音声絵合わせ

Ver 1.1 

ダウンロードSAPI4対応 480Kバイト)

ダウンロードMicrosoft Server Speech対応 468Kバイト 

 このソフトは音声や鳴き声から、同じカードをあてるゲームです。キーボードの矢印キーとエンターキーだけを使って、ゲームはできます。全盲や弱視の児童が、ゲームを楽しむとともに、コンピュータ上での表についての概念を形成することを目的に作成しました。
 
 また、このソフトを利用するためには、SAPI4対応 または、Microsoft Server Speech対応の音声合成エンジンを必要としてい音声絵合わせ実行画面ます(SAPI5には対応していません)。

[インストール]

 同一フォルダ内に以下のファイルを入れて利用します。フォルダごと、デスクトップなどにコピーします。
match.exe  プログラム本体
mondai カードの画像と鳴き声が入っています。
ReadMe.txt このファイルです。ヘルプとしても利用しているので、必ずプログラム本体と同じフォルダにいれておいて下さい。

[アンインストール]

 フォルダごとごみ箱に捨ててください。レジストリは、変更していません。

[使い方]

@match.exeを起動すると、「あの1」というふうに、現在のカードの位置を、音声で示します。

A矢印キーで、カードを移動でき、そのカードの動物の名前を読み上げます。また、エンターキーを押すと、カードが表にかえり、鳴き声とともに、音声でカードに描かれた動物の名前を読み上げます。(矢印キーやエンターキーは指を離した段階で、反応するようにしています。)


B同じカードを見つけけると、ピンポーンという音がなります。間違うとブーブーという音がなります。
 
C全部のカードを表にかえすことができれば終了です。もう一度したい場合はメニューの「もう一度」を選びます。

Dすでに表にかえっているカードに移動するとピーという音が鳴ります。

Eメニューの「音のオプション」から、カードが表にかえったとき、どのような音声などによる反応があるかを変更できます。「カード名のみ」「音のみ」(鳴き声のみ)「カード名と音」(デフォルト)から選択できます。

Fメニューの「ヒント」で、「ヒント(H)」のチェックを外すと、矢印キーで移動しても、動物の名前を読み上げません。ゲームに慣れてきたらチェックを外してやってみて下さい。

[注意]

 このソフトに起因する一切の責任を作者はないものとします。このことに同意し、かつ使用者が全責任をもって使用することに、同意できた場合のみご利用ください。
 
 monndaiフォルダの中にある画像や音のファイルについての、著作権はjalpsjp以外が持っています。したがって、これらのファイルだけを、他に利用することはできません

[利用可能なOS]

 Windows2000
 WindowsXP
 WindowsVISTA

 「Microsoft Server Speech」対応版は、
 ○Windows XP
 Microsoft Server Speech(MSS)を使うには、.NET Framework 4が必要です。ただし、XPについて、MSSはサポートしていませんが、実際は動作しています。各自の責任でお願いします。
 
 ○Windows VISTA,7
  最大表示にしても、画面いっぱいのならないことがあります。
  
 ○Windows 7
  画面上の枠の位置は矢印キーを使っても変化しませんが、音声では、正しく枠の位置を知らせてくれます。音声を利用してゲームができます。

●SAPI4対応 音声合成エンジンについては、以下のページなどを参考にしてください。

「まほろばSAPI4 対応の日本語音声合成エンジンのインストール」
http://mahoro-ba.net/e158.html

●Microsoft Server Speech の音声合成エンジンについては、以下のページを参考にして、インストールしてください。

まほろば無料の音声合成エンジン 「Microsoft Server Speech」
http://mahoro-ba.net/e1378.html



不具合等をjalpsjp@yahoo.co.jpまで連絡していただければ非常にありがたいです。

 なお、著作権は放棄していません。jalpsjp@yahoo.co.jpが持っています。許可なく改変・再配布しないでください。再配布する場合はjalpsjp@yahoo.co.jpまで、ご連絡ください。

2010年1月10日(日)

home
戻る