歴 史

  A.B.シンプソン(Albert Benjamin Simpson)によって創立されたC&MA
(The Christian & Missionary Alliance :ザ・クリスチャン・アンド・ミッショナリー・アライアンス)の世界的宣教活動は、現在、60カ国に及び、日本でのその働きは、明治26年(1893)にまで さかのぼります。

 「日本アライアンス教団」は、A.B.シンプソンの信仰遺産を継承する教会として、第二次世界 大戦前、「日本協同基督教会」として設立され、大戦中は、「日本基督教団・第七部」に属して いました。そして、第二次大戦後、その教会と同信の者たちによって、昭和26年(1951)、再建・創立されました。平成13年(2000)、創立50周年を記念し、あらためてシンプソンの信仰遺産 を確認し、お互いの信仰を励まし合い、教会形成の課題や現代的使命を明らかにし、将来を展望する50周年記念式典が広島市で行われました。 

 



Home