一日五県歩き(千葉、茨城、埼玉、栃木、群馬)(2) 実施日 2012.10.6(土)

ルール@徒歩のみで五県を歩く

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

長かった茨城県を終え、渡良瀬川に架かる三国橋を渡る。 ここから埼玉県加須市になる。14:14。これで3県目だ。
ここから先は頻繁に県境を越えるので、目先が変わって退屈しない。
それに、このコースのメインイベントというべき地点を通るのが楽しみだ。

東武鉄道日光線の新古河駅(埼玉県加須市にある)でトイレをお借りし、14:49に出発した。
付近の田んぼの刈り取り後の(ひつじだ)に穂が付いていた。コスモスがあちこちに咲いている。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

渡良瀬川を右手に見送る。少し上流の川の中には茨城、埼玉、栃木の三県境がある。
ここからは渡良瀬川を堰き止めた谷中湖の湖岸を歩いてゆく。→(写真)
こちらの方が景色が良いし、何よりも頻繁に県境越えがあるのが嬉しい。

湖岸の遊歩道への途中で15;12に栃木県栃木市に入った。→(写真)
谷中湖と谷田川に挟まれた遊歩道を北西に歩いてゆく。
谷中湖は水鳥がたくさんいる。ここも2012年7月にラムサール条約に登録されている。
当然魚も多くいるようで、釣りをしている人もいる。

ただ、「当然魚が多い」と書いたが、この谷中湖は渡良瀬川の氾濫防止と共に、足尾鉱毒事件の鉱毒を湖底の沈殿させ無毒化する
目的も備えていた。
その目的が適えられたかどうかはともかく、現在では魚が住み鳥が住み、ラムサール条約に登録されたという事実を記しておく。

15:21に再び栃木県栃木市から埼玉県加須市に県境を越えた。その先で休憩所があったので少々休憩し、再び歩き出す。
15:37にもう一度埼玉県加須市から栃木県栃木市に県境を跨いだ。

15;42に中央エントランスに到着。谷中湖の空中写真をはめ込んだ石碑が建っていた。
この先に本日のメインベントというべき、日本で唯一、平地にある三県境のポイントがある。

急に夕立が降ってきた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

天気予報でもにわか雨が降るとのことであり、雨具を用意していた、道路脇の神社で雨宿りをしながら雨具を着こみ、再出発した。
三県境点はすぐそこで、地図と他の方のブログから印刷した目印を見ながら歩く。 15:58に到着した。

しかし夕立が激しく、記念撮影もそこそこに畦道を抜けて道路に戻った。

その後は雨の中、県道に沿って堤の下に敷かれた側道を通って「道の駅 きたかわべ」まで歩いた。16:10に到着した。 →地図
県道を歩けば県境案内板があっただろうし、また県によって舗装が異なり県境でアスファルトの色が変わっているそうだが、 県道に歩道が付いていないようで、県道を歩く気がしなかった。
実際、県道を歩かなくて済むように側道や湖岸道路が整備されているのだろう。 ただ、側道では栃木県と群馬県の県境はよく分からなかった。地図を見ながらこの辺りは群馬県域の筈だな、と思っただけ。

道の駅でソフトクリームを食べて疲れが少し治まった。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

16:30に歩き出す。ここからは東武鉄道日光線の柳生駅が近い。
しかしそこは埼玉県であり、このままでは群馬県をきちんと歩いた気がしない。
そのため、一駅北にある板倉東洋大駅まで歩く。ここだと群馬県をきちんと歩けるし、時刻が合えば快速で帰れる。

16:35に埼玉県加須市から群馬県邑楽郡板倉町に入った。→写真
後はゴールまで歩くだけ。

県道より一段高い土手を歩いているので360°が見渡せる。高い建物がほとんどないのだ。
土地は十分広いのだから、建物を上に伸ばす必要はなく横に広げればよい。
白い鳥の群れが何グループか飛んでいた。巣に帰るのだろう。

17:03にゴールの板倉東洋大駅に到着した。 ちょうど臨時快速が駅を出るところで惜しくも乗れなかった。
よくよく地図を見ると、ショートカットするルートがあったようだ。
ただ快速に乗ったら座れなかったかもしれないから、準急で南栗橋から急行に接続したのでずっと座れたのはよかったというべきか。
電車の中ではほとんど寝ていた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回のルートをYahooで検索したところ、約25km歩いていた。→地図
自分は2009年から歩数計を毎日持っているが、関宿城博物館から板倉東洋大駅まで、39371歩歩いていた。
一日の歩行数では47051歩となっており、歩数計を購入して以来最多の歩数だった。

2012.11.4公開、2013.2.14訂補。



写真を見る
リストに戻る
トップページに戻る