイズは9.5らしい・・・そう思って今更ながら、万が一用に愛車のトランクに常備していたメレル・ベドラムのサイズをみたら9.5でした・・・幕府。最初から確認しろよって(≧∇≦)

 サイズが合わないシューズはだめだろうということでさっそくキントレに売りに出し、9.5サイズで買いなおすことに。

 自分のサイズはわかったとして、「しかし全く同じものを買うのはなんだかなあ」と思い、メレルでも他にもっと面白いものがあるんじゃないかと思い、久しぶりにインターネットで検索しまくって物色してみました。
 そしたらもう、色々と凄いものがあって、面白いの欲しいのって(≧∇≦)
 
 そうやってあっというまにトレッキングシューズの世界にハマリ込んでしまったのでした。
 
 ただ、ワークブーツはホワイツしか履かない! というように、トレッキングもメレルに限定することにしました。
 他にも色々とあるのはわかりますけど、拡げるとキリがないし、ぼくは狭く深くが好きだからです。

 そんな感じで最近俄かにハマリ込み、何足か購入したので、自身の記録として、またどなたか「オイラもトレッキングシューズも買ってみよっかなあ」と思った方の参考になればと、以下に掲載してみたのでした。
 
 2015-7-8 KINJIRO

1.MERRELL メレル カメレオンシフトミッド ゴアテックス


 

 
定価27,000円税込 サイズ9.5

6世代目のカメレオンシリーズ。
アッパーはヌバックレザー。「ゴアテックス®」を採用し完全防水です。履き口は踝を包み込み、足首をしっかりホールドするよう、ミッドカットとしては少し高めになっています。踵と中足部に配置されたTPUのアームが、安定感をさらに高めました。
「MBound TRK™」ミッドソールはクッション性がありながらも、悪路での突き上げ感を軽減し、また長距離歩行での負担も軽減します。
これまでのカメレオンシリーズに比べ、幅は若干狭くなっています。
トレッキングや小屋利用の登山まで、幅広く使用できます。
※メレルのカタログより。

ちなみにぼくが買ったのはタホブルーというカラーですが、もう一色、ブラウン系のキャッスルロックという色があります。

 事実上、今年一発目のメレル。
 2015年6月の専門学校の同期会の翌日、本命のカメレオン5ミッド・オリーブグリーンの在庫があればいいなあと思い、立ち寄った新宿小田急ハルクにあるメレルショップで購入。
 本命のカメレオン5ミッドはもうメーカーとしても在庫がなくて、これが後継モデルになりますと感じのいい店員さんに教えて頂いて、買うつもりはなかったのだけど、念のためサイズ9.5を試着させて欲しいとお願いしたら快諾してくれて、用意して頂いて試着。
 ああ、これだ、このサイズだ!!
 しかもこの履き心地の良さ!!

 インターネットや量販店では安く買えるのだけどと葛藤したものの、ある理由もあってインターネット通販に疲れていたこともあり、こんなに感じよく接客して頂いて試着までして購入はインターネットで・・・なんてことはできん(≧∇≦)
 と、衝動買いしました。
 色は正直ブラウンの方が好みだったのだけど、いずれカメレオンミッドのオリーブを買うので似た感じになるかなあと迷った末に店員さんに「どっちが好き?」と訊いたら「私は正直タホブルーの方が好みなんです」というので、タホブルーにしました(^^

 ああ、本命じゃない上に本命より高いものを買ってしまったよ・・・と当時はちょっと悲しい気持ちでいたんだけど、今ではこれが一番好き!!
 履き心地のすばらしさはカメレオン5ミッドより優れ、見た目としても今ではこっちが好き。
 
 2015-7-8

 

2.MERRELL メレル カメレオン5ミッド ベンチレーター


 

 
 定価 24,840円税込 サイズ9.5

・高い浸透性と永続的な防水性を兼ね備えたゴアテックス/ガスケットコンストラクション採用
・アッパー:ピッグスェードレザー/ナイロンメッシュ
・ライニング:GORE-TEX パフォーマンスコンフォートライニング
・パーツ:ラバー(ヒールパーツ&バンパー)
・フットベッド:EVAリムーバルフットベッド/抗菌加工
・ミッドソール:コンプレッションモールドEVAミッドソール
・アウトソール:Vibramカメレオン5ソール/ラグ深:5.0mm

カラーはブラウンもあります。

 上記の経緯に書いたとおり、最初に買ったモアブミッドのサイズミスによる買い替えのためにインターネット検索をした結果、これを見つけて悩殺されてしまったのでした。
 普段、あまり自分のためにインターネット検索もしないしインターネットショッピングもしないぼくなのですが、もう寝ても覚めてもメレルメレルというくらいに探しまくった数日感が今となっては懐かしい(^^
 大変苦労して手に入れました。
 なんといってもこの特殊部隊風味の漂う精悍なデザイン!
 欲しくて欲しくてたまらなくて、実際に届いた時はもう感激。

 しかし、今となっては前述のシフトミッドの方が好きです・・・幕府。

 

 以下、あまり関係ないけど、このシューズを買うまでの経緯を書いておきたい。

 まず、2015-6-20に名古屋で仲間と集まるイベントがあり、それに履いていこうと間に合わせるべくインターネットで探しまくる。
 しかし中々売ってなくて、あっても9.5というサイズが無い。実店舗のところで在庫アリとなっていても電話で問い合わせると無いというケースも幾つか。
 そんな中、まず最初に見つけたのが楽天に出ているショップ。楽天に登録してないので、せっせと楽天に会員登録して、カード決済もして到着を待っていたのだけど、なんと二日後に「販売したものの在庫がなく、メーカーにも在庫がなかったのでキャンセル処理させてください」とメールがΣ(゜Д゜)ガーン
 カード決済までさせて在庫がないって、そんなことあるの?
 ぼくもインターネット販売で生計を立てている身で、たまに勘違いで在庫のないものをそのまま掲載してしまっていることはあるんだけど・・・

 ぼくのウエブサイトは原始的なもので、カートという仕組みもなくて、ウエブを見て欲しいと思った方がメールや電話で問合わせてから購入というもの。
「そういうウエブだと売れませんよ」と、数年前フェイスブックで知り合ったインターネットビジネスのコンサルタントみたいな爺さんにせせら笑われたことがありました。
 頼んでもいないのに、勝手にぼくのウエブをみて診断してくれた(≧∇≦)
 そう、カート形式の方がお客さんも買いやすいだろうなあと考え、そういうシステムの導入も考えたのだけど、まず意外と高価だったのと、そういうシステムに任せるとなにか変な手違いも起き得るだろうし、自分がアホで間違うなら仕方ないけど、システムのエラーでわけのわからないミスが起きて振り回されたらごめんだなとも思い、更には「メールとか電話する手間を厭うような買い方をするお客さんはそもそも我が社の扱っているような品物は買わないだろう」と思い至り、そのままの形で継続中です。

 当世風の通販システムだとお客さんも楽・・・初回の登録はめんどくさいけど二回目以降は楽・・・だろうし、売る側もシステム任せで色々と手間も省けるのだろうけど、こういう信じられない間違いも起こり得るわけだ。
 その点、我社はぼく一人で全て対応するので、そういう間違いはない。
 ただしぼくがアホだという理由での間違いはちょくちょく・・・幕府

 それにもメゲず、二店舗目をディープに検索して発掘。
 しかも若干値段も安くなり、寧ろラッキーヽ(*´∀`)ノ
 と思って同様にそのサイトの会員登録をせっせとして、カード決済で注文完了。

 しかしまた二日後に、前回同様「手違いで在庫がないものでキャンセル処理させてください」とメール・・・

 Σ(゜Д゜)ガーン

 こういうことってよくあるのだろうか???

 と思って通販をよくしている知り合いに訊いてみると「うん、しょっちゅうというわけではないけど珍しいことでもないよ」という。

 そういうものなのか。

 そういえば新規のお客さんが弊社に電話をくれた際に「間違いなく在庫であるんですね、買えるんですね?」と念を押されたことが何度かあったのだけど、「随分真剣だなあ・・・」とちょっと微笑ましく思ったものの、おそらくこういうケースもあるからなんだなあと納得したのでした。
 通信販売する上で、久しぶりにお客さんの立場に立って色々と反省しました。
 「自分が客だった場合、こんな対応をしてくれたら嬉しいな」という想定によって今のスタイルを構築してきましたけど、まだまだ足りない部分はあったのかもしれないと気付かされました。

 かくなる上は実店舗で探すぞ!!
 と、旅先のアウトドアーショップを探しまくり、それでも見つからなくて、上記シフトミッドのところにも書いたけど同期会の翌日にメレルショップにまで行ったけど在庫なし。
 しかしそのときはもう二度のインターネット通販キャンセル事件に精神的に疲れてしまい、実際の店舗で現物を見られて試着できて、もう買ってしまおうと思ったということなのでした。

 その後、メレラー仲間(幕府)キミちゃんが新潟のショップが在庫を持っているということを見つけてくれて、三度目の正直なのかもなあと思いつつ、同様にインターネットでオーダーしたら今度は無事に買えて、名古屋のイベントに履いていくことができたのでした(^^

 2015-7-8

3.DANNER ダナー コンバットハイカー








 
価格 38,000円~ サイズ9R
※国内ミリタリーショップの平均的価格を参考、インターネット上でも色々と販売されていますが価格が一定せず、7万円台で売られている場合もあるみたいです。

本革製
アフガニスタン戦用に開発された、アメリカ陸軍・山岳部隊モデルです。
アッパーには耐久性の高い、フルグレインレザーを採用し、ライニングには防水・透湿性に優れたゴアテックスを使用。
Dリングにより、爪先まで素早くしっかりとした紐の締上げが可能となりました。
グリップ力の高いビブラム・ビフィーダ・アウトソールにより、安定した歩行が可能です。
生産終了モデルです。 Made in USA

 ぼくが初めて買ったダナーです。
 長年ダナーだけは履くものかと思っていました(幕府

 いや、凄くいいと思います。見るからに機能美に溢れていて、履き心地の素晴らしさはホワイツの比じゃないだろうというのは見ただけで分かります。
 しかし、そういう快適性や合理性に走ってはいけない!!
 あくまでも自身のスタイルとして大事なものを守りたい。
 
 こだわりとは、合理性より精神性を優先することであり、こだわりブーツマンのホワイティとしてダナーを履くわけにはいかないの!!
 こだわりは、理解できない人には説明しても無駄であり、料理のとき化学調味料を使わないとか合成界面活性剤の入った洗剤を使わないとか性行為のとき道具を使わないとかいうのと同様、「そうした方が楽だと分かってはいるけど、精神性としてしたくない」という世界にひっそりと生き続けるもりなのです。

 と、本当にしょうもない意地というか、やせ我慢のビガーパンツです。
 
 しかし、トレッキングシューズ仲間の(笑)キミちゃんに奨められてこのダナーコンバットハイカー、写真でみたら悩殺されたΣ(゜Д゜)ガーン

 なんともミリタリーテイストに溢れた精悍なデザインだろうか。

 メレルを履いているならもうダナーどころの話でもないし、トレッキングブームついでに買ってしまえ!
 と先日ヤフオクで購入しました。

 なじませたくてほぼ毎日履いてますけど、履き心地はやっぱりメレルには及ばないです。
 しかしビジュアル的な嗜好としては圧倒的にこれ!!
 本当にカッコイイ!!

 オールアイレットなので、着脱の面倒さはホワイツ以上(≧∇≦)
 
 でも本当にカッコイイ。

 しばらくはホワイツを休んでこれをメインに履き込みしてみたいと思います。

 恐らくこれが人生最初で最後のダナーだな、旦那。

 2015-7-8

4.MERRELL メレル クレストバウンド ブラック






 

 
価格 34,560円 サイズ9.5

使い込むほど革の深みが増す、ハイスペックなトレッキングシューズ。
ヒールカウンターには自転車サドルに使用されるものと同じレザーを採用し、踵の安定性を高めました。ミッドソールにはアーチの形を保持し、クッション性の高い「ユニフライ™」を採用。グレード6のシャンクも採用し、安定性も確保。
ベロの中間点にはパットをいれ、シューレースのあたりを軽減するとともに、ズレを防ぎます。「ゴアテックス®」を採用し、悪天候でも気にせずに使用できます。
日帰りの登山から縦走向けのシューズです。
 メレルのフラグシップモデル、クレストバウンドです。
 フェイスブックでも頻繁に話題にしましたが、これは本当にすごい!!
 上記三足がもう要らないやと思ったほど(≧∇≦) 圧倒的な着用感の素晴らしさです。
 我が人生最高の履き心地です。
 カメレオン5の着用感の良さを5とすれば、ホワイツセミドレスが2、コンバットハイカーが3、シフトミッドが7、クレストバウンドは10というところ。軽自動車からクラウンに乗り換えたときくらいの衝撃です・・・幕府。
 これを買ったのは7月で、もうこれしか履きたくないというくらいの気に入り方で、長時間履き続けるときは絶対にコレ!という感じでした。
 でもこればっかり履き続けても、いずれぶっ壊れてしまうだろうし、そしたら悲しいなあと思い、色違いも欲しくなったのでした。
 続く・・・

 あまりにも気に入ったので多くの仲間に勧めて、今では4人が購入したと報告を受けています。
 中には気に入るあまり、即座に色違いも注文したという強者も・・・幕府。

 最強のトレッキングシューズを一足だけほしい! というあなた、迷わずコレを行きましょう!


 2015-10-22

クレストバウンドとの思い出ショット

2015年7月 松本城にて

 
2015年9月 高知県を経て九州を経由し、徳島のうだつの町並みにて。

5.MERRELL メレル クレストバウンド ブラウン






 

 
 あまりにも気に入ったので色違いも買ってしまいました(^^*
 クロに比べてちょっとレザーが固めなので、新品時点での馴染み方はクロに劣る気がします。
 もちろん革なのでいずれしっかり馴染んでくるとは思いますが・・・ミリタリーっぽい配色なので、色々と合わせやすいと思います。
 しかしまあ、A-2のときは履かないだろうと思いますけど・・・
 これでもう私のトレッキングシューズはフィニッシュとなることと思います。
 クレストバウンドは本当に素晴らしいです!!

 2015-11-9


カウンター
2015.7.8~

こだクロトップへ