THE FEW FALL WINTER COLLECTION 2009/10 APRIL 21-22-23 in TOKYO

 今回は久しぶりに東京、渋谷で開催されました。
 私KINJIROは一昨年、昨年に続き今年も展示会スタッフとしてお手伝いさせて頂きましたので、FEWの石塚社長に許可を得て一部公開致します。
 皆様に展示会の雰囲気を楽しんで頂き、ラインナップをちらっと見て頂ければと思います。


展示会風景








ラインナップについて

 フライトジャケット
 今回のTHE FEWスペシャルA-2は、THE FEWのアドバイザーであるWWUのエイス、バド・アンダーソン将軍が実際に着用していたデュボウA-2をベースに、THE FEWが考える理想のシルエットにアレンジした新たなパターンで登場。
 写真右端が今回のスペシャルモデル。
 AN9-001・・・バックペイントはウォーアートカラーズによるオールハンドペイントにバド・アンダーソン直筆サイン入りのライニング、胸のネームプレート。両肩の大尉階級章りレザークラフト。283,500円。
 AN9-002・・・001と同様の仕様でバックペイントだけ無いタイプ。189,000円
 シルエットとしてはウエストラインがスッキリしていて、袖もタイト目。引き締まったカラダの人が求める理想的なシルエットだと思います。デュボゥベースなので台襟は無し。
 

 
 写真前列左AN9-003・・・ラフウエア23380、スムースラッカー仕上げのシールブラウンで赤リブ。
 写真後列中央AN9-004・・・同じく23380の革違い。タバコブラウンでミックスリブ
 写真前列右AN9-005・・・ラフウエア16159、レギュラーラインとして初めてバダラッシィを使用した記念すべきモデル。ひょっとしたらホースハイドを凌駕するのではないかという脅威の質感を誇るバダラッシィの魅力を是非A-2で味わってください。
 写真後列右AN9-006・・・A-2 THE GREAT ESCAPE。写真は今回間に合わなかったので去年のモデルです。実際にはムラのない1.4〜1.5mmの特厚ホースハイドになります。去年と同様に阿蘇の馬革です。





 写真前列中央AN9-007・・・ 1756。今回はアースブラウンという1.3mmのホースハイドで登場。比較的好感触なモデルの一つでした。
 写真後列右AN9-008・・・エアロレザーAC21996、エアロレザーの1941年のタイプ。エアロレザー実名復刻も今年で三年目で、すっかりFEWの定番になりました。今回はモロブラウンに赤リブです。


 
 AN9-009・・・一昨年振りのドニガー。一昨年はバッファロゥでしたが今回はゴートで登場。前作より袖を若干細くアレンジしてよりリアルに、スタイリッシュになりました。

 
 写真左AN9-010・・・久々のモナーク。今回は昨年AN6552で使用したヤミツキ系の独特な色、チェスナットで登場。A-2の部門では今回の好感触ナンバー1でした。

 写真右AN9-011・・・今回初登場のケーブルレインコート、後期モデル。実物からパターンを起こし、悩殺系のなまめかしい艶のあるゴートスキン、ライトラセットで登場。ボックス型のシルエットで袖が太めで、体格のいい人がストレス無くウインドブレーカーのように着られるモデルです。


 写真左AN9-012・・・A-1。今回はなんとバダラッシィの1.1mmにレーヨンのライニングということで、軽快且つすべりのいい袖通し。しかもいいツラしてるでしょう!
 今回キンちゃんが買おうと思った筆頭の一着です(^^


 写真左AN9-013・・・お馴染み馬皮G-1シリーズ、今回は初代と同様にガラムブラウンで再び登場です。
 写真右AN9-015・・・M-422A。フレッドオスターマンでバイオレットブラウンです。


 
 写真左AN9-014・・・二年目のM-422。今年はラディッシュブラウンにライトゴールドのボアのコントラストがいいですね。
 写真右AN9-016・・・55-J-14。今回はなんとダークブラウンに赤リブです。
これはこれで面白い組み合わせですね。

 
 写真左AN9-017・・・今年で三年目のB-2。今回は1.1mmのバダラッシィでかなり軽快になっています。
 色もいいですね。

 去年一世を風靡したフェンランド社のUKドメスティックシープが今年もふんだんに使用されたゴージャスなB-3ラインナップ。

 
 B-6もエアロ二型はフェンランドで、スタンダードタイプははサウスアフリカンメリノ。

 D-1三型。前列右側が最古のD-1の復刻で今回ヴィンテージからパターンを起こして初登場。。ポケットがないのが不便ですが、スタイリッシュという意味では最強だと思います。
 後列右がレッドブラウンのD-1で、今回のシープの中ではかなりの高い好感度だったようです。今までにない色気のある雰囲気ですね。



 写真左SP9-016・・・アーヴィンの新作。27mmのフェンランドシープのこの迫力、着てみるとかなりやられます。過去最高にカッコイイアーヴィンだと思います。

  
  MA-1とB-15B。


  
  新登場 B-10、スタグコート。画像右のような構成のパッチが二枚・・・レザークラフトは付かない・・・付属します。パッチはオマケなので、縫いつけは各自で。

 
 タンカース、新登場。映画ハーツウォーのブルース・ウイリスモデルということでブルースウイリスが劇中で着ていたタンカースのパッチがつきます。これは最初から全て縫い付けられています。
↓劇中でブルース・ウイリスが着ていたホンモノ
 

 
 新作のL-2B。スカイラインクロージングの実物から新たにパターンを起こし、FEWネームで登場。


PRECISIONS

 
 左 PM9-001・・・CRUSADERS(Indiana Jones Style))
 インディ博士のジャケットをTHE FEWなりのエッセンスで再現した、前回最も話題になり、予測以上に売れたベストセラーの第二弾。
 今回はカスタグノという渋めのブラウンのバダラッシィで、台襟の形状を変更して収まりのいい襟になりました。
 A-2ジャケットをカジュアルにアレンジしたような凛々しい雰囲気のフロント、そしてオトナの男のセクシィさを漂わせる背面、とにかく一度着てみて欲しいジャケットです。

 右 PM9-003 ハリケーンジャケット。三年目の今回はバダラッシィでタバコとカスタグノのツートン。今回の好感度モデルの一つでした。色合いと革の質感、凄くいいですね。

 
 左 PM9-002 THE WILD ONE 50's。
 今回は昨年のA-2のグレートエスケイプと同様のムラのある、熊本は阿蘇で肥育された食用馬の皮を特別に加工したホースハイドを使用。それに着脱可能なボアついても168,000円というサービス価格。これもかなりの好感度なモデルでした。

 右 PM9-004 フォースジャケット'09
 定番のフォースジャケットをベースに、スラッシュポケットやジッパーのファスナーをなくしてシンプルなスポーツジャケットタイプにアレンジ。コニャックという色気のある新色のバダラッシィとの相性もよく、これも今回好感度なモデルの一つでした。


 
 左 PM8-009 ハンランダーの新色、グレー。ボアもアテ革も全てグレーというメタリックで都会的な雰囲気です。

 右 PM9-011 ウエストフィールドジャケット。
 モーモージャケットの愛称で知られるこのハラコのジャケットが今回初登場。旧リアルマッコイズの時代にもスタンピードジャケットとしてリリースしましたが、今回はニュージーランド産の最高級のハラコ、そしてバダラッシィという最強コンビネーション。時代はこいつを待っていたという堂々たるデビューですね。好き嫌いがハッキリと分かれましたが、やはり上級者向けでしょうか。

 
 左 PM010 チーフスジャケット 定番のチーフスはリリース当初以来バッファロゥをメインマテリアルとし、昨年はバダラッシィでしたが、今回は初めてホースハイドで登場です。絢爛なバダラッシィの透明感あるツヤの前ではちょっと霞んでしまいますが、単体で見るととてもいい感じのジャケットです。

  PM9-012 ミラノマンジャケット
 三年目の今回はバダラッシイのダークシールブラウン1.1mmで、とてもいい風合いです。




HURRY HOME HONEY
 ハリーホームハニーは昨年から登場した女性用ジャケットのニューブランドです。
 女性用らしさを活かす独自のパターンで、今まで男性用の小さいサイズで妥協していた女性たちに支持されました。とにかく着用頂ければわかります。会場でも昨年同様試着された女性の多くが「あっ」と驚嘆の声をあげていました(^^


   

 
モデルは今回展示会スタッフをしてくれたトモミさんです。

 

 

 

 

 

 今回はジャケット以外のラインナップも充実。マッカーサーがオーダーメイドしていたというツータックのチノと規格の41チノ、コードバンのチャッカブーツやサービスシューズ、コードバンウォレット、バダラッシィのヘルメットバッグ等、本当に凄いです。

Teeシャツ
丸胴、襟三本針仕上げ、コットン100%、国産
カラー/オフホワイト×チャコール、ネイビー、チャコールの三色に三柄
サイズはS,M,L,XL 私見では若干大きめ

RED TAILED 15th AIR FORCE
 

 

 
 先日クランクインされたジョージ・ルーカスの映画「RED TAILS」にTHE FEWが衣装提供するにあたり、その映画にリンクしたデザインとして登場したTeeシャツです。

OLD CROW BUD ANDERSON
 

 

 
 今回のスペシャルA-2、バド・アンダーソンモデルにリンクしたデザイン。

US NAVY AFTER THE MISSION
 

 

 

 

 

 以上、全てではないですが、大まかに紹介させて頂きました。
 昨年のラインナップも凄かったですが、今年はまたかなり進化し、パワーアップしています。!
 興味を持った方は是非最寄り、お付き合いのある特約店様にお問い合わせくださいませ。

 尚、本ページに掲載してあるデータと説明文は私KINJIROなりに把握しているものであり、実際とは若干違っている場合もありますので、あくまでも参考としてご覧頂ければと思います。


今回の展示会スタッフ


2009.5.5〜