RTTY 通信ソフト MMTTY


MMANA MMQSL MMSSTV ASM50 TOP PAGE

Updated on 2010.Sep.30 (更新履歴)

MMTTYはパソコンのサウンドカードを利用するRTTY用通信ソフトです。

Windows95, 98, 98SE, ME, NT, 2000, XP 等で動作します。
(VistaとWindows7でも動くらしいです)


----------- 最新版 (Latest version) -----------

MMTTY.TXT (47KB)

DownLoad MMTTY Ver1.68A For Windows (mmtty168a.exe 718KB)
DownLoad MMTTY Ver1.68A For Windows (no install program) (mmtty168a.zip 674KB)


------------ MMTTYのオートメーション ------------

MMTTYのリモートモードとカスタムTNCエミュレーション



DownLoad EXTFSK sample (extfsk.zip Sep 24, 2010)

 EXTFSKのサンプルです。パッケージ内にはソースファイル(C++ Builder3.0)を含みます。

 EXTFSKはMMTTY, MMSSTV, MMVARIのPTT/FSKインターフェースを外部から提供するためのDLLファイルです。

 デバッグの利便性のために「EXTFSK.DLL」という名前を使っていますが、もしあなたが独自のPTT/FSKインターフェースを配布したい場合は、EXTFSKから他の名前に変更し、拡張子を「DLL」から「FSK」に変更することをお勧めします。

EXTFSK.DLL -> YourName.FSK

 MMTTY,MMSSTV,MMVARIは、拡張子が「FSK」のファイルを検索し、PTT選択ボックスの一覧に表示します。この機能は2003年2月から実装されています。


DownLoad custom sound (MMW) sample (mmw103.zip Feb 28, 2003)

 カスタムサウンドのサンプルです。パッケージ内にはソースファイル(Microsfot Visual C++ 6.0)を含みます。

DownLoad custom RadioCommand (MMR) sample (mmr101.zip Feb 06, 2003)

 カスタムRadioCommandのサンプルです。パッケージ内にはソースファイル(Microsfot Visual C++ 6.0)を含みます。

 

 

インストールの方法 ダウンロードした「MMTTY***.EXE」を実行します。インストールプログラムが起動しますので、インストール先のフォルダを自分の好みの名前(デフォルト=C:\MMTTY)に修正して「OK」ボタンを押します。
実行方法 上記のフォルダ内に解凍された「MMTTY.EXE」がプログラム本体ですので、それをダブルクリックして実行して下さい。
アンインストールの方法 ディレクトリ「MMTTY」内のすべてのファイルを削除して下さい。
VersionUp  旧バージョンのMMTTYを削除する必要はありません。

 そのままダウンロードした「MMTTY***.EXE」を実行し、上書きインストールして下さい。旧バージョンでのすべての設定内容を失わずに新しいバージョンに移行できます。

 旧バージョンに含まれる「MMTTY.INI」を削除してしまうと、マクロや定型メッセージ、キー割り当てなどのすべてのユーザ設定を失い、一から出直し状態になってしまいます。

ベータ版の更新履歴

[Ver1.68 -> Ver1.68A] by JE3HHT
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎レベル計算の不具合の修正
◎英語版の状況依存ヘルプ動作の不具合の修正


プログラムの更新履歴

[Ver1.66G -> Ver1.68] by JE3HHT
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◎デモジュレータにFFT方式を追加
◎URLの修正
◎リモートモードにRXM_PTTFSKの追加(Tnx K4CY)
◎Cabrilloファイル作成機能を削除
◎Dual Peak Filterを追加 (Tnx to AA6YQ)


[Ver1.65F -> Ver1.66G] by AA6YQ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1. Changes to the Main window's Options menu
- Soundcard Output Level works on Vista (tnx to Ken VE5KC)
- Soundcard Input Level works on Vista (tnx to Ken VE5KC)

[Ver1.65D -> Ver1.65F] by AA6YQ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Dave, AA6YQ begins updating MMTTY

1. Changes to the "MMTTY Setup" window

A. "TX" tab
- renamed the "PTT" panel to "PTT & FSK" (tnx to Joe W4TV)
- added com8 through com16 to the "PTT & FSK" panel's "Port" selector
- clicking a button in the "Input Button" panel from a non-Japanese locale displays a window entitled "Edit Button" (tnx to Joe W

B. "Misc" tab
- the new "Device Identifiers" panel enables independent selection of soundcard devices for reception ("RX") and transmission ("TX"); any of 16 input and output soundcard devices can be selected (tnx to Gil W0MN and Joe W4TV)
- selecting an "RX" or "TX" device identifier in the "Device Identifiers" panel updates the respective "Reception" or "Transmission" panels shown on the new "Soundcard" tab

C. "Soundcard" tab (new)
- the "Reception" panel shows all installed soundcard input devices; selecting an input device updates the "RX" selector in the "Misc" tab's "Device Identifiers" panel
- the "Transmission" panel shows all installed soundcard output devices; selecting an output device updates the "TX" selector in the "Misc" tab's "Device Identifiers" panel

2. Changes to the "Radio Command" window
- added com8 through com16 to the "Port" selector
- added 38400 and 57600 to the "Baud" selector (tnx to Joe W4TV)
- named the selector in the lower-left corner "Group"
- modified the contents of the "Group" selector:

*** renamed the previous "Yaesu HF? (FT-1000MP,...)" entry to "Yaesu FT 1000D, 1000MP, 920"
*** renamed the previous "Yaesu VU? (FT-736,FT-847)" entry to "Yaesu FT 736, 817, 847, 857, 897"
*** added a "Yaesu FT 9000, 2000, 950, 450" entry (tnx to Joe W4TV and Art W2NRA)
*** renamed the previous "Kenwood" entry to "Kenwood, Elecraft" (tnx to Joe W4TV)

- renamed the "Commands" panel's "VFO Polling" selector to "Model", and added entries for the Yaesu FT 9000, 2000, 950, and 450 (tnx to Joe W4TV)


[Ver1.65 -> Ver1.65D]
◎英語モード時のヘルプファイルの取り扱いにCHMファイルを追加
◎Turbo HAMLOG/Win Ver5への対応 (Tnx to JG1MOU)
◎小さなバグの修正と改善

[Ver1.65 履歴]
◎リモートモードでの不確実な送信のバグの修正
◎小さなバグの修正と改善

[Ver1.64 履歴]
◎FSK処理の送受切り替えタイミングを改善
◎カスタムログリンクの実装
◎カスタムRadioCommandの実装
◎カスタムサウンドの実装
◎カスタムTNCエミュレーションの実装
◎小さなバグの修正と改善

[Ver1.63 履歴]
◎低レベルサウンドバッファ処理の改善
◎フルデュープレックスモードの追加
◎サウンドカードのTx offset設定の追加
◎設定画面の受信ログページをファイルメニューに移動
◎コールサインリストの追加
◎コンテストモードにBARTGコンテストを追加
◎VFOポーリングにJST245を追加
◎バージョンアップ情報のメニューを追加
◎EXTFSKポート(要 EXTFSK.DLL)の追加
◎J-BELL/S-BELLコードセッドの選択の追加
◎プログラム終了速度を改善
◎WM_MOUSEWHEELメッセージを処理
◎小さなバグの修正

[Ver1.62 履歴]
◎復調器のリミッタにAGCオプションを追加
◎リモートモードの改善 (Tnx to K4CY, JK1IQK and MMTTY group)
◎VFOポーリングにFT1000Dを追加(Tnx to MMTTY group)
◎VFOポーリングにFT920を追加(Tnx to MMTTY group)
◎Turbo Hamlogとのリアルタイムリンクを追加(Tnx to JG1MOU)
◎その他、細かいバグの修正と改善

[Ver1.61 履歴]
◎時刻オフセットに分を追加(Tnx MMTTY-Group)
◎リモートモードの改善(Tnx K4CY, Zakanaka-Group)
◎DSP部分の処理速度の改善
◎WindowsNT/2000でのロックの問題を解決(Tnx MMTTY-Group)
◎送信時の「Always fix shift」オプションを追加(Tnx K4CY)
◎VFOポーリングにKenwoodを追加(Tnx MMTTY-Group)
◎プロファイルメニューの追加
◎クロック調整画面の操作改善
◎TNCエミュレーションに「Baudot modem」を追加
◎時刻オフセットに「夏時間調整の無視」を追加(Tnx K4CY)
◎ログのエクスポートに「Cabrillo file」を追加(Tnx W6/G0AZT, MMTTY-Group)

[Ver1.60 履歴]
◎キーボードのワードラップ機能を追加(Tnx JH1BIH)
◎リモートモードの改善(Tnx K4CY, MMTTY group)
◎マクロ定義画面に「Commands」ボタンを追加(Tnx MMTTY group)
◎受信画面の送信文字に色を定義可能にした(Tnx MMTTY group)
◎ADIFファイルのインポートを追加(Tnx MMTTY-Group)
◎USB-Comポート対策でFSK-TXDの処理方法の選択を追加(Tnx KD6AZN, JA7UDE, MMTTY-Group)
◎OnQSO,OffQSO,Captureのショートカット定義の追加(Tnx JA1WSK, MMTTY-Group)
◎マクロキーワードに「%M」「%t」を追加(Tnx MMTTY-Group)
◎文字フォントにスタイルを適用(Tnx MMTTY-Group)
◎英語モード時にJCC/JCG画面のQTHを英語で表記する(Tnx MMTTY-Group)
◎FFTウインドウ上のノッチ周波数位置にマーカーを表示(Tnx MMTTY-Group)
◎RadioCommandにVFOポーリング機能を追加(Tnx JA1WSK, KX2A, MMTTY-Group)
◎ステレオモードでサウンドカードを扱うオプションを追加(Tnx MMTTY-Group)

[Ver1.59 履歴]
◎即時変換時でも「%F」と「%L」は常に送信時に変換するように改善(Tnx JA1IQV)
◎日本語版にRTTY BASICSのヘルプポインタを追加(Tnx W7TI, JA7UDE)
◎マウスでの取りこみにCQ/RJモードを追加(Tnx JA1IQV, K5YG)
◎コンテストモード時のマウスでの取りこみ動作の改善(Tnx JA1IQV)
◎Hamlogとの変換でモードを定義可能にした(Tnx JE4CIL, 7L1CUH)
◎ADIFへのRST出力のデフォルト動作を変更(Tnx MMTTY-Group)
◎TNC模擬モードを追加
◎テキストファイル送信の文字数制限をなくした(Tnx MMTTY-Group)
◎リモートモードを追加(Tnx K4CY)
◎時刻取得にオフセットを設定できるようにした(Tnx JR3KFX)
◎ウインドウサイズと位置をオプションで記憶可能にした(Tnx MMTTY-Group)
◎マクロボタンに色を定義可能にした(Tnx MMTTY-Group)
◎TXボタン操作時に自動改行を出力できるようにした(Tnx JH1BIH)
◎マクロボタン(16個)表示をON/OFF可能にした
◎メイン画面から'BW'をクリックしてBaudを操作可能にした(Tnx MMTTY-Group)
◎サウンドカードのID番号を設定できるようにした(Tnx MMTTY-Group)
◎日付の表現を選択できるようにした(Tnx MMTTY-Group)
◎PTT制御にRadioCommandを追加(Tnx KB2EOQ, JA1WSK, MMTTY-Group)
◎マクロボタン(16個)にリピート機能を追加(Tnx MMTTY-Group)

[Ver1.58 履歴]
◎英語版用にWindows Helpのアクセス機能を追加(Tnx KX2A)
◎マクロキーワードに「%D」と「%T」を追加(Tnx MMTTY-Group)
◎マクロキーワードの「~」と「_」の動作を改善(Tnx MMTTY-Group)
◎DXボタンを削除しATCボタンを追加
◎定型メッセージ参照キーワードに「#」を追加(Tnx MMTTY-Group)

[Ver1.57 履歴]
◎コールサインクリック時に即検索するように変更(Tnx MMTTY-Group)
◎ワード単位での文字の送信を追加(Tnx MMTTY-Group)
◎コテンストのランニングモードとS&Pモードを追加(Tnx MMTTY-Group)
◎英語版用にSetup HelpメニューとHTML Help表示機能を追加(Tnx MMTTY-Group)

[Ver1.56 履歴]
◎MMTTY.TXT内のDsubピン番号の誤りを修正(Tnx MMTTY-Gropu)
◎マーク周波数の下限を300Hzに変更(Tnx MMTTY-Group)
◎「受信画面のクリア」にショートカットを定義できるようにした(Tnx MMTTY-Group)
◎「ESC」をショートカットキーのリストに追加(Tnx MMTTY-Group)
◎ADIFファイルへのエクスポートを追加(Tnx JA5HRE, MMTTY-Group)
◎タイムスタンプをUTC表示できるようにした(Tnx MMTTY-Group)
◎QSOデータ表示でUTC表示できなかったバグを修正(Tnx MMTTY-Group)
◎599ボタンを廃止し代わりにバンドボックスを配置

[Ver1.55 履歴]
◎Diddleのデフォルトを「NONE」から「LTR」に変更(Tnx K6STI)
◎「Disable Rev」(送信時にRevを無効にする)を追加(Tnx W6/G0AZT)
◎定型メッセージのドロップリストの表示数を16に増やした(Tnx JE4CIL)

[Ver1.54 履歴]
◎「Ctrl+BS」キーで未送信の1行を消去できるようにした(Tnx JA1IQV)
◎マクロ参照キーワードの先頭に記述する「#」を追加(JH8WIG)
◎マクロ参照キーワードに「%E」を追加(Tnx JA1IQV)
◎送信画面でのキーワード参照動作に「即時変換」を追加(Tnx JG1GGU)

[Ver1.53 履歴]
◎AFCのHAM,FSKのアルゴリズムにシフト幅220Hz/240Hzを追加
◎FFTのゲイン選択を追加
◎細かい点の修正

[Ver1.52 履歴]
◎キー操作によるシフト幅変更機能を追加(Tnx JA3KWZ)
◎AFCのアルゴリズムに「FSK」を追加(Tnx JA3KWZ)
◎マクロ参照キーワードに「~」「[」「]」を追加
◎送信切り替え直後のDiddle送出を0.25秒間禁止
◎細かい点の修正

[Ver1.51 履歴]
◎Pentium75MHzでの操作応答を少し改善
◎不要(無意味)な設定スイッチの廃止
◎サスペンド時のCPU時間を更に解放
◎マニュアル(MMTTY.TXT)に処理軽減化の処置を記載

[Ver1.50 履歴]
◎低速CPU時に問い合わせメッセージ表示が遅れるのを少し改善

[Ver1.49 履歴]
◎定型メッセージ参照キーワードに「^」を追加(Tnx JA1IQV)
◎細かい点の改善

[Ver1.48 履歴]
◎Diddleの「WaitTimer」を追加(Tnx JA1IQV)
◎LTR/FIGコードの強制出力を追加(Tnx JA1IQV)

[Ver1.47 履歴]
◎Diddle ON時に受信への切り替えが遅れていた点を改善

[Ver1.46 履歴]
◎FSK送信(TXD)時にUARTのタイミングで送信できる選択を追加
◎細かい点の改善

[Ver1.44 -> Ver1.45 履歴]
◎サウンドカードのクロック補正値を設定可能にした(Tnx JA1WSK)
◎クロック補正でJJYの1秒チック音を利用可能にした(Tnx JA1WSK)

[Ver1.43履歴]
◎リミッターの「Over Sampling」の選択を追加(参照→Digital.txt)

[Ver1.42履歴]
◎XYScope表示の処理品質の選択を追加
◎XYScope表示のリミッターでの位相歪みによる影響を緩和

[Ver1.41履歴]
◎積分器にIIR-LPFを追加
◎積分器の特性確認ボタンを追加
◎細かい点の改善

[Ver1.40履歴]
◎SQレベル表示をSQ-OFF時にも動作するようにした
◎AFCのShift変更アルゴリズムにHAMモードを追加
◎NETボタンの動作不具合を修正
◎各マクロボタンの編集にショートカットキーを割り当て可能にした(Tnx JA1IQV)
◎マクロ参照キーワードに「%s」を追加(Tnx JH3XDO)

[Ver1.39履歴]
◎Limitボタンを廃止
◎NETボタンの追加
◎DXボタンのデフォルトゲインを100に変更
◎マウスでのMyRST取りこみにコンテストモードを追加
◎Control PanelサイズにLargeを追加(Tnx JE8LWZ)

[Ver1.38履歴]
◎XYScopeの回転方向を逆にするオプションを追加(Tnx JA9AVA)
◎スケルチ動作の改善
◎WaitDiddleOutオプションを追加

[Ver1.37履歴]
◎ログのUTC表示(TimeZone選択)を追加
◎初回起動時の言語問い合わせを廃止(自動判定に変更)

[Ver1.35 -> Ver1.36 履歴]
◎一番最初のログデータ記録でエラーになるバグを修正
◎細かい点を改善

[Ver1.34履歴]
◎英語モードを追加(Tnx HL1AQ)
◎低速CPUのためのLocalEchoオプションを追加
◎マクロテキストを入力画面経由で出力するオプションを追加(Tnx JA1IQV)

[Ver1.30 -> Ver1.33履歴]
◎Rx-Stopビットのデフォルトを1.42bit -> 1bitに変更
◎Hamlog->MMTTY変換の一部のバグを修正(Tnx JH1SWD)
◎コントロールパネル表示のOn/Offの追加
◎コントロールパネルサイズの選択を追加
◎ログファイルの変換動作を改善(Tnx JH1SWD)
◎問い合わせメッセージを改善(Tnx JH1SWD)
◎プログラムメニューの追加(Tnx JH1SWD, JA1IQV)
◎外部プログラム実行時にカレントディレクトリを設定(Tnx JH1SWD)
◎スケルチ動作の若干の改善

[Ver1.26 -> Ver1.29履歴]
◎ログ機能の若干の強化
◎マクロの先頭と末尾のスペースが記録できないバグの修正(Tnx 7L1CUH)
◎設定画面にSound処理Priorityの選択を追加(Tnx JH1SWD)
◎Priorityのデフォルトを「Critical」→「Highest」に変更(Tnx JH1SWD)
◎Hamlog->MMTTYでMyRSTの変換のT抜けを修正(Tnx JH1SWD)
◎起動時のサウンドカードオープンのリトライを追加(Tnx JA6VAG)
◎その他細かい点の改善

[Ver1.20 -> 1.25履歴]
◎XYスコープ表示を改善
◎デモジュレータにリミッタアンプを追加(Tnx 7L1CUH, JA1IQV)
◎デモジュレータのAGC機能を廃止
◎サウンドの記録と再生機能を追加(Tnx 7L1CUH)
◎IIR型共振器の周波数特性表示を追加
◎XY-Scopeの表示サイズを選択可能にした
◎LMSにInv(誤差信号出力)を追加
◎サウンドの録音・再生機能を強化
◎サウンド再生時にサウンドカードに信号を出力するようにした
◎PLL方式のデモジュレータの追加
◎再生位置設定画面を追加
◎文字ウイエト、DiddleウエイトのスライドをA型ボリュームに変更
◎オシロスコープ画面に「Play」ボタンを追加
◎MMTTYの信号処理の解説「digital.txt」を追加
◎その他細かい点の改善
◎DTRへの符号データ出力選択を廃止(旨く働かない)
◎Turbo Hamlogデータファイルとの相互変換を追加
◎ショートカットキーのカスタマイズを追加(Tnx 7L1CUH)

[Ver1.18 - Ver1.19履歴]
◎周波数弁別器のデフォルトをFIR型BPFからIIR型共振器に変更
◎XYスコープ、マーク周波数を水平にした(Tnx JA1IQV)

[Ver1.12 - Ver1.17履歴]
◎QSOログのテキストファイルからのインポート機能を追加
◎FSK(TXD)運用時の送受切り替えのバグの修正(Tnx JA1FQI)
◎文字ウイエト、Diddleウエイトを追加(Tnx JA1IQV)
◎表示メニューに「受信画面のクリア」を追加(Tnx JG3LGD)
◎LMS動作の改善
◎V1.14で発生したある条件で起動できなくなるバグの修正
◎マクロボタンのショートカットキーの割り当て(Tnx JA1IQV)
◎自動で受信に戻る際の微妙なタイミングを修正
◎LOG200データファイルとの相互変換を追加
◎XYスコープ表示を追加(Tnx JA1IQV)

[Ver1.07 - Ver1.11 履歴]
◎FSK送信の対応(Tnx JA7DHJ)
◎小さなバグの修正
◎適応フィルタの選択を追加
◎TXD出力の送出ビットが逆順になっていたバグを修正(Tnx JA7DHJ)
◎PTT制御ポートにCOM5〜COM8を追加(Tnx JH3XDO)
◎マクロおよび定型メッセージの変換子に「%g」と「%f」を追加
◎QSOログのテキストファイルへのエクスポート機能を追加

[Ver1.00 - Ver1.06 履歴]
◎初回作成バージョン
◎サウンドカードのバッファサイズ設定を追加
◎マニュアルの一部記載漏れを修正
◎入力画面のサイズをINIファイルに記憶
◎ログ機能を追加
◎256色ビデオアダプタでWaterFallが正しく表示されないバグの修正
◎前置フィルタを追加
◎設定画面にフィルタ特性表示の追加
◎その他、細かい点の修正と若干の機能追加
◎メイン画面に積分器(LPF)の設定ボックスを配置
◎WaterFall,受信画面,入力画面の色の設定を追加
◎新しいログファイルのオープンを実行後に検索ができなくなるバグを修正


このページの更新履歴

2010.Sep.30 MMTTY(1.68A)のベータ版を公開
2010.Sep.23 MMTTYをバージョンアップ
2005.Feb.16 ベータ版の更新履歴を追加
2005.Feb.15 「MMVARI及びMMSSTVを使用する場合の申請」JQ2MPJさんへのリンクを追加