WINTER FISHING AREA
冬季ニジマス釣り場の情報を!


 CATCH&RELEASE
これまで行ったことのあるキャッチ&リリースの河川のご紹介

 FISHING AREA
これまで行ったことのある管理釣り場のご紹介

 INFOMATION 
ライブカメラや川の水位、放射能や漁協のリアルな活動などの情報を!
 MESSAGE BOARD
こんな形ですが・・・書いていただくと私としてはとってもありがたいことです。

 PROFILE
私、今結構「落語」聴いてます。長らく庶民の間で娯楽として受け継がれたものは、奥が深いとも言えます。

 LINKS 
お世話になっている先をリンクしています。

栃木県箒川C&R
◇2016/11/17(木) ◇晴れ ◇16℃
◇6尾  ◇ニジマス ◇44cm
◇釣行時間 10:06〜15:59

 西那須付近の山々の紅葉はもう終わりかけている。それでもここは国立公園、軽自動車から降りてきた老夫婦に聞き覚えのある様な観光地について聞かれた。ただ自分自身 ここを観光目的で訪れたことは少なく何もわからない。 天気はまずまずなのだが、強風が吹き荒れ落ち葉は流れに沿って帯状に連なっている。水面に水中にも・・・。流れの巻き返しの底には枯葉が堆積している。水生昆虫たちにとって餌に事欠かないだろう。

 結構人気が高く、フライマンが5〜6人程度はすでにロッドを振っている。もちろん手近な場所に入る余裕はなく、前回行った橋まで大岩・石・岩・石の上を歩いた。そしてここはライズがある。人気のある場所なのだが、なかなか釣れないらしく人はいない。ただいつものように水面下にウェットを流すも全く反応がない。周りには小さ目の黒っぽいストーンフライや茶色のカディスが見える。
 またもや、シンクティップからフローティングティップに変更。今あるもっとも細い4Xのティペットを長めに結び付け、先にはシルバーマーチブラウン#12などサイズの大幅ダウンを図った。最終的には前回同様のフライを持ち出した。#10ホワイトハックルを適当に巻いただけなのだが、管理釣り場で表層を引っ張るフライで絶大なる信頼を置いている。これを流れの巻いている場所ではドライフライとして、スイングが可能な流れではウェットフライとして使用した。リトリーブでも反応があった。こんなフライなので水面直下のスイングでも派手に飛沫が上がって結構楽しめた。

 昼食後14:00に川に降り立った。やはり近場はフライマンがキャストを続けているようで、朝の場所に向かうしかなかった。それでもライズは続いている。午前中ここを移動する際にシンクティップラインに変更していたのだが、もう一度フローティングに変えた。3X9フィートのリーダーも新調し4Xのティペットを2mほど足した。上のほうからルアーマンが降りて来た時、#10ホワイトハックルのフライが水面をスイングした瞬間デカマスの飛沫を見た。日の光が届く場所ではクリアな水、流れ続ける落ち葉、日陰では銀色の反射で水面は鉄が流れているようで、その中をニジマスが水面を攀じる。
 今日はフローティングの可能性を考えさせてくれた日となった。


栃木県箒川C&R
◇2016/10/26(水) ◇曇り後晴れ ◇23℃
◇4尾  ◇ニジマス ◇63cm
◇釣行時間 9:44〜16:52


 ともかく全くあたりがない。小一時間フライを流して、一度も当りもないということはこれまでここ箒川ではなかった。かなり深刻な状態ではあるが、魚は目視できる。それも数多くの大小ニジマスが・・・。

 山を登ってくると、既に木の葉は色づき始めていた。ただ今日は各地で夏日であると天気予報では言っていた。後で話を聞くとここら辺で霜が降りるほど前日までは気温低下が進んでいた。その急激な気温・水温の変化が魚の活性を急激に下げているということだ。
 それでも今日は季節外れの穏やかな釣日和、大勢のフライマン、ルアーマンがここに押し寄せていた。管理釣り場の半額程度の入漁料、自然あふれる渓流で、運が良ければ巨大なニジマスが釣れるとあれば来ることが必然のようにも感じられる。

 いつも昼ごろ活性が上がる為、早めに午前の部は切り上げて、12:00から再び入渓となったが、「コツン」というのが2回あったのみで15:00まで何の解決策も見いだせなかった。場所を変え、塩原グリーンビレッジとを結ぶ橋の下、ウェットでは流れが非常に複雑で全く流れない。一言で言えば流れはゆっくりな上に、よれていて一定の流速で流れている場所はほとんどない。ただここではライズが頻繁に発生している。Switch #4 11fをフロ-ティング仕様にして、ドライフライをと思ったが、ドライフライの持ち合わせはない。ハックルだけの浮きそうな#10のフライを超ロングリーダーでキャスティング。後ろは岩盤、ともかくすぐドラッグがかかるので、それだけに気を付ける。かなり粘った末、3尾のニジマスを釣り上げ、2週連続ボウズは免れた。

 それではやはり本来のタイプ6の1.5mシンキングに、ウェットフライを括り付けた。残り時間はもうほとんどない。最後の一流しであり、この先には3人の釣り人がいることから次の場所の選択肢もない。いつもの場所から丁寧にゆっくりフライをスイング。徐々にラインを伸ばし気持ちよくキャスティングができる長さになった。こうなるとフライも何となく気持ちよく流れているように感じていた。その時「ガツン」とあたり、ロッドの真上に振り上げ、待ちに待ったとばかりの大げさな位のフッキング。かなりでかい。でも意外と早めに寄ってきた。頭から尻尾まで長さはあるもののやたら痩せている。いや〜ホントに苦労した一尾となった。もう辺りは暗くなってきて、通勤の車がやたら激しく上の道路を走っている。

埼玉県荒川C&R冬季釣り場
◇2016/10/20(木) ◇晴れ ◇21℃
◇0尾  ◇ニジマス ◇0cm
◇釣行時間 10:38〜15:26

 
 毎年この時期になると、何ともこの川が気になるところ・・・。その川とは埼玉県の「荒川にじますC&R冬季釣り場」。圏央道が開通すればと去年から考えていたのだが一向に開通しない為、境古河インターまで一般道をひた走り(54km)そこから圏央道→関越道→一般道・有料道路を経て(90km)憧れの冬季釣り場に着いたのだった。いつも常磐道、東北道またはその沿線の一般道を利用し、北上することばかりで あまり交通量が多くない・非常に気分的に楽なドライブだったのだが、今回は慣れない道ということもあるが、明らかに交通量が多い。それも結果釣れなかった状況の中 疲れも加わり帰り道は、辛さだけが残る道中であった。
 まず、釣り券購入の為、フライショップパレットへ、店主はその時不在のようだったが、すぐ戻ってきた。小学校裏の駐車場へ何度も行っているようだ。その駐車場から川を見るとコンクリート護岸の上のほうに「冬季にじますCR釣り場」という横断幕が張られている。フライマンが数人、ルアーマンも一人いるようだ。フライはダブルハンドのウェットがほとんどのようだ。
 まずはじっくり探って、状況を把握することからしか始まらないと思い、ちょっと上流の粟谷瀬橋の下の流れ出しの部分を攻めてみた。まったく反応がない。しばらく釣り下ると全体の流れは太いのだが最深部は左岸側に移っていく。左岸の護岸際では虹鱒と思われる魚のライズがある。つまり、攻められ通しの虹鱒は最も釣り人から離れた左岸側に移動しているのだろう。ロッドは11’#4/5/6 SwitchRod フライは#8サーモンフックにまいた各色とした。 最深部をフライが流れると12:00頃になるとあたりが出始めた。ただしまったくのらないところを見ると虹鱒ではないのかもしれない。これが虹鱒であったならよほどのプレッシャーなのだろう。
 
 午後も同じような場所を繰り返し攻めてみたが結果は同じ。当りはあるが乗らない。この状況で釣れている人はいるのだろうか?。

栃木県箒川C&R
◇2016/10/5(木) ◇曇りのち雨 ◇19℃
◇9尾  ◇ニジマス ◇57cm
◇釣行時間 9:39〜14:06


 家を出るときには薄日も射していたのだが、東北道を走るにつれ、西那須方面は白い雲に覆われ雨模様の感じである。遊漁券を購入しようとブレスに行くと今まであった店舗は取り壊され、新しく土台の建築がなされている。聞くところによると7月頃から始まったそうだ。
 
 水量は多く、透明度は高い。ただ10月に入り本格的に放流がされているようで、魚影は濃いのようで、それを聞きつけてかルアーマンが4〜5人、フライマンの3人ほどこの場所からも確認できる。ロッドはSwitch #4 11f ラインは250gr シンクティップはタイプ6を1.5m、フライはちょっと派手目の#8のサーモンフックに巻いたチャートルースのウェット。いつもの大場所の流れ出しから大岩を抜ける流れを丹念に頭から流す。特に手前のほとんど流れのない場所で意外と反応がいい為、ロッドを左に倒し緩い流れでもフライが泳ぐように流してみる。流心が横切る手前でいきなりの当り、ロッドを大きくあおると水面に魚体がもんどりうって、フックはそのままはずれた。この場所で当りはそれだけ、水嵩があることが理由でフライがニジマスの定位置まで沈んでいないのか、以前に入った釣り人が活性の高い魚を釣り上げてしまったのか・・・。

 背から流心が右岸側に沿って走り、底には大岩が点在しているこの場所は、ここらへんの一番人気のポイント。見ていた限りでは直前にルアーを何10回も通して反応するニジマスがいないのかと思いきや「ガツン!」と来た。それほど巨大でもないが引きが強い。見上げたブルーのロッドが気持ちよく曲がっている。ヘッドとシンクティップのつなぎ目がトップガイドに引っかかる。比較的浅いこの場所では、魚が左右にティペットを引きちぎらんばかりに泳ぐ、泳ぐ。岸まで魚を誘導して、写真を撮ろうとするが、逃げる、逃げる。素晴らしいひと時・・・。

 釣れる状況と判断し、ステップダウンの歩幅をひどく短かくした。特に大岩の前後は微妙なラインの入り具合でヒットにつながることも珍しくない。この場所で40〜50cm前後のニジマスが5尾ほど釣れた。ばらしも3尾ほどあって全てに活性が上がっているとは言えないようだ。水中見ると白い岩盤に沿ってニジマスがたくさん定位している。

 昼からは雨模様で、午前中肌寒さを防ぐため着ていたレインウエアが本来の役目を果たしている。もう一度初めからあの流れだしから下ることとした。シンクティップを3mに変更したら根がかりはしないのだが投げずらい。リトリーブ中に「ガツン」とスレがかり。2mに変更。大岩の間から90度にキャストしラインを整えてスイング。次の岩の間からも繰り返すも当りなし。午後からは反応なし・早めに切り上げた。 












 毎年 あまり進歩のない釣行を続けています。
  2015年   2016年
  2013年   2014年
  2011年   2012年
  2009年   2010年
  2007年   2008年
  2005年   2006年
  2003年   2004年
  2001年   2002年
 UpDate 2016年11月17日 21:13:51