複式簿記

10分後にはあなたも立派に複式簿記ができるようになります。入ってくる物と出ていく物とを相殺すればいいだけです。よって「入る」「出る」という言葉を使って,意味不明な言葉「貸方」「借方」なんてのは使いません。

 ところで複式簿記をする理由は分かっているんでしょうね。
一応、確認の意味でその意味を説明しておきます。
 一年間の総売上金額はいくらで、仕入金額はいくらで、通信費、光熱費、etc 
はいくらであったかを知るためですね。
そして、このサイトは、簿記をやって税金というお金を払う人のためのサイトです。

社会に対して生産をせずに事務という非生産的労働(事務をやっても社会に富は増えない)をやって給料というお金を貰い、定年退職後は厚生年金や共済年金という不労所得を得るために簿記を勉強しようとしている人は他のサイトへ行ったほうがいいですよ。

 まず、文房具屋へ行って普通のノートと、ルーズリーフ式のノートを買ってきてください。

 では、始めます。
あなたはこれから魚屋を開業します。 嫌でもするんです。最初に50万円現金で持っていました。
 開業するにはまず仕入れなければなりません。 魚を仕入に中央市場へ自動車で行きます。



 1月7日に、市場へ行く途中でガソリンスタンドに寄りガソリンを30リットル入れました。
現金で3000円支払いました。取引が発生しましたね。 それではこの取引を記帳します。 
仕訳帳(普通のノート)に記帳します。 この仕訳帳には以下のように表を作ってください。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
         
          
         

入ってきたのはガソリンですよね。 そして出て行ったのは現金ですよね。
つぎにこれをルーズリーフ式のノートに書くのです。
入って来たのは消耗品のガソリンですから、ルーズリーフの消耗品のページの入るの欄
に3000円と以下のように書きます。

日付 内容 入る 出る 合計
1月7日 ガソリン 3000円   3000円
          
         
         

次に、出て行ったのは現金ですから、ルーズリーフ式のノートの現金のページに
以下のように書きます。

日付 内容 入る 出る 残高
1月6日        50,0000円
1月7日 ガソリン代   3000円 49,7000円
         
         

このページでは4桁ごとにコンマを打っています。 このページは日本語だからです。


市場に到着しました。 問屋のA商店からサンマを100匹、現金5000円で仕入れました。
また取引の発生です。 それでは記帳しましょう。
入ってきたのは商品ですよね。そして出て行ったのは現金です。でも商品という勘定科目を使うと破綻します。なので仕入商品というのを使います。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
         
         

合計の欄は消耗品として使ったお金の合計金額のことです。入るの欄の金額を足していくだけです。 次にルーズリーフノートの仕入商品のページに書き込みます。

日付 内容 入る 出る 合計
1月7日 仕入商品 5000円   5000円
           
         
         

次はルーズリーフノートの現金のページに記帳します。

日付 内容 入る 出る 残高
1月6日       50,0000円
1月7日 ガソリン代   3000円 49,7000円
1月7日 仕入商品   5000円 49,2000円
         

次に問屋のB商店からブリを4匹、合計2,0000円、掛(かけ)で仕入れました。
掛で仕入れるとは、その場でお金を支払わずに後日支払う仕入方法です。
では、この取引を記帳します。 まず仕訳帳に記帳します。出て行ったのは現金じゃないですよ。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
1月7日 B商店から掛で買う 2,0000円 仕入商品 B商店へ借用書
         

現代の商取引では借りたほうは借用書をださないですよね。 貸したほうが請求書を出すように
なっています。 商取引とは本来物々交換なんですよ。 

次はルーズリーフへの記帳です。 仕入商品のページに以下のように書き込んで下さい。

日付 内容 入る 出る 合計
1月7日 仕入商品 5000円   5000円
1月7日 仕入商品 2,0000円   2,5000円
         
         

次にルーズリールノートのB商店のページに以下のように書き込んで下さい。

日付 内容 入る 出る 残高
1月7日 B商店へ借用書   2,0000円 2,0000円
         
         
         

残高の欄は、「現在、発行している借用書の残高」という意味です。


それじゃあ,店へ帰って商売をします。 Cさんにサンマを500円で
掛で売りました。 それでは仕訳帳に書き込みます。 出て行ったのは商品ですよね。でも「商品」勘定は使いません。今,分かったでしょう。仕入れた時に「商品」勘定を使わなかった理由が。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
1月7日 B商店から掛で買う 2,0000円 仕入商品 B商店へ借用書
1月7日 Cさんに掛で売る 500円 Cさんから借用書 販売商品

次に、ルーズリーフ式のノートのCさんのページに以下のように書き込みます。

日付 内容 入る 出る 合計
1月7日 Cさんから借用書 500円   500円
         
         
         

次に、ルーズリーフ式のノートの販売商品のページに以下のように書き込みます。

日付 内容 入る 出る 合計
1月7日 販売商品   500 500円
         
         
         

その日の残りの販売はすべて現金で5,0000円の売上であった。
それでは仕訳帳に記帳しましょう。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
1月7日 B商店から掛で買う 2,0000円 仕入商品 B商店へ借用書
1月7日 Cさんに掛で売る 500円 Cさんから借用書 販売商品
1月7日 現金販売 5,0000円 現金 販売商品

次にルーズリーフ式のノートの現金のページに記帳します。

日付 内容 入る 出る 残高
1月6日       50,0000円
1月7日 ガソリン代   3000円 49,7000円
1月7日 仕入商品   5000円 49,2000円
1月7日 現金 5,0000円   54,2000円

次にルーズリーフ式のノートの販売商品のページに書き込みます。

日付 内容 入る 出る 合計
1月7日 販売商品   500 500円
1月7日 販売商品   5,0000円 5,0500円
         
         

D銀行へ行き20,0000円を普通預金に預けた。

この取引を記帳します。 仕訳帳へ記帳します。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
1月7日 B商店から掛で買う 2,0000円 仕入商品 B商店へ借用書
1月7日 Cさんに掛で売る 500円 Cさんから借用書 販売商品
1月7日 現金販売 5,0000円 現金 販売商品
1月7日 現金を預ける 20,0000円 D銀行普通預金 現金

「D銀行普通預金」というお金の種類と考えてください。 例えば円をドルに両替すると円が出て行って
ドルが入ってくるでしょう。 それと同様です。

それではルーズリーフ式ノートの「D銀行普通預金」のページに以下のように記帳してください。

日付 内容 入る 出る 残高
1月7日 現金を預ける 20,0000円   20,0000円
         
         
         

次にルーズリーフ式のノートの「現金」のページに以下のようにお書き下さい。

日付 内容 入る 出る 残高
1月6日        50,0000円
1月7日 ガソリン代   3000円 49,7000円
1月7日 仕入商品   5000円 49,2000円
1月7日 現金 5,0000円   54,2000円
1月7日 現金を預ける   20,0000円 34,2000円

翌日、1月8日に市場へ行きます。 まずお金を返します。 B商店に1,5000円現金で返します。
残りの5000円はまだ借りたままです。
それでは記帳しましょう。 まず仕訳帳に記帳しましょう。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
1月7日 B商店から掛で買う 2,0000円 仕入商品 B商店へ借用書
1月7日 Cさんに掛で売る 500円 Cさんから借用書 販売商品
1月7日 現金販売 5,0000円 現金 販売商品
1月7日 現金を預ける 20,0000円 D銀行普通預金 現金
1月8日 B商店へ支払い 1,5000円 B商店から借用書 現金

B商店から借用書の一部が帰ってくる(入る)のですね。 
というわけで、ルーズリーフノートの「B商店」ページに記帳しましょう。

日付 内容 入る 出る 残高
1月7日 B商店へ借用書    2,0000円 2,0000円
1月8日 B商店から借用書 1,5000円   5000円
         
         

上の表を見ると足す方と引くほうが逆のような感じですが、これでいいのです。借用書(負債)の合計ですからね。(発行していることになっている借用書の合計)

次にルーズリーフの「現金」のページに以下のように書きます。

日付 内容 入る 出る 残高
1月6日       50,0000円
1月7日 ガソリン代   3000円 49,7000円
1月7日 仕入商品   5000円 49,2000円
1月7日 現金 5,0000円   54,2000円
1月7日 現金を預ける   20,0000円 34,2000円
1月8日 B商店へ支払い   1,5000円 32,7000円

ああっ、面倒臭くなった~~~。 どうして、このような簡単な簿記をしないのかというといろいろ理由はあるのです。
一つは、お偉いさんって教条主義者だから偉い人たちに言われたことを鵜呑みにしかできないからです。
もう一つは、自分たちは賢いのだぞという権威のためです。 貸方、借方という理解不可能な言葉を使うことによって自分たちの権威を保とうとしているのです。 嘘だと思うなら『貸方』、『借方』という言葉の意味(定義)をまず辞書で調べてごらんなさい。 意味不明ですから。(ひょっとしたら、私がLD児だからかもしれませんが。)
事務なんて生産性はゼロです。 事務なんていくらやっても社会に富は増えませんよ。
私の目が節穴だからかもしれませんが、教師や銀行員、役人って
いったい何を生産しているのでしょうかね???
They can only make number one, make number two, and make love. That's all !
(ひょっとして、やっはり、教師にはウンコが似合うから村上龍の著書「69」の中で職員室の机の上にウンコをしたのか?)
皆さん、社会の為に、事務なんてさっさと済ませて生産性のある仕事をしましょうね。
お役人様って、『自分達は単式簿記というサービス財の提供で、給料を貰って有給休暇を貰って、ボーナスを貰って退職金を貰って恐妻年金を貰える立派なご身分だぞー。
そして民間人には、複式簿記をして減価償却費を計算して貸借対照表を作って税金という名のお金を払え!』っていうダブルスタンダードの見本みたいな思想の持ち主たちなんですかね?
ちなみに私は複式簿記をして税金というお金を払うバカなんです。

話が脱線してしまった m(__)m それでは上記の簿記の続きをします。
1月9日 普通預金に利息が1円つきました。 どう処理しましょう。

入って来るのは簡単ですよね。 D銀行普通預金という種類のお金が1円入ってきます。
じゃあ出て行く物はなんですか。 



無いです! 何も出て行かないです。 



ここまできて破綻した!!!



しか~し,ここまできてそう簡単に止められるか! 



出て行く物が無い。 が必要だ。こういう場合,人類はどうしてきたのか。



そうだ,クリエイトしてきたのだ。



クリエイトってどうやってするのだ? 



分からん! こうなりゃ秘密兵器を使うのだ。



何とオイラは玉を持って生まれてきたのだ。 



そしてオイラは日本国籍を有するのだ。



ということはオイラには大和魂があるのだ。



今こそ大和魂をふるいたたせるのだ! 



力の限りふるいおこせ! 



足りぬ,もっとだ! 



そうだもう少しだ! 



ちょっと力み過ぎたらトイレに行きたくなった。



出た---。UNKOだ! 



そうだ出ていく物を探していたのだ。UNKOにしょう。



なにっ,美しくないってか。うううっ,そういわれると辛い。



オイラは美が全てと思ってこれまで生きてきた。



これをどう美しくするか。



JRAとかJTとか,日本の企業は頭によくJを付ける。そうだ,Jを付ければいいのだ。



JUNKOだ。



ええっ,JUNKOだったら切なくなるってか(長渕剛の歌「順子」を参照)。 



もう百恵なり昌子なり自分の好きな名前にしてね。



オイラはラッキーにしておく。

結局この1円は入ってきますが出て行く物がないですから、経済学用語の不労所得ってやつですね。

日付 内容 金額 入る 出る
1月7日 現金でガソリンを買う 3000円 ガソリン(消耗品) 現金
1月7日 現金で仕入 5000円 仕入商品 現金
1月7日 B商店から掛で買う 2,0000円 仕入商品 B商店へ借用書
1月7日 Cさんに掛で売る 500円 Cさんから借用書 販売商品
1月7日 現金販売 5,0000円 現金 販売商品
1月7日 現金を預ける 20,0000円 D銀行普通預金 現金
1月8日 B商店へ支払い 1,5000円 B商店から借用書 現金
1月9日 D銀行の利息 1円 D銀行普通預金 ラッキー

下のように、ルーズリーフノートの「D銀行普通預金」のページに書きます。

日付 内容 入る 出る 残高
1月7日 現金を預ける 20,0000円   20,0000円
1月8日 利息 1円   20,0001円
         
         

そして、ルーズリーフノートの「ラッキー」のページに以下のように書きます。

日付 内容 入る 出る 合計
1月8日 利息   1円 1円
         
         

年末に作成しなければならない貸借対照表のどこにこれらの数字を書けばいいのか
というと、資産の部の預金の欄に書くのはわかるでしょう。もう一つの方は負債の部のところには
空欄がたくさんありますから、そこに不労所得という項目を作って書いとけばいいです。 
なんなら意味不明な言葉、事業主借の欄にでも書いとけばいいです。お好きなように。


でもオイラはこんなことを書きたくはなかったのですがね。
オイラはバカじゃないぞ!って書きたかっただけ。本当に書きたかったことは
頭は髪の毛を七三に分けたり、丸坊主にするためにあるんじゃない。当然、金髪にしたりロン毛にしたりするためにあるんでもない!
今、『弁髪やモヒカンにするためにあるんだな』と思ったそこの君、どうぞ勝手にしてチョンマゲ




本業がやばくなってまいりました。
もっといろいろ教えてって思われた方も、もうこれ以上喋るなって思われた方も 郵便振替で送金(カンパ)して頂くとありがたいです。
一口220円ですのでよろしくお願いします。手数料が100円ぐらい必要ですが、なにとど宣しくお願い申し上げ奉り候。m(_ _)m

口座は下記のとおりです。


ですから、用紙では下記のように書いてください。
画像が見にくい方は、画像をクリックして頂くと若干大きな画像が別画面で表れます。






10年ほどこのホームページを運営していて、三郷市の方から初めて振込がありました。 ありがとうございます。 三郷市ってスゲー。


減価償却費の計算方法はこちらです

P.S. 家計簿も同じようなかんじでできます。
(こちらは家計簿のソフト付きです)



上記の簿記の名前を篠山簿記と名付けます。「ささやまぼき」と読みます。「しのやまぼき」じゃありません。べつに名前なんて付けるつもりは無かったのですが名前を付けなくてはならなくなりました。 篠山市を有名にしなければならなくなったのです。 オイラは丹波篠山市なんてイヤだからです。 なぜかといえばこのページを最後まで読んで頂ければ分かると思います。


ひとつ問題を出しておきます。
日本で一番難しい試験は司法試験らしいです。
そこで問題です。 『司法試験合格者は賢い』。この命題は真か偽か。
答えは偽。各自、証明してみましょう。
ヒントはここから=>背理法を使えば簡単<=ここまでをドラッグして反転。

解答が分からない方はここをクリック


アナログ放送が終わってテレビを見なくなったら家族全員が風邪をひかなくなった。風邪ってテレビから移るのか?




民主主義なんて簡単に崩壊する見本
今,兵庫県の篠山(ササヤマ)市ってところで市の名前を変更しようかって問題が起こっているんだって。

平成の大合併で1999年に篠山市ができて,2004年に丹波市ができたのです。そしてその丹波市と篠山市が並んいるのです。 丹波市の人は丹波篠山なんて言葉は使いませんが篠山市の人たちは好んで「丹波篠山」って言葉を使うのです。 なぜかな? たぶん,デカンショ節の冒頭で「丹波篠山,山がの猿が~」とでてくるからかな? で,篠山市の人たちが「丹波篠山」というとその地域外の人たちは丹波市と篠山市の両方を指しているのかな,と思ったりするわけです。 篠山の人たちが「丹波篠山」という言葉を使うことで,丹波市の宣伝を無料でしているようなものなのです。 それでアホクサって思った篠山市の人たちは丹波篠山市に名称を変更しよう,ってなっているみたい。

でも,それっておかしいよね。例えば,日本の企業の名前に似せた企業が中国にいっぱいできたから日本の企業が自分たちの会社の名前を変えよう,って発想みたい。だからこの場合,篠山市が名称を変えるのではなくて,篠山市は丹波市に市の名称の変更を求めるのが筋だと思うよ。丹波市に言うことは「デカンショ節の冒頭の『丹波篠山』ってところを聞くとみんな丹波市と篠山市の両方を指していると誤解するじゃんかよ」ってね。 あっそうそう「丹波市は丹波篠山とは何の関係もありません。 丹波篠山ブランドの類似品にご注意下さい」と篠山市の農産物や篠山市のホームページに書くようにすればいいのだ。 私は法律家じゃないですから間違えていたらごめんなさい。 まあこういうことは弁護士さんである篠山市長とか丹波市の市長は法学部卒だからその両氏の方が詳しいのですね。m(_ _)m 

しかし問題の本質は市の名前なんかじゃないのです。

wikipediaによると

【市名制定に関する経緯】
氷上郡6町の合併にあたっては、新市名候補の公募がなされた。この結果では「氷上」の応募が最多となったほか、「ひかみ」が3位となるなど郡名(あるいは町名)に因んだ応募が比較的多かった。これに対し、氷上郡合併協議会は「ブランド力の活用」などの理由で応募数では2位の「丹波市」を合併協議会委員の投票により選定したが、これに対して地元住民のほか篠山市や綾部市など丹波地域内の周辺自治体などから見直しを求める声が上がった。これを受けて合併協議会は改めて検討を行ったが、「公募は人気投票ではなく、応募数は参考に留めるものである」「公正なルールに従って選定された」「旧国名を採用している事例はほかにも多い」といった理由により見直されることはなかった。
なお、一連の経緯については、竹内正浩が平成の大合併で誕生した各地の地名を考察した著書『日本の珍地名』の中で「京都府をはじめ全国的な反発を買ったという“事件”」と評価している。

オイラは名前なんて後からついてくるものと思っているのであまり関心がないのです。 名前を間違えられることなど別にたいしたことじゃないですよ。オイラなんてよくアラン・ドロンとか福山雅治に間違われるけど全然気にならないもの。(^ ^)。 しかもその上、ハンサム過ぎるとかオシャレ過ぎるとかって弾圧までされるけどそんなのいちいち気にしてなんかいられない。 人生は短いのだ。 m(_ _)m

昔、悠木千帆という有名な女優さんがいました。 突然、その女優さんは樹木希林という名前に変更しました。 なぜ名前を変えたのかはその当時知りませんでしたがWikipediaで今しがた知りました。 売れない芸人が名前を変えるのはよくあることではあるが、売れっ子が名前を変えたのには大変驚きました。しかも樹木希林という、言っては申し訳ないですけど変な名前に変えました。当時どれくらい売れていたかというと今でもYoutubeで見ることができることからも分かると思います。 今となっては悠木千帆って誰ってなもんですよね。 しかも樹木希林という変な名前が馴染んでしまった。 名前なんて後からついてくるいい見本ですね。

昔、まだ多紀郡(丹南町【タンナン】・西紀町【ニシキ】・今田町【コンダ】・篠山町)だった頃、丹南町の人にもかかわらず「篠山出身」とか「丹波の篠山出身」って言っていたよ。 その名残りが駅の名称「篠山口」とインターチェンジの「丹南・篠山口」なわけ。 この2つは丹南にできたんであって篠山にできたんじゃないから「口」という一字が付け加えられているの。 昔の丹南町の人もやっぱり自分の出身地である丹南を名乗りたかったのだと思うけど丹南出身と言っても分かってもらえないから自分の出自を「篠山」とか「丹波の篠山」とか「丹波篠山」とかって言っていたんだよ。 同じ理由で、丹波市の人が丹波篠山出身って言ったっていいと思うけどね。 丹波市の人たちも、昔の丹南町の人たちと同じように篠山に対する憧れがあるのですね。

この問題の本質はね民主主義の問題。 氷上郡の多数が氷上市もしくはひかみ市がいいっていっているし,外部からも丹波市なんてヤメロって言われているのに丹波市を強硬採択したってってことは,あきらかに氷上郡合併協議会は民主主義に挑戦状を叩きつけたってことでしょう。 だから“事件”なのよね。 権力を持っている人を監視していないと民主主義なんて簡単に崩壊するよって世界中に示したんだよね。 
丹波って年寄り連中が強権発動する所だという噂がたったら丹波篠山もトバッチリを喰らうよ。そういう非民主的なところに若者が住みたいとは思わないでしょう。  Wikipedia の丹波市の項目とともに生きていかなくてはならない丹波市の若者たちは大変だと思うけどね。 
丹波市なんて僭称なことをして歴史という審判に耐えられるのかなぁ? 

ところで丹波市に住んでいる教職員って民主主義って分かっているのか? 
え~~っ,こういう連中が道徳教育するのか!!!
あっ,そうそう。 もしも,もしもだよ,丹波市に住んでいる教師が篠山市で教鞭をとっているとしたら,,,これって悲劇,それとも喜劇なの?。 
そしてそのような遠距離通勤なんてことがあれば,地球温暖化防止のためにも重税をかけてよね。 もっとも近くに同じ職場があるのに好んでそんな遠くの職場に通う人なんていないとは思いますが。
 
オイラなんて自動車税を15%加算されているんだから。 その理由が環境負荷が大きいからだって。 オイラは20年乗って10万キロしか走っていないんだぞ。 なんで環境負荷が大きいんだ。 日本全体として二酸化炭素の発生を抑えるってのが目的なら自動車の使用を減らすようにすべきだろう。 遠くの学校に通っている教師にこそ重加算税をかけるべきだろう。 それだけでかなりの二酸化炭素の排出を防げる。 これを書いているパソコンは「HP Compaq nx6325 Notebook」で2006年に買ったPCだよ(もちろんOSはLinux)。 環境省よ、本気で環境を守る気があるのか? 財務省よ,貧乏市民からささやかな楽しみを奪うな! 国家権力で貧乏人から金を奪い取るな。 役人は民間に対するバワハラを即刻止めろ。 あら,話が脱線しちゃった。

Don't ask me what I want it for
If you don't want to pay some more
Cos I'm the taxman, yeah, I'm the taxman
And you're working for no one but me
Taxman! .
( from Taxman by the Beatles)





丹波の地図

話は変わって,篠山市の広報ってひどい感性してんだよね。 篠山市の広報って丹波篠山って言葉を好んで使うのです。 篠山市の役人は篠山を広告宣伝しているんじゃないですよね。丹波篠山なんて地名や自治体はどこにもありゃしないのに丹波篠山,丹波篠山って言っています。 篠山市は篠山を宣伝するべきでしょうが。 どうしても丹波という言葉を使って篠山を宣伝したいんだったら「丹波の篠山」でしょうが。 「丹波の篠山」って言うことで「篠山」が強調されるんだから。 
そして篠山が「ささやま」と読まれず「しのやま」と読まれるって言うんだったらふりがなくらい振ればいいだけ。

味まつり
上のボスターを見て下さい。丹波篠山って言葉を初めて見た人が「丹波篠山ってどこにあるんだ?」と思って、グーグルマップで「丹波篠山」で検索したとしたら。「なんじゃこりゃ」って思いますよ。篠山市の役人たちはまったく篠山って地名を宣伝したくないんですかね。

それともう一つ!

tamba

夏目漱石の「吾輩は猫である」に丹波って言葉が2ヶ所ででくるんです。 最初は「丹波の国は笹山から昨夜着し立てでござると云わぬばかりに、」とあります。 これは田舎の代名詞として笹山が使われているんです。 それともう一ヶ所,「倫理の先生は丹波の笹山を連れて」とあります。 
キャッチフレーズが「俺が丹波の篠山だ」だったら文学の素養があるのかなと思えますが「俺は丹波篠山だ」では文学の素養がないことを露呈してしまっている。 カッコ悪いね。
最近は性別も変えられるらしいから、丹波篠山派は市名変更を求めるのじゃなく、「俺は丹波篠山だ」と名乗るぐらいだから自らの氏名を丹波篠山に変更すればいいのにね。
吾輩は猫であるの英語版「I am a cat.」(translated by Aiko Ito and Graeme Wilson) では tanba なんて言葉は一度もでてきません。 Sasayama は1回だけ出てきます。「warrior-breeding uplands of the Sasayama mountains.」 と。 なんだかグルカ兵みたいですね。  1972年くらいから3回に分けて出版されたみたい。 東京を中心とする出版業界では1972年くらいにはもう完全に旧国名とはオサラバしているのに2017年の篠山ではまだ江戸時代を引きずっているのかな。 東京の人からみたら、東京を江戸に戻せって言っているみたいだね。 篠山は東京から4~50年遅れている。 オーマイガー!

「丹波の篠山」を使わずに「丹波篠山」を使う理由は4字熟語っぽくカッコいいと思っているのかも。 オイラは「丹波の篠山」か「丹波の笹山」の方が風情があって好きですね。 「安芸の宮島」とか「三保の松原」とかは「の」を省略しないでしょう。「旧丹波の国の丹波市」,とか「旧丹波の国の丹波篠山」って言い方は,なんだか「白い白馬」って言っているみたいでしょう。「安芸の宮島」「三保の松原」は世界遺産で,日本遺産だといっている篠山との格の違い,ってこういうところにも表れるんですよね。ついでに言っておくと,安芸市って安芸の国(広島)にあるんじゃなくて高知県にあるのです。

世界は日本語で動いているんじゃないですよね。 英語で動いているのです。 三井住友銀行の英語表記は SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION となって日本語と語順が逆ですね。 丹波篠山の英語表記では Tanbasasayama, Tambasasayama, Sasayama Tanba, Sasayama Tamba、といろいろ思いつくけど、どれにしても外国人には不評だろうな。 Sasayama の方が好かれると思うけど。

香川県が「うどん県」を標榜している。丹波篠山市にしたい方は勝手に丹波篠山市と住所を書けばいいのに。郵便番号さえ合っていれば郵便物は届くらしいよ。そうすれば篠山市はいらぬお金を使わなくてもいいし。

市の名前を変更するにはお金がかかる。篠山市は2つの予算案を提示すべきだ。1つは変更しない場合の予算案。もう一つは丹波篠山市に変更する場合の予算案。 篠山市は6000万円なんて言っているけどその明細を見せてほしいものですね。 見せられるものなら。 家を一軒建てる場合、柱一本の値段まで明細に書いてありますよ。 でもそんなこと篠山市の役人には無理でしょうね。 コンビーターのプログラムの変更をするときの
「ctrl + fキー」=>「検索文字列に【篠山】」, 「置換文字列に【丹波篠山】」=>「置換」キーをクリック
の操作をするだけでどれくらいの予算なのか知りたいです。
なに、そんな面倒なことはしないってか? txtファイルだろうがhtmlファイルだろうがxlsファイルだろうがプログラムがボタン一発でやってしまうから、そのプログラマーを雇うお金がかかるってか?  それくらいのプログラムならオイラだって2~3時間で書けるよ。

昔,篠山は笹山だったんですよね。 でもなぜか篠山に変わっている。 たぶんこれは難しい漢字の方がカッコイイっていう昔の暴走族のネーミングと同じ感覚だと思います。小生は理系だから簡単な方が好きで,篠山より笹山のほうが好きなんです。 「A地点からB地点までの道のり」を「X」とする,ってことぐらい簡単にするのが好きです。ついでに4字熟語は嫌いだ! 英語のイディオムも嫌いだ! でも焼肉定食は好きだ! make love も好きだけど相手がいない! 




「面倒」ってのは文化と文明を隔てる言葉なんですよ。文化と文明の中間に位置するものが「面倒」なのです。 また面倒な説明をしなくちゃならなくなってきたなぁ。あ~面倒くさい、面倒くさい!
面倒くさいにもかかわらずどうして面倒って言葉を説明しょうとしているかというと、

安井議員は「字数が2文字増えて面倒になる、住所印や名刺など、余計な費用負担や手間がかかるので迷惑そのものの人もいる」と言われました。  しかし、私たちはこれから未来にわたる市名を考えようとしているのですから、字数が増えて面倒などの理由は正当な理由ではないと思います。 と篠山市の市長日記にあるからです。

世の中には面倒なことがいっぱいあります。 その面倒なことをいかに避けるかを考えて文明というものが発達するのです。 例えば、船を漕ぐのは面倒だから帆船ができエンジンを使用したりて文明が発達するのです。 
それに対して例えば和服を例にとると、なんの飾りもない単色の和服でもいいわけでしょう。にもかかわらず人は大島紬とか友禅とかを作る。 あんなのメチャクチャ面倒だよ。 その面倒なことを厭わずに、いやむしろ楽しんでやる。 そうすることで文化が育まれるの。
「面倒」ってのを排除する努力をするのか、それとも「面倒」を楽しめるか。それが文明と文化の違い。
「丹波の篠山」は5文字、「丹波篠山」は4文字,「篠山」は2文字。
ということは、文化を楽しむなら「丹波の篠山」。 文明を享受するなら「篠山」否「笹山」。 どっちつかずの「丹波篠山」。 中途半端やなぁ。
今のまま篠山市だったら「丹波の篠山」だろうが「篠山」だろうがどちらも使えていいよ。文化も楽しめ文明も享受できる。



篠山には篠山城、篠山川、篠山盆地があるから篠山のままでいいんだよ。
丹波篠山市に変えたいって方は、ギャーギャー市名変更しろってことに情熱を傾けるんじゃなく、「これがオイラの作品だ」ってものを作ることに情熱を傾けるべきでしょう。 丹波篠山市に変更しょうとする人たちって「我が作品で勝負」ってんじゃなくて、「どうせワシにはろくなもの作れないから丹波って言葉に頼っちゃえっ」ってことみたいだね。 結局は丹波って言葉に頼る丹波市と一緒なんだよね。 だったらいっそうのこと「本家丹波市」とか「元祖丹波市」にすればいいのに。 丹波篠山派は自らの道を切り開いて行くってんじゃなくて丹波というレガシーに頼るってことですね。 そこまで自分の無力をひけらかさないでよね。 そういうのは謙譲の美学ってんじゃなくて単なる無能ってことよ。 カッコ悪!
ついでに言っておくとオイラが住んでいるのが篠山市なの。 だからもうすぐ篠山が有名になるって。(本当かぁ?) 


そろそろ我が結論
丹波篠山市に変更になったとしたら,「丹波篠山」っていう固有名詞ができ,その結果「篠山」って地名がなくなるってことを篠山の人たちはわかっているのでしょうかね?

丹波篠山に変更したとしても、東北とか関東に行ったとき「丹波篠山出身です」と言っても「丹波篠山って聞いたことがありますけど丹波篠山ってどこにあるの?」って聞き返され「兵庫県です」って言ったら「兵庫県ってどこにあるの?」ってまた聞き返され「京都のすぐ向こう」って答えないと分かってもらえないってのがオチ。 兵庫県すらどこにあるのか分かってもらえていないのに、、、。 

丹波篠山市に変更になったとしたら、丹波市と丹波篠山市は隣り合っているからメールや手紙でやりとりが頻繁にある。 ということは丹波篠山市の総務課は、パソコンに「sasayama」とタイピングすると「丹波篠山市」と漢字変換出来るように単語登録するネ。 これは絶対に間違いない! 

市名変更じゃなくて県名変更だ! 篠山市は兵庫県から脱走するのだ。 名付けて 'The Greatest Escape!' 。 スティーブ・マックイーン主演の The greate Escape よりすごいぞ。 4万人以上が脱走するのだ。 そして京都府に入る。 脱走と言っても方法は簡単。 トンネルを掘る必要はない。 今,篠山市と南丹市の間にある府県境の標識[兵庫県]と[京都府]を丹波市と篠山市の間に持って行き、篠山市と福知山市の間にある府県境の標識を三田市と篠山市の間に持って行くだけ。 これは映画になるぞ。 マイケル・ムーアが喜んで取材と撮影に来る。 そしてその映画を観た人たちが世界中から篠山市にやって来る。 兵庫ブランドじゃなく京都ブランドになるのだ。 この違いはとてつもなくデカイぞ。世界の Kyoto だぞ。
京都府に脱走する理由が必要なのか? それなら真実を話そう。 実は、丹波市に住む大勢の教師たちが篠山市で子供たちに教えている。 この教師たちに民主主義を教えられるわけがない。 単なる篠山市の名前の問題なんかじゃなく篠山市の民主主義の危機、いや、日本の民主主義の危機だ。 氷上郡合併協議会は身内からや篠山市などから反対意見があったにもかかわらず丹波市に決定したってことは、氷上郡合併協議会による民主主義への冒涜とともに篠山市なんかに嫌われてもいいよ、ってことでてしょう。 この丹波市の意志に対しては篠山市は「じゃあ嫌ってあげるよ」ってのが篠山市の矜持ってものなのよ。 
そして丹波市から大勢の教師が自家用車で篠山にやってきて、篠山の教師が三田市へ自家用車で行っている。 これは地球温暖化に拍車をかける行為だ。 兵庫県教育委員会のこれらの政策に断固として篠山市は反対すべきだ。 篠山市は京都議定書を断固として指示するって言うべきだ。 これらの「丹波市がやった民主主義に対する冒涜と篠山市に対する嘲り」「そして「兵庫県の地球温暖化に対する冒涜」を京都府に訴えて情けを乞う。 そして京都府に入れてもらう。 瓢箪から駒が出てくる例えもあるように、篠山市が京都府に入れてもらえたら、その暁には篠山は笹山に戻す。 電話で名前を伝えるとき相手にわかりやすい方がいいでしょう。 名前は簡単な方がいいの。 なにも心配はいらないよ。 京都府笹山市になれば兵庫県丹波市なんて気にならなくなるって。 丹波市ができるとき綾部市も反対したけど、今では何の影響もないっていっているでしょう。 福知山市とか南丹市とかと一緒に丹波を冠したイベントもやりやすくなる。 例えば、篠山の波多野秀治は明智光秀に攻め滅ぼされたのだけど、リベンジだ、とか言って明智光秀の居城であった福知山城や亀岡城と雪合戦などもしやすくなる(オイラは明智光秀を好きなんですけど)。 
「兵庫県」も「京都府」も画数は同じだ。 京都府と言えば、天の橋立、丹後ちりめん、福知山・綾部の養蚕(もうなくなったか?でも最近、生糸にはすごい可能性があると聞いた)、西陣織り、神社仏閣、自然も美意識も満載だぜ。 (でも世の中には自然を田舎臭いと弾圧し美を抑圧する背広族の拝金主義者がいっぱいいるんだよね。 そういう人の意見には面従腹背) 京都府笹山市 これに決定! なんか小説が書けそうだね ( ゚ ω ゚ )
京都府笹山市なら夢イッパイだろう。
丹波篠山市に賛成の方は、丹波篠山市に変更になった場合の夢を語ってくれ! その夢に感動すればオイラも丹波篠山派になってやる。


The teachers that taught me weren't cool.
You are holding me down, turning me round, filling me up with your rules. Foolish rules.
( from Getting Better by the Beatles)

丹波篠山派ってのは経済の為だけに丹波篠山市にしたいみたいだけど、それならやめとき。 あまり拝金ってのを私はお勧めいたしません。 
足元を見られるよ。足をすくわれるよ。
下記のリンクでもご覧になることをお勧めします
money trap

京都府の丹波地域では知りませんが、兵庫県の丹波地域ではもう民主主義って死んでいるのですね。いや民主主義ってもともと存在しなかったのかもしれません。スゲ~文章をネットで見つけた。「市名変更を篠山市に請願した農協、商工会、観光協会はそれぞれ組合員や会員に対して市名変更を請願する旨の了解や承諾は全く取っていなかったとのこと」
氷上郡が丹波市になる時に住民の意見を無視したのと同じことが、篠山市の農協や商工会、観光協会で行われているみたいですね。 老人たちが独断で決定する地域に若者たちが住みたいと思うのかな? それこそもう本当に老人たちが勝手にするか、配属将校にでも頼んで民主主義を叩き込んでもらうかのどちらかしかないなぁ。小説じゃなくマンガになりそうだね。


さきほど夏目漱石が出てきたからついでに言っておくと「草枕」の冒頭で
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。 云々とあります。
これをオイラが高校生の時に読んだんだけど「へえ~っ,人生ってそうなんだ! 大変! じゃあ,オイラは智に働こう。 それには学校の勉強よりも The Beatles」となぜか思ってしまった。
草枕を最近読みかえしていたら、もう少し先に
あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。
とある。
間違えた! 芸術家になるべきだった。
画伯か? ミュージシャンか? 文豪か(こりゃ絶対に無理。でもやってみようかな、暇つぶしに)
我が人生をどういう手段を使ってどう表現するか?
あ~ぁ,つまるところは美学の問題なんだなぁ。
感動のない人生ほどつまらないものはないから頑張らねば。






マニアックなつぶやき
この文章はUbuntuというOSでIBus Anthy 親指シフトで入力しているのですが漢字変換がアホで困っています。例えば「京都」と書こうとするとなんと教徒,凶徒,兇徒,今日と,きょうと,凶と,京と,強と,興と,経と,卿と,狂と,恭と,境と,橋と,郷と,饗と,キョウと,やっと19番目に京都が出てきた。誰かなんとかしてください。京都の賢い方,助けて下さい。



下の写真を見ていると,知性ってロン毛とかヒゲに宿るような気がしない?
万能の天才 世紀の天才 the Fab Four
     万能の天才      世紀の天才        the Fab Four



最後に橋本治氏の本『89』の裏表紙より引用
ひょっとしたら悪口言っちゃったことになったかもしれない皆さんへ、妄言多謝。 別に悪気はないんですから、暗殺とか告訴とか無言電話とか脅迫状とか抗議のお手紙とか原稿依頼なんかはしないで下さい。m(_ _)m







written by Kazuhiro da Sasayama (Leonardo da Vinci をもじりました)