JETT RINK ORIGINAL JEANS
JETEXAS DENIM
BS507XX




商品番号 JR137
JETEXAS DENIM BS507XX


定価19,440円(税別18,000円)
◆素材/15.75oz カイハラ特濃染色ヘビーデニム
◆ボタン オール鉄製オリジナル刻印
◆ジッパー スコーヴィル
◆リヴェット オリジナル刻印
◆コンシールリヴェット脚 オリジナルクラウン刻印
◆サイズ展開 28,29,30,31,32,33,34,36

限定30本
 28/
2, 29/2, 30/2, 31/2, 32/1, 33/完売 ,34/完売, 36/完売
2016.8.21現在

 


 




大体太腿と同じくらいの裾幅です。
実際に穿くとシルエットの美しさが際立ちます。
 私のアメカジ人生は31年前、リーバイスのジーンズとの出会いで始まりました。
 以来無類のジーンズ好きとしてジーンズを楽しんできて、ジーンズを毎日穿いて生きたいという思いから勤め人を辞めてフリーランサーになったほどジーンズを特別に愛しています。
 そして2009年に初めてのジーンズ、JTX-1Zをリリース、夢が叶って本当に嬉しかったものです。
 以来もっともっとジーンズを極めたいという思いに衝き動かされ、昨年に生地をフルオリジナルで50反織って頂き、そしてオリジナルボタンとオリジナルリヴェットも作って頂きました。
 ジーンズメーカーとしては本来当然のことなのですが、私にとっては大変な決意が必要でした(^^

 そうやって、今年からJ01XXJ01XX-S,AJ01Z-XXと三つのモデルをリリース、今回は第四弾ということになります。
 
 2009年のJTX-Z以来、一貫してストレートタイプを手掛けてまいりましたが、今回は
ベルボトムです!
 
 そもそも私が子供の頃に初めて憧れたジーンズはベルボトムでした。

 1970年代、ジーンズといえばベルボトムというくらい、みんなベルボトムを穿いていて、そんなオトナたちをカッコイイと思って、「いつかぼくもちゃんとしたジーンズを穿くぞ!」と心に誓った小学時代を経て、中学生になって「これからは服は自分で決めて買う」と決意、買おうと思ったのはベルボトムだったのでした。

 しかし、意気込んでこだわりのジーンズショップに行ったものの、既にベルボトムはナリを潜め、殆どがストレートであり、、フレアー否定の時代になっていました。

 1980年のことでした。

 どうしてもフレアーが穿きたくて、店員さんの勧め・・・当時まだ赤耳だった501・・・を一蹴にし、ブートカット、517を買ったものです。

 ちょっとフレアーになっていて、ブーツに最もよく合うデザインだからブーツカットというんだ・・・と教わり、しかしブーツは持ってないのになあと困惑したのを覚えています。

 そして、帰宅して確認してみてびっくり!
 なんとその517、ブーツカットのくせに、フレアーになってないどころか、膝より裾の幅が狭いのでした。
 ただのストレートだったという・・・
 そこまで本当にフレアー完全否定の時代だったのでした。
 517にもそんな時代があったのでした。

 そんなわけで、憧れのベルボトムリーバイス646はカタログには掲載されているものの「扱ってない」ということで購入できず、その後「エドウイン」のベルボトムを買ったものの、流行としてフレアーが否定されていたので、それを貫く気持ちもないので以後ずっとつい最近までストレート一筋できました。

 たまにブーツカットも穿いたものの、フライトジャケットを主体とする着こなしにはブーツカットはあまり合わない気がして、ストレートにこだわってきました。
 ジーンズメーカーとして、いずれブーツカットくらいは手掛けようか、初めて手にした517のようなものを・・・と漠然と思ったりしましたが、基本はあくまでもストレートと思っていました。

 しかし、今回ベルボトムをいきなり手掛けたのは、あるジーンズマニアの方との出会いがあり、その人は持っているジーンズの殆どがベルボトムというツワモノでした。
 彼のベルボトム談義に聴き入り、彼が穿いているベルボトムのシルエットの美しさに悩殺されました。
 それが懐かしの日本のジーンズ、今では無くなってしまった伝説の
BIG STONEなのでした。

 若干バギーに近いキレイなシルエットと絶妙な浅さの股上。
 これぞ私が少年時代憧れたジーンズの原風景ではないかと思いました。

 そして、その人にBIG STONE A507を譲り受け、15.75オンスのジェッテキサス・オリジナルデニムで再現し、今回の製品化に到りました。

 シルエットはほぼそのまま再現し、ディテールも極力オリジナルのままとし、特別な変更箇所としてはヒップポケットを大き目にしてロングウォレットを入れるのに適正化したことと、私の好みでバックポケットをコンシールリベットで留めた点です。
 
 今回、児島の優秀な工房に特別に無理を言って30本だけ作って頂きました。

 かつて日本にもこんなに洗練されたベルボトムのジーンズがあった・・・そんな先人に対するオマージュを込めて、ジーンズを愛する全ての皆さんにお薦め致します。

2011.11.29

 

 
ベースとして参考にしたビッグストーンA507

 
右が今回の製品、ロックミシンの色も再現しました。

 
コインポケットにだけ耳を使っているところも再現しました。


リベットも叩きました。





内側の品質表示


洗濯表示と注意事項、Made in Kojima Japanの表示



■特記事項■

(1)サイズについて

表記
サイズ
 ウエスト
 
レングス  ワタリ幅   スソ幅
 
股上  
(未洗) (1洗) (2洗) (未洗) (1洗) (2洗) (未洗) (1洗) (2洗) (未洗) (1洗) (2洗) (未洗) (2洗)
28 74 72 90 85 28.5 27.5 26.5 25.5 26.5 26
29 76 74 90 85 29 28 27 26 27 26
30 79 75 90 85 29.5 28 27.5 26.5 27.5 26.5
31 81 78 90 85 30 28.5 28 27 28 27
32 84 82 91 86 30.5 29 28.5 27.5 28.5 27.5
33 87 83 91 86 31 30 29 27.5 29 27.5
34 89 85 91 86 31.5 31 29.5 28.5 29.5 28.5
35 設定なし
36 92 91 91 86 33.5
33 30.5 29.35 30.5 29.5
 ※単位/センチメートル
 ※全て「約」とお考えください。天然素材なので気温や湿度によって多少の変化はありますし、計測したときの状態によっての誤差もあります。
 ※ウォッシュデータは、裏返して約20分間洗濯し、2回すすぎをしてからまた裏返して更に20分間洗濯し、2回すすぎをしてから自然乾燥した際の数値です。洗濯の仕方や乾燥の仕方等は勿論、様々な要素によって変化しますので、あくまでも目安として参考になさってください。
 
※ギュッと縮んだ状態ですので、強く引っ張ったり、あるいは穿き込んでいくウチにテンションのかかる部分(特にウエスト)は伸びてきます。シュリンクトゥフィットというクラシックなジーンズのサイジングをお楽しみください。
ウエストの採寸方法 レングスの採寸方法
   
 ウエスト部分がピッタリ水平に合うよう横で合わせ、幅を計測して2倍にする。   股間のバータックの中間を起点として、インシー無に沿って裾の下端までの長さ。
※インシームの長さとは若干誤差がでます。実際に脚を入れたときの長さを想定した計測方法です。


 ワタリ幅の採寸方法 裾幅の採寸方法
股間のバータック部分を基点に腿の幅を計測 この通り

股上の採寸方法
 フロント、ウエストのトップを起点に股間のバータックまでの長さ。写真だと約30センチになります。


(2)ロット数について
 限定30本

(3)発売開始について

 2011年11月30日より発売開始致しました。

(4)〜期間限定〜
裾上げサービスについて

 弊社にて対応致します。

(5)お支払方法について

 ・銀行振り込み
 ・郵便振込み
 ・代引き
 以上の三つで対応しております。


(6)送料について
 会員、非会員問わず、送料も代引き手数料も無料です。

(7)お申し込みについて
 ご購入いただける場合は、
 ★会員の方は、
●会員番号
●お名前
●配達希望の日時
●ご希望の商品番号と個数
●お支払方法
※会員登録時より住所・電話番号が変わっている場合はご連絡ください。
 ★非会員の方は、
●お名前
●送付先ご住所
●電話番号
●配達希望の日時
●ご希望の商品番号と個数
●お支払方法
 以上を明記の上、当社までメールしてください。折り返しのメールで詳細をご案内致します。

 ※上記メールリンクでうまくいかない場合は直接ezcompany.ltd@gmail.comまでメールください。


★配達時間の指定について
 午前中、12-14時、14-16時、16-18時、18-21時
 以上の5タイプのみになります。また、この指定時間も絶対ではなく、配達員の都合で勝手に変更される場合もたまにありますので、予めお含み置きください。
 家族にバレたらまずい方は、営業店止めをお薦め致します(笑)。


★その他の補足事項★
 ■画像はデジカメの性能や撮影状況、皆さんのパソコンの環境などによって 色合い、質感、風合い等実際とは違うイメージになってしまう場合があります。予めご了解の上、大体 の参考程度にお考えください。

 ■出荷時に商品の状態をチェックしてありますが、不良箇所の見落としも稀に有り得るかと思います。その場合は完全品との交換をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。但し、ロット数が少ないため、交換ができず返金にて対応させて頂く場合もありますのでご了承ください。
 ※尚、返品については顕かに見苦しい、または使用が困難な場合に限定します。ちょっとした色ムラや小キズ織り傷、皺、僅かな仕上げムラやステッチの乱れ等は該当致しませんのでご了承ください。
 美術工芸品ではなく通常使用品ですので、理解の頂けない神経質な方はご遠慮ください。

 ■
製品についての注意事項
 デニムの聖地としてその名を世界に誇る岡山県倉敷市児島の工場で、熟練された職人の手によって丁寧に作られたこだわりジーンズです。しかし、必ずしも堅牢さや衣類としての高いクォリティを誇る製品ではなく、オールドジーンズのテイストを楽しむための製品です。乱雑な着用によっては破損することがあります。また、稀に補強リベットが取れることがあります。
 縫製には全て綿糸を使っており、テンションの掛け方によって容易にはホツレないように工夫はしていますが、現代的衣類と比較するとやはり脆いです。このあたりに理解のある方だけご購入ください。

 洗濯によって染料が落ちて他の衣類への移染の原因になりますので、必ず単体で洗濯してください。

 ■基本的に発送後のキャンセル・返品はお断り致します。但し、私の方にネット販売上の常識的視点において、著しい説明不足や間違い、手違いな どの不手際があった場合は誠意を持って対処させて頂きますのでお気軽にご相談ください。但しクレームについてですが、その程度や性質について当方で検討した結果「返品対象にならない」と判断したにも係らず返品をされたい場合は、場合によってはお受け致しますが、以後のお取引はお断りさせて頂く場合があります。
 ※尚、当方の不手際に依るクレームでも、商品到着後8日を経過した場合には基本的にお受けできませんので、到着後早々に商品の状態をご確認くださいませ。

 ■ご注文頂いた方は以上全ての事項に了解頂いたものとみなします。後になって「知らなかった」「読んでなかった」というクレームはお受け致しませんので、ご面倒ですがよく読んでおいてくださいね。


 全てをここで説明することは難しいですし、判り難いこともあろうかと思います。

 ご不明の点はお気軽にお問い合わせくださいませ!


ジェットリンクトップへ
商品リストへ
EZカンパニートップへ