2階ベランダに屋根設置


2階ベランダに洗濯物を干した後、にわか雨が来て慌てることが多かったので築後20年も 経ってからやっとベランダに屋根を設置する決心をしました。当初、ポリカーボネート波板と2x4木材による 安上がりな完全手作りを考えましたが、仕上がりの綺麗さを考えてアルミベランダ屋根を購入して設置工事 のみDIYで実施することにしました。

ビフォー 屋根を設置する前の2階ベランダです。昔の蔵を意識した作りのため小さな庇(ひさし)はあって無いような ものです。 長さは2間(364cm)ですが全面に屋根を付けるとベランダから梯子で 屋根に登れなくなるのとグランドプレーンアンテナを建てる場所がなくなるので、見栄えは今一つ良く ありませんが1.5間だけ屋根を設置することにしました。

マウスを画像に重ねると 画像が拡大 されます。(以下同様)

長尺材料 ネットオークションで1.5間アルミ製ベランダ屋根を購入しました。ベランダ壁への柱固定用部品・ 送料込みで約5万円でした。 長尺物の長さは3m以上あり置き場所に困りました。アルミ材の色はブロンズにしました。 樋、ネジ、シリコンコーキング材など工事に必要な全てが含まれています。

短尺材料 短辺方向のアルミ材とポリカーボネート製屋根材(4枚)です。屋根材は表面保護のためビニールシート が貼られており紺色に見えますがスモークブラウンです。

柱固定用部品 2本の柱をベランダに固定するための金物と全体の固定用ネジ類です。柱を2個の「コ」の字型金具で ベランダの壁に固定します。柱の下端は厚さ9mmのプラスチック製の受皿に載せて固定します。

マニュアル 同梱されていた組立説明書です。ベランダ屋根は初めての経験なので説明書の指示通りに組み立てました。 素人でも理解できるよう20ページに亘って詳しく書かれています。

全体像 全体の構造図を示しており標準寸法は表中の1.5K(1.5間)とサイズ12(屋根の奥行きが1200mm台)の 欄の数字の通りです。この図は柱の基礎がコンクリートの1階テラスの場合であり、2階ベランダの場合は 柱を切断してベランダ面に直置きとなります。

屋根裏 屋根裏の様子です。柱の正確な位置を測定しておかないと次の垂木掛け取付工事に支障を来たします。 なお、右側の換気扇は屋根裏の温度と湿度改善のためのものです。

垂木掛け 全体の強度に最も影響する外壁への垂木掛け固定が終わりました。正確な柱の位置を確定して6本の ネジで頑丈に固定しました。ベランダからの上端の高さは既存の庇の高さを考慮して2445mmに しました。雨漏り防止のため外壁との間はシリコン樹脂でコーキングしています。 水平器により正しい水平を出していることは勿論です。なお、上部の色の濃い部分は補修パテで、 ベランダ屋根を設置した後では補修が難しくなるために屋根材設置前に壁の一部を再塗装しました。

柱の固定 元の柱はコンクリート基礎用の長さになっているため、ベランダ直置きの場合は切断する 必要があります。 小生の家は庇の高さを考慮して高さを2445mmにしているため屋根の傾斜8度から柱の長さを計算します。 ベランダのスノコに凹凸があるため受皿がグラグラするので厚さ5mmのアルミ製台座(Lアングル)を購入 しました。このため柱の長さを決めるのに注意が必要です。 壁から柱中央までの距離が850mmなので、柱の長さ+桁+垂木の厚さ=850 x tan 8度=119mmとなります。 説明書から桁+垂木の厚さ=153mmなので柱の長さは、2445 - 119 - 153=2173mmとなります。 受皿+台座の厚さ14mmを考慮して、元の柱長が2785mmなので2785 - 2173 + 14=626mmの切断となります。 ベランダ壁の内部はどこに柱が通っているのか判り難いので金槌で軽く叩きながら捜しましたが自信は ありません。

骨組完了 ベランダ屋根の棟上が完了しました。高所作業のため安全帯は必須です。特に屋根の端っこでのネジ止めとか コーキング作業は注意が必要です。次は屋根材の設置に移ります。

屋根材の設置 ベランダ屋根材の設置工事中です。最初の1枚は難なく設置出来ますが2枚目からは大変です。屋根材の幅は 約75cmあり、屋根材押さえ板のネジ止めは身を乗り出して行います。特に写真の左端のネジ止めは非常に難しい です。1階ならば脚立に乗れば簡単ですが2階ベランダとなるとそうは行きません。安全帯を付けて注意深く 行いました。貧乏人の小生は手動ドライバーしか持っていませんが、タッピングネジも多く電動ドライバー があればもう少し楽に組み立てられたと思います。

樋の設置 ベランダ屋根の樋の設置が完了しました。樋は初めての経験でしたが案外簡単に出来ました。

物干し竿 物干し竿の固定金具をネットオークションで購入しました。これで雨の日でも安心して洗濯物が干せます。 嫁さんから少しは点数を稼げたかなと思います。

アフター やっと完成しました。今年は天候が余り良くなかったので1週間くらい掛かりましたが、素人DIYでも結構 うまく行くもんだと自信が持てました。

ここまでの直接経費は以下のとおりで総額57,000円でした。仕上がりはプロに適わないものの 工事費を節約しながらの「そこそこ」の完成度に自己満足しています。
アルミ製ベランダ屋根(1.5間 柱固定用金具込み) 1セット:50,000円
アルミ製台座 2個:1,700円
物干し竿の固定金具 1式:5,300円



究極のDIYへ戻る