詳しい地図検索は
こちらから...........

mapion

山口市小鯖

〔近代〕小鯖は、上小鯖村と下小鯖村が合併して誕生した 吉敷郡小鯖村(明治22〜昭和30年)がルーツ、旧村名の上小鯖、下小鯖は2大字として最近まで継承されていました。

1955年(昭和30年)小鯖村は大内村、仁保村と合併し
吉敷郡大内町が誕生。
1963年(昭和38年)大内町は
山口市に編入し現在の小鯖の姿となります。
2005年(平成17年10月)県中央部1市4町合併での新『山口市』誕生。大字の表記はなくなりました。

ハナショウブ自生地

◎八反田

鈴屋

鈴屋峠展望所

山口尾

鳴滝

泰雲寺

禅昌寺

小鯖小学校

正田山

棯畑

佐波山トンネル

鯖山

鯖地

梨羽

中国自動車道

山陽自動車道

県道27号

県道21号

県道348号

防府市

〔現在〕小鯖   〔平成19年8月1日現在 山口市資料〕
人口  4,976人(市の人口の2.6%)、
世帯数1,757戸(同 2.2%)
面積  43.7Ku(山口市の面積の6.0%)

道路網は、国道262号線中国自動車道山口インターから防府市境の佐波山トンネルまで走り、また、県道21号(山口防府)線が山口インター付近から防府市境の千切峠まで走り防府-山口を結ぶ重要な2ルートとなっています。

このほか、県道27号(山口徳山)線が鳴滝から、棯畑を経て山口市仁保一貫野(昭和16年小鯖→仁保に編入)方面へ走ります。
県道348号(大内右田)線は未開通のままの行き止まり県道となっています。


公共施設は、下小鯖八反田地区に集中しており、市立小鯖小学校、市立小鯖幼稚園、市役所小鯖出張所、小鯖公民館、小鯖郵便局などがあります。

小鯖小学校

公共交通機関としては、中国JRバス防長線(防府駅-山口駅-山口大学/中尾口)が上下約70便が走っています。このバス路線はJRバス、国鉄バスの前身、鉄道省・省営バス(山三線、三田尻・山口間18キロ)が1931年(昭和6年)日本で2番目に開業した歴史のある路線です。

中国JRバス

防長交通〔快速〕バス(徳山駅-防府駅-山口駅-湯田温泉)は上下6便、但し、小鯖の中心部『八反田』のみの停車。
同じく防長交通〔高速〕バス(広島バスセンター -防府駅-湯田温泉/萩バスセンター)は上下12便がありますが、隣りの大内地区『農業試験場前』まで止まりません。『八反田』にも止まってほしいんですが、乗るのは私くらいでしょうか?

防長高速バス

山口市コミュニティバス・大内ルート(若宮病院-菅内団地-山口駅-香山公園)は小鯖・若宮病院から、上下25便が市内に向け地域密着ルートで運行をしています。できれば、小鯖の中心地『八反田』までルート延長を望みます。


山口市コミュニティバス

山口市小鯖プロフィール

西

小鯖のページ トップへもどる

<Osaba>
小鯖

Copyright © 2004-2007 HamRadio JA4VNE
All rights reserved.