迷走する薬剤師薬剤師の豆知識薬剤師の守秘義務

刑法第134条(秘密漏示)

医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

薬剤師倫理規定第9条(日本薬剤師会)

薬剤師は、職務上知り得た患者等の秘密を、正当な理由なく漏らさない。

以前、門前薬局から「かかりつけの患者の退院時の処方と、退院して最初に病院にかかったときの処方を照らし合わせたいので、該当する総ての患者の退院時の処方を教えて欲しい」という相談をされたことがあります。これは、通常退院時初回の外来では退院時の処方を基に処方しますが、その確認を怠り“入院前の定時処方が継続される”ことを防ぐためでしょう。その意図するところは賛同できるのですが、守秘義務に抵触する恐れもありますので、病院の薬剤師が退院時服薬指導のときに患者さんにお渡ししている“お薬の説明書”等を患者さんに持参してもらって確認した方がいいでしょう。

薬剤師の豆知識のメニュー:
薬剤師法 薬剤師倫理規定 薬剤師の歴史 守秘義務 こんな所にも薬剤師(法律)