LEE EIDERS
101-J 1953年モデル









 ■サイズ 42
 ■購入先/買取王国(名古屋)
 ■購入日/2006年11月
 ジーンズはリーバイスだけどジージャンはリーだよな・・・と、私がジーンズに興味を持った中学生の頃、ジーンズが好きな先輩たちが話しているのをきいたものです。そんなわけで、私の周りには501を穿いてジャケットはLee 101Jという人がけっこういたのが今は懐かしいです。そんな中、私はリーバイス命だったので(≧▽≦)、70505を頑固に着続け、Leeにはさほど関心は無かったわけです。
 尤も、一番最初に惚れこんだジーンズはLeeだったんですけどね(^^

 さて、この101J、タグの101-Jとサイズの文字が赤い刺繍である点で1953年頃のものだと分かります。
 旧マッコイズで復刻されたものはこれよりちょっとあとのロットナンバーやサイズが黄色い刺繍という1956年頃のタイプで、たわしも愛用しています。

 これを発掘したのは2年前、こだクロ決起集会in名古屋の翌日、TOSさんに案内して頂いた買取王国数店舗のどこかでした。
 
 着てみたらちょっとタイト・・・多分マイサイズは44?・・・だったけど、あまりにコンディションがよく凄味のある風合いが素晴らしく、価格も手頃だったので即決しました。そして、これをカッコ良く着るためにちょっと痩せようとも。
 だけど未だに痩せてません(≧▽≦)

 旧マッコイズの復刻も凄かったですが、やっぱこうやって実物を見ると桁違いの迫力、ホンモノはいいなあと痛感しつつたまに眺めています。


 ★画像一部撮り直し
 2009.8.27

2008.6.9〜