中国民主化運動声援隊----民運人士

→  Blog
→  Guest book
→  E-mail
→  博訊網
→  民陣日本
→  新唐人テレビ日本
→  大紀元日本
→  美国之音
→  法広中文網RFI
→  BBC中国語サイト
→  自由アジア放送
→  YouTube

中国民主維権人士写真










 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo!ジオシティーズ

Home    民運歴史    時事転載    「六四」天安門事件   民運人士  関連記事  イベント

京生(ぎ きょうせい、ウェイ・ジンシェン、1950年5月20日 - )は中華人民共和国の民主運動活動家。王丹らとともに「民主闘士」と称され、中国民主化運動のシンボル的な存在。

[中華人民共和国国内の活動]

 1950年、北京で人民解放軍退役軍人の子として生まれました(省籍は安徽省)。文化大革命中は中国人民大学附属中学で紅衛兵として活動しました。1969年から兵役を服しました。1973年から北京動物園で電気技術者として勤務しつつ、北京大学で歴史を学びました。

 1978年、第1次天安門事件を契機とした民主運動の高まり(「北京の春」)の主導者の1人となり、雑誌『探索』を編集しました。壁新聞で小平の改革路線を批判しました。当時の共産党の標語「四つの近代化」に対し、第五の近代化(政治の近代化=民主化)を提唱しました。これらの活動が共産党を刺激し、翌年3月29日に逮捕されました。10月16日に軍事情報漏洩罪・反革命煽動罪として懲役15年の刑に処され、1993年に仮釈放されるまで14年半もの間、服役しました。

 仮出所後は外国要人・メディアとの会談などで、積極的に中華人民共和国の政治や第2次天安門事件、人権問題などを批判したため、再び共産党から睨まれ、1994年4月に再逮捕されました。翌年12月、政府転覆陰謀罪により、再び懲役14年の判決を受けました。しかし、獄中の虐待により、重病となったとの情報が流れ、以前から釈放運動を行っていたアムネスティ・インターナショナルなどの人権団体や外国メディアからも釈放要求が高まったため、1997年11月16日、病気療養を名目として再び仮釈放されました。2度の入獄、18年の服役を経験しました。

[亡命]

 事実上の国外追放処分となったため、渡米しました。以後はアメリカ合衆国を拠点として内外の民主化運動と連携し、活発な民主化運動を行っています。人権問題のみならず、政治・外交でも積極的に中華人民共和国批判を行い、またたびたび中華民国を訪問し、与野党幹部と会談し、北京による中華民国(台湾)併合の動きに警鐘を鳴らしています。

 1998年9月にはアムネスティ・インターナショナル日本支部の招待で日本を訪問する予定であったが、直前にパスポートの盗難に遭うという不可解な事件が起きたため、延期を余儀なくされました。2006年10月下旬に実現した日本訪問では、中華人民共和国について北朝鮮問題や経済関係だけを優先せず、貧富の格差・人権侵害・民主化といった問題について注視するよう講演会で訴えました。

 2007年6月2日にはニューヨークから成田に到着しましたが、「ビザを保有していなかった」として日本の入国管理局が「手続きに問題はないが、上からの指示と」入国を拒否しました。魏京生は「このままアメリカに帰りたくない」と当局と交渉しました。

 現在、「中国民主運動海外聯席会議」主席に勤めています。


王 炳章(1948年−),出生於中國河北省石家莊市基督教徒,美国永久居民,中国民主運動政治家,現在獄中。詳細中国語簡介

生 平

幼年移居北京,在北京完成小學與中學教育。

1979年,他留學加拿大麥吉爾大學醫學院攻讀博士學位。 1982年,他獲加拿大麥吉爾大學醫學院醫學哲學博士學位。為中共建國後公費留學生在北美獲得博士學位的第一人。

1982年,王炳章創弁海外民運刊物《中國之春》。1983年,他創建海外第一個民運組織「中國民主團結聯盟」,擔任第一、二屆主席。1989年,他參與創建中國自由民主黨,擔任第二屆主席。

1998年1月,他潛入中國大陸推動籌組反對黨活動,二週後被中共逮捕並驅逐出境。

1998年2月,他參與創建中國民主正義黨,出任發言人和中國民主運動幹部學校理事會顧問。1998年6月,他出任中國民主黨海外籌備委員會和工作委員會顧問委員。2000年2月,他出任中國民主黨海外總部顧問。

2002年6月,王炳章在中国和越南的国境附近被捕。2003年2月,広東省深セン市中級人民法院以為台湾从事諜報活動和組織領導恐怖組織的罪名判処王炳章無期徒刑,他目前正在韶關北江監獄服刑。


 

劉 暁波(りゅう ぎょうは、リュウ・シャオボー、1955年12月28日 - )は、中華人民共和国の著作家。元北京師範大学文学部講師。人権活動や民主化運動に参加し、度々投獄されます。

 2008年に民主的立憲政治を求める「零八憲章」を起草して拘束され、2020年6月21日までの懲役刑の判決を受け錦州監獄で服役中。

 2010年にノーベル平和賞を受賞し、中国在住の中国人として初のノーベル賞受賞者となりました。劉暁波は、「この受賞は天安門事件で犠牲になった人々のに贈られたものだ」と涙を流しながら語りました。なお、投獄中の人に平和賞が贈られたのは、1935年に受賞したカール・フォン・オシエツキー、1991年に受賞したミャンマーの野党政治家アウンサンスーチー(ただし、監獄ではなく自宅軟禁)以来、3人目です。

概要

 1980年代半ば、文学評論家李沢厚に対する批判で、中国文壇の「ダークホース」と呼ばれました。

1989年に中国で民主化運動が勃発すると、コロンビア大学の客員研究者として米国滞在中に即座に帰国を決め、運動に身を投じ、「六四天安門事件」直前、劉は他の知識人3名(侯徳健高新周舵)と共に、学生たちの断食抗議に参加しました。人民解放軍が天安門広場に突入する寸前、4人は侯徳健を推選し、学生たちに逃げ道を残すように軍と交渉し「四君子」と呼ばれました。事件後に「反革命罪」で投獄された。「六四天安門事件」の他のリーダーの多くが欧米からの圧力もあり「病気療養」の名目で出国許可される中で、   1991年の釈放後も出国せずに引き続き文章を発表し、六四天安門事件の殉難者の名誉回復と人権保障などの民主化を呼びかけ、更に2度の投獄や強制労働を受けました。

 2008年、「世界人権宣言」発表60周年を画期として発表された、中国の大幅な民主化を求める「零八憲章」の主な起草者となり、再び中国当局に身柄を拘束されました。以後は外国要人訪中や人民代表大会会期中は自由を失い、電話・インターネットによる交信が遮断されました。2010年2月に「国家政権転覆扇動罪」による懲役11年および政治的権利剥奪2年の判決が下され、4度目の投獄となり2010年現在も遼寧省錦州市の錦州監獄で服役中。

ノーベル平和賞の受賞とその影響

選考段階

 ノーベル平和賞の選考で劉が候補となった時点で、中国政府はノルウェーのノーベル賞委員会に対して「劉暁波に(ノーベル平和賞を)授与すれば中国とノルウェーの関係は悪化するだろう」と述べ、選考へ圧力をかけたものだと報道されました。

受賞

 2010年10月8日、劉暁波のノーベル平和賞受賞が発表されました。ノーベル賞委員会は、劉暁波の受賞理由は「中国における基本的人権のために長年、非暴力的な闘いをしてきた」ことで、劉暁波への授与の決定は有罪確定時の2010年2月には「不可避の状況になっていた」こと、選考は全会一致であったことなどを発表しました。

受賞直後の影響

 受賞発表直後に中華人民共和国外交部は「(劉の受賞は)ノーベル平和賞を冒涜するもので、我が国とノルウェーの関係に損害をもたらす」と批判しました。更に中華人民共和国政府は在北京のノルウェー特命全権大使に対して劉のノーベル平和賞受賞に強く抗議を行いました。また、中華人民共和国の国内でノーベル平和賞授与決定を放映するCNNNHKワールドのニュース番組が遮断され、その後もインターネット上のメールや検索などの遮断が続いていると報道されました。翌9日、中国各誌は授与を批判する中国外務省報道局長の談話を報道する形で間接的に報道し、人民日報系の環球時報は「ノーベル平和賞は西側の利益の政治的な道具になった。平和賞を利用して中国社会を裂こうとしている」と批判しました。受賞直後、海外メディアが自宅に住む妻劉霞にインタビューを試みましたが、現地公安当局によって厳しく規制線がはられており、劉霞自身も電話インタビューに応じた直後、電話回線が通じなくなっており、事実上当局による軟禁状態にあります。

 受賞直後の各国での主な反応には以下があります。前年度のノーベル平和賞受賞者でもあるアメリカ合衆国大統領のバラク・オバマは「劉暁波は、民主主義という万国共通の価値観を平和的に推進する勇気あるスポークスマン」「基本的な人権は何よりも尊重されるべき」と発言し、劉暁波を釈放するよう中華人民共和国政府に要求する姿勢を示しました。国際連合事務総長の潘基文は「人権向上の実践を求める国際世論の高まりを示すもの」と劉暁波の受賞を評価しました。欧州連合のバローゾ欧州委員長は「ノーベル賞委員会の決定は、個人的な犠牲を伴って自由と人権を追求するすべての人々を支持する強いメッセージだ」との声明を出しました。フランス外務大臣のベルナール・クシュネルは「フランスはEUと同様に逮捕直後から懸念を表明し、繰り返し釈放を求めてきた」と声明を出しました。1989年のノーベル平和賞受賞者でもあるダライ・ラマ14世は「ふさわしい時に、ふさわしい人が選ばれた。劉氏の後ろには数千人の市民がおり、中国の変化に大きく寄与するだろう」、「中国は変わらなければならない。」と声明を出しました。アメリカ合衆国亡命中の中国人反体制物理学者の方励之は「彼(劉暁波)の受賞は、中国の民主化に積極的な役割を果たすものと思う」という主旨のコメントを発表しました。日本の菅直人首相は参院予算委員会で「中国において、普遍的価値である人権と基本的自由が保障されることは重要だ。釈放されることが望ましい」と述べました。

 これらに対し、中国外務省は定例会見で「中国への内政干渉は許さない」、「現状で、中国の関係部門がノルウェー政府との協力推進を望まないことは理解できる」、「劉暁波は犯罪者だ。彼に平和賞を与えることは中国国内で犯罪を奨励することにほかならず、中国への主権侵害でもある」と主張しました。

 2010年10月21日には劉暁波の釈放を求める署名活動を行っていた崔衛平北京電影学院教授が拘束さましれた。

 10月29日には、ノーベル賞の歴代受賞者により服役中の劉暁波の釈放を求めるグループが結成されダライ・ラマなどが参加していると報道されました。

 英国デーリー・ニューズ紙によると、2010年に開催された第60回ミス・ワールド大会では、開催国である中国側から選考委員に対して「ミス・ノルウェーは低い点に抑えるよう」との露骨な圧力がかけられ、本命だったミス・ノルウェーのマリアン・バークダルは、5位にも入ることができなかった。これはノルウェーが中国の民主活動家である劉暁波にノーベル平和賞を授与したことに対する対抗措置であるといわれています。

受賞式典への影響

 中国政府は2010年10月下旬以降、ノルウェーにある欧州各国の大使館に対し、12月10日にオスロ市庁舎にて行われるノーベル平和賞授賞式の式典に参加しないのを求める書簡を送りました。さらに、式典当日に劉暁波を支持する声明を発表しないように促しました。また、北京にても諸外国の外交官に対して、同じ要請をしました。授賞式当日は17か国が欠席しました。授賞式当日には、中国政府は人権活動家のモンゴル族ハダを釈放しましたが直後に拘留しました。

受賞式典後の影響----解放要求

アメリカ議会下院

 2010年12月8日、アメリカ合衆国下院本会議は、劉暁波の釈放を中国政府に要求する決議案を賛成402、反対1の圧倒的多数で採択しました。

ノルウェー・ノーベル賞委員会

 2010年12月10日に開かれたノーベル賞授賞式において、ノルウェー・ノーベル賞委員会委員長のトルビョルン・ヤーグランは演説の中で「劉は何も悪いことはしていない」と、釈放を求めました。


 

厳 家其は(1942年江蘇省武進県生まれ。)1964年に北京の中国科学技術大学を卒業し、中国社会科学院哲学研究所へ入所しました。85年に新設の中国社会科学院政治学研究所の所長に就任しました。86年から87年まで趙紫陽首相(当時)が指導する中央政治体制改革事務所に勤務していました。89年の天安門事件に際し民主化を要求していました。その後、解職され、フランスに亡命し「民主中国戦線」の第一主席に就任しました。1989年の天安門事件における指導的役割を果たした知識人のひとりであります。94年以降、米国コロンビア大学の客員研究員としてニューヨークに在住しています。最近は、月刊誌『九十年代』(臻善有限公司、香港)や『明報月刊』(明報出版公司、香港)において中国の諸問題に関して健筆をふるっています。『連邦中国構想』のほか、主な著書に『首脳論』、『中国への公開状』、『亡命までの日々』(以上学生社より翻訳・刊行)、『文化大革命十年史(上・下)』(共著、岩波書店より翻訳・刊行)、『第三共和』(八方文化企業公司、アメリカ)など。近著に『民主怎様才能来到中国』(遠流出版公司、台北、1996年10月)があります。なお、厳氏は近年名前の表記を家其から家祺へ変更しています。


方励之(1936年2月、北京市の貧しい家庭に生まれました。)五二年に優秀な成績で北京大学物理学系に入学した。卒業後、中国科学院物理研究所に勤めたが、五六年の百家争鳴運動に際して、党中央に手紙を書いて「科学と民主主義精神」の不足を訴えたために、「右派分子」と断定され、党から除名された。五八年に中国科学技術大学が設立されたとき、「右派分子」のレッテルをつけたまま、教員に採用された。当時の大学党書記郁文の慧眼によるものである。文化大革命期には闘争にかけられ、「牛小屋」(私設監獄)に閉じ込められた体験をもつ。八四年、科学技術大学の第一副学長に任命された。七九年に国際学術シンポジウムに出席したのをはじめとして、数々の国際学術会議に参加した。八一年秋から四カ月、京都大学基礎物理研究所の客員研究員をつとめたこともある。

八六年一二月二九日、大学の所在地たる安徽省合肥市の人民代表選挙において最高得票で当選した前後から、宇宙物理学者方励之は民主化運動の旗手として著名になった。小平は八六年一二月三〇日、胡耀邦、趙紫陽らを呼びつけて学生運動の取り締まりを指示した際に、こう発言している。

「私は方励之の講話を読んだが、まるで共産党員らしからぬ講話だ。こういう者を党内に留めておいてどうしようというのだ。彼は離党勧告の問題ではなく、除名問題である」(中共中央一号文件、拙著『ポスト小平』一六八頁)。

方励之はこうして小平の鶴の一声で除名されたが、その後も活発な民主化運動を続けた。八九年一月六日には魏京生(『探索』編集者、七九年に国家機密漏洩罪で懲役一五年)の釈放を求める公開状をdeng小平あてに送ったが、これは知識人の間で大きな反響をよび、文化界三三人の公開状(八九年二月一三日付)、科学界四二人の公開状(二月二六日付)、文化界四三人の公開状(三月一四日付)に発展した(『チャイナ・クライシス重要文献』第一巻所収)。

二月二六日、ブッシュ大統領夫妻の訪中答礼宴会に招かれたが、中国当局によってパーティ参加を阻まれ、話題になった。天安門事件以後、北京のアメリカ大使館に庇護を求め、九〇年六月二五日に出国した。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「六・四」天安門事件で指名手配された21名の中心人物(中国語)(2009/6) (中国語)(2011/6)

天安門事件 学生リーダーの今

他の民主・維権人士のプロフィール

 

 

 

上へ  劉暁波へ


Home    民運歴史    時事転載    「六四」天安門事件   民運人士  関連記事  イベント