電信(CW)
  モールス符号による通信
 1999年、GMSSシステム導入によって、
「全世界的な海上遭難・安全通信システム(GMDSS : Global Maritime Distress and Safety System)」の導入で電信(CW)は使われなくなった。
 モールス符号を使ってるのは唯一アマチュア無線界だけである。
縦ぶれ電鍵

試験を受ける時はこれで練習した。実践では使うことはほとんどなかった。
自己流の練習が悪いのか、よく疲れる。
バグキー

一時期、良く使った。あまりきれいな符号は出なかったが操作が楽で疲れなかった。
横ぶれ電鍵

もう20年以上使っている。
他に電鍵を2個製作して使っていたが、この電鍵を購入してからは使うのをやめた。
アマチュア無線界には電信のファンは多い。
私の場合、次の理由で電信の運用が主になっている。
 @静かであること。 ヘッドフォーンを使うと送信/受信共に音がでない。家族が横にいても苦情がでない。
 A珍しいカントリー(エンティティ)への移動運用時、交信できる確立が高い。(競争が少ない)
 B電話(マイクを使う)に比べ小さい電力でも遠くまで届く。
アマチュア無線入門 JA3MXE紹介 リンク
アマチュア無線紹介 自己紹介 QSLカード・ギャラリ QSO(交信)推移 JARL 日本アマチュア無線連盟
無線通信の歴史 活動記録 アワード(賞) カントリ別QSO(交信)数 JARD 日本アマチュア無線振興協会
  思い出のQSO(交信) 1 Hour WAC QSLカード回収率 総務省電波利用
   電信(モールス符号) 真空管   リンク集 
感想をお寄せください
TOP pageへ戻る