お洒落の秘訣

着やせして見える服の法則は

少しでもスリムになりたい、これが全女性、年齢に関係無しの願望です。
それでもダイエットは辛いから、せめて痩せて見える服をと、
あれこれ工夫することになる。
そんなとき、少しでも痩せて見えるようにと、
体にぴったりの服を選ぶのは逆効果になります。
ジャストサイズが基本でも、適度なゆとりは必要です。

 

そして、全身の中で、どこか一箇所に色でも柄でもいいからポイントを作る。
特にトップスにパンチのある色を使ってあるとき、バランスよく見える。
そのバランスは、全体でいうとトップス1に対してボトムス1あるいは1・5。
流行によってシルエットが変わることはあっても、このバランスは崩せない。
例えば、腰丈くらいの上着なら、ヒザ丈スカートのとき1対1になり、
パンツに変えると1対1・5になるといったようなバランスです。

 

太り気味人の着やせアイテムとは------------------------------

太っている人が体型を隠すようなダブダブとした着ると、
ますます太って見えてしまいます。
大切なのは、体型を隠すのではなく、体のラインに服をきちんと沿わせること。
本当に体にフィットした洋服を着ていれば、肥満気味の人だって「恰幅がいい」
というプラスのイメージに変化させることも可能です。
それでも少しでもスリムにと思うなら、パンツは2タックのストレートなどを選び、
ボトムを四角に見せるようにすること。
ジャケットやコートなど、体を一番大きな面積で覆うものには濃い色を選ぶと、
引き締まって見えます。小さい柄や薄い色が多いと、ますます膨らんだ印象になって
しまうので避けたほうがいい。
スーツやジャケットなら、Vゾーンを広めにゆったりとると顔を小さく見せることもできる。
最近流行しているXゾーが小さめのスーツは、
残念ながら太り気味の人には向かないようです。

 

白い服の上手な着こなし方-------------------------------------

どんな人にも似合うし、見た目も美しい白の洋服。
ただ膨張色だけに広がって見えてしまうのが難点なのです。
しかし、着こなし次第で白の欠点は見事にカバーできます。
簡単なのはボトムに引き締めカラーを使うことです。
ただし、下半身より上半身が太って見えるという人の場合は、
上を引き締めカラーにし、下半身に白を持ってくるといい。
上着で白を使う場合は、濃い色をインナーにもってくるのもいいし、
胸元にチャックのある服ならば、チャックを少し開けてVゾーンを
作るのも着痩せ効果をもたせるテクニックの一つです。

 

全体を白でまとめたいなら、適度なゆとりのストレートシルエットに
まとめて、すっきりほっそりした印象を持たせましょう。
黒やベージュの小物でメリハリをつければ、全体がぼやけた欠点をカバー
することができる。靴を黒や茶色にするのも一つの方法です。

 

背が低い人の全身コーディネイト術-----------------------------

背が低いことを気にしている人は、
全身に使う色を1〜2色にし、柄物をなるべく使わないファッションを心がけましょう。
ジャケットとパンツ(スカート)といったスタイルの場合なら、
インナーのシャツとボトムを同系色にするとすっきり見えます。
上下の色のコントラストが強いと、ウェストの部分で視線が分断されてしまい、
ますます背が低く見えてしまうのです。
明るい色や目立つ色は首から上の高い位置におき、下半身に明るい色は使わないようにする。
特に、靴は目立つ色は避けましょう。パンツの色よりも濃い色を選ぶなど、靴はあくまで暗めの
色にする。明るい色の靴を履くと、足ばかりが目立ってしまい、余計に背の低さが強調されます。
マフラーや帽子を身につけて上半身に視線を集めるようにするのも、背を高く見せるコツです。

mF

【お知らせ】
胸のハリが止まらないボディスタイリスト大澤美樹プロデュースの簡単バストアップ方法のお奨めDVD「バストアップラボDVD」紹介サイト。
リンパの流れを改善し、バストにしっかりと成長するための栄養が届くようにする「リンパドレナージュ」で、まるで魔法のように、あなたのバストを理想の形に整えます。