▲▼JR防府駅近くの鉄道記念広場では防石鉄道の機関車が保存展示されている

・・・実は当管理人も子供の頃、一度だけ?乗車して沿線にある親戚の所まで行った記憶がある

石鉄道は山口県の三田尻(防府)と島根県の益田とを結ぶという遠大な計画のもと、1919年(大正8年)三田尻−上和字間で開業。

翌年には堀(徳地)まで延伸した。北総レール倶楽部/防石鉄道









しかし、1923年(大正12年)には鉄道省の山口線小郡(現、新山口)−益田間が全通したため、防石鉄道の設立の意義が早くも薄れてしまった。


その後、国鉄山口線との接続をはかったが実現を見ることも無く、1964年(昭和39年)東京オリンピックが開催される直前にひっそりと鉄道としての使命を終えた。


2005年5月7日 取材・撮影 HIRO 

▲公園になった旧・上和字駅跡と放置?された防石バス(防長バスに合併)
防石鉄道

Copyright © 2004-2006 HamRadio JA4VNE
All rights reserved.

サイトマップ  著作権とリンク バックナンバー