CATCH&RELEASE
これまで行ったことのあるキャッチ&リリースの河川のご紹介

 FISHING AREA
これまで行ったことのある管理釣り場のご紹介

 INFOMATION 
ライブカメラや川の水位、放射能や漁協のリアルな活動などの情報を!


 WINTER FISHING AREA
冬季ニジマス釣り場の情報を!
 MESSAGE BOARD
こんな形ですが・・・書いていただくと私としてはとってもありがたいことです。

 PROFILE
私、今結構「落語」聴いてます。長らく庶民の間で娯楽として受け継がれたものは、奥が深いとも言えます。

 LINKS 
お世話になっている先をリンクしています。


栃木県箒川C&R
◇2018/7/21(土) ◇晴れ時々曇り ◇32℃
◇6尾  ◇ニジマス ◇33cm
◇釣行時間 7:48〜12:12
 
 日本列島猛暑・猛暑・猛暑であり、「きっと魚も日中はすこぶる反応が悪いであろう」と思い、早出となった。朝が早いということは、道も空いていたのだが、西那須野のインター間近という地点で渋滞。事故だ。現場を通り過ぎると、左車線にバンパーが無残に引っかかり、右車線に2台の車が大破し、1台は横転していた。

 8時前に到着するももう暑い。まだ釣りをやっている人はいないようだ。まずはドライフライで、#4ロッドに結構でかめのフライをつけて反応のありそうな場所に置きながら釣り上がった。まあ予想はしていたが、プールにいるニジマスたちは全く反応はない。プレッシャーが少なそうな瀬では30cmに満たないようなサイズのニジマスの反応はあることが確認できたので、そんな場所を流してみる。10:00までに3尾のニジマスが#12のテレストリアルパラシュートで釣れた。大場所でプールの奥の浅場ではもじりの様なライズがあり、フルキャスト、かすかなメンディングで3度ほど反応はあったがヒットには結びつかなかった。

 10:00に戻ると、シャツは速乾性であるのにもかかわらず、その汗の大部分を吸い込んでいた。そして500mlペットボトルの飲料を一気に飲み干すことが可能な状態にあった。30分ほど休憩し、スッチロッドに持ち替え、ウェットフライで水面下に狙いを変えた。先ほどのドライでは全く反応がなかった場所でも、当りがある。それでもフライがスイングしている状態ではなく、流れきった場所から幾分リトリーブしている時にである。それでも手元に「ガツン」とくる当りは、この釣りの醍醐味でもあるし、止められない所以でもある。
 駐車場に上がってみると、数多くのアングラーを乗せた車が駐車されている。この暑いさなか、釣り人は熱いのである。


福島県桧枝岐川C&R
◇2018/7/13(金) ◇晴れ・曇り時々雨 ◇28℃
◇5尾  ◇イワナ ◇20cm
◇釣行時間 11:50〜18:15
 
 西日本を中心とする豪雨災害で、家屋被害が少なくとも3万棟を超える見通しだ。計11府県に及んだ大雨特別警報が最初に出た6日から1週間。200人以上が犠牲になった。こういった川の災害時、それをベースに釣りを楽しむ者にとって、何とも言い難いものがある。
 巷では3連休(土日月曜)なのだが、自分は一足早く金土日の3連休なので、福島の会津の渓を目指した。ただ結果 あまりの暑さと貧果の為、おずおずと日帰りで舞い戻ってきた。また、ここら辺の人気はすさまじく、支流に入っても駐車スペースと思しき場所には車が・・・。そのナンバーは春日部やらつくばやら、自分も含め「涼」と「釣果」を求め近場の東北に足が向くのであろう。
 
 まあ最終的に救いをを求める場所は「C&R」昼間ちょっとやっては見たが、反応はほとんどなく、夕方に賭けた。16:00相変わらず雲は激しく流れ、その曇りの中、幾分気温も下がりつつあり、汗の出方も鈍くなってきた。水生昆虫のハッチはないが、向かいの木の下でカディスの羽ばたきが映る。石の上でカワガラスの幼鳥が餌捕りに疲れてか、休んでいる。
 いきなり川の流れの中心でヒット。あまりに期待していないシュチエーションの為、びっくりロッドを跳ね上げた。それでも針がかりはしているようで、ゆっくり魚はネットに滑り込んだ。20cm程のイワナではあるが、尾びれがやたらデカく、腹はオレンジ色に染まっていた。関東のC&Rにはない完璧な魚体ではある。
 大きさを問わないのであれば、ある程度居場所は絞り込めた。右岸側の底石の見える水深数センチの浅場に小さいやつはいるようだ。また右岸側の流れが石にぶつり流速が落ちる場所にもいるようだ。本来ならば早朝にチャンスはあるのだろうが・・・。







 毎年 あまり進歩のない釣行を続けています。
  2017年   2018年
  2015年
   2016年
  2013年   2014年
  2011年   2012年
  2009年   2010年
  2007年   2008年
  2005年   2006年
  2003年   2004年
  2001年   2002年
 UpDate 2018年7月21日 16:43:01