このページは YAMAHA JOG(3KJ)のハイスピードプーリーを取り付けた時の記録です

写真をクリックするとなんと拡大されて出てきます!

これがプーリーとウエイトローラーっす! これが、今回取り付けるハイスピードプーリーです。ウエイトローラーは6.5g。
メーカーは「KN企画」製です。「やっしぃのオススメリンク」参照。
まず、ケースを外します。 まずは、このケースカバーを取り外します。ビスが2本、キックペダルも外します。後々外しにくくなるのでケースカバーの上のボディーの一部も外しておきます。
ポロン! これで外れました。
スポンジは再利用なので丁寧にはがして下さい! ケース本体のビスも外して行きます。正面のスポンジも外さないと隠れたビスが外せないので丁寧にスポンジを外し、ビスを緩めます。
あっ!こんなところにっ! それが、隠れていたビスです。
緩めにくいのは17cmのナットです。 ケースを外した所。左側のファンの真ん中のナットを緩めます。ファンも同時に回ってしまうのでプーリー止めや、専用工具などを用意するとはかどるでしょう。もし無理なら、近所のガソリンスタンドまで押して行って「インパクトレンチ」で緩めてもらうと良いでしょう。
順番は覚えておくようにっ!! これがバラした順番です。お間違えのないように。
あっ!プーリーだっ! ようやくプーリーが見えてきました。ベルトを外し、プーリーを外しましょう。手で簡単に取れるはずです。
純正は擦り減っていましたぜ! これが純正プーリーです。ウエイトローラーも結構擦り減っていて変形していました。
外した後の図! 外した後はこんな感じです。
奥まできっちりと入れて下さい。手で入ります。 そしていよいよハイスピードプーリーを取り付けます。きっちり奥まで押し込みましょう。ギヤの歯を合わせるとすんなり奥まで入ります。
順番は覚えていたかな〜? ベルトを掛け、後はバラした順と逆に組み付けて行きます。
先程の17cmのナットです。 ファンのセンターナットを締め込みます。これも専用工具がなかったらもう一度ガソリンスタンドなのでお願いしましょう。「忙しそうな時は遠慮しておきましょう」
ボルトの頭は大体ツライチ位です。 閉めこむとボルトの頭がこれ位出てきます。
ココを忘れずに! そしてケースの取り付けです。真ん中の一番長いビスを忘れずに!
ふう〜!完成! ケースカバーを取り付けて終了!!

改造は各自の責任において分解、組み立てを行いましょう!


ウエイトローラーについて


・【ウエイトローラーを軽くする】   中低速があがりますが、排気の回転数の制限もありますので軽くしすぎた場合は問題あり。

・【ウエイトローラーを重くする】   最高速重視ですが低速は死にます。

・変速域をうまくおこなうため3個3個の組み合わせで変速タイミングを変えます。
クラッチを改造している場合はまた違ってきます

・車種の改造点(マフラー交換やパワーフィルター交換など) 用途 仕様 によりますので何度もローラー交換をして走り込みを行いましょう。

おまけのページに戻ります。                   YASI STUDIOのHOMEに移ります!