ガンバユース○1−0●コンサユース

ヴェルディユース△2−2△東海大第五

(高円宮杯 グループリーグ3節)

 

知り合いの東京サポの人と一緒に西が丘行って

高円宮杯、ガンバユースvsコンサユースと

ヴェルディユースvs東海大第五の試合を見に行ってきた。

 

いやもう暑いの暑くないのって。

 

11:00キックオフだからある程度覚悟してたが

いやもう暑いの暑くないのって。

 

昨日味スタ13:00キックオフの名門ヴェルディvs福岡、

見に行った人の観戦記など読んでいたら

「見ている途中で暑さと湿気で気持ちが悪くなり、

後半途中から意識がもうろうとしておりました。しんどかった。」

と書いてあったけど陽射しに限って言えばこの試合も相当なもんだった。

帰ってシャワー浴びてふと体見るとクッキリと焼けてた。

 

高円宮杯見に行きたいと数年前から思っていたが

なかなか足を運ばず、この試合が初。

というかユースの試合見るの自体これが初めてだわさ。

 

 

第1試合はガンバユースvs札幌ユースだったんだが西が丘入って何に驚いたって

ゴール裏にいたガンバサポの多さ、

そしてコンサ・ガンバ両方の弾幕の多さ。

 

 

 

こんなにサポ来るもんなの!?

予想よりずっと熱が入ってるというか、

ちゃんと弾幕こんな用意してるわ、ちゃんと関東まで駆けつけるわ、

太鼓叩いて固まって声出して応援してるわ、、、

こういうもんなんだなあ・・・

 

 

2試合目のヴェルディユース戦でも

ヴェルディサポずっとかーもんかーもん跳ねてたし・・

 

 

ユースの試合初めて見る人間としてはビックリしたべ。

 

 

 

コンサはコンサでメインにタオマフやユニ装着して応援してる人が結構いるし、

ゴル裏はゴル裏で10人に満たない程度の人数ながら

「何も恐れず胸を張り戦え オーサッポロー オーサッポロー」と力いっぱい歌ってるし。

 

暑そうだ

 

 

 

「中坊お前 高円宮杯どんなん想像してたんだ」 って言われたら、

いや、もっとメインだけポツポツと双方のサポが座ってて・・・

応援つーか生温かくのび太を見守るドラえもんのような感じで

まったりと視線を送っているもんかと・・・

そういうもんかと思ってました。すんませんユースド素人で・・。

 

(この件に関しての広島サポの知り合いによるコメント)

「ユースはほとんど中坊の予想してたような感じです。秋津開催の福岡は座って見てたし。

近くで試合があるところとか、ウチ(広島)とか横浜とか脚みたいにユースが強いところとか、

なかなか試合が見られない札幌とかはかなりバチバチやるけどね。」

 

 

しかし会場が見やすいし選手に近い西が丘だったってのもあるけど

面白かったー。

 

ガンバユースで知ってるの宇佐美君だけだったんだが安田弟も出場してて驚いた。

トップに登録されてなかったっけ・・・?あれは二種登録か・・・?

 

背番号見るまでもなく顔がお兄ちゃんに似てるからすぐわかる。

帰ってからガンバのオヒサルで写真確認するとあんま似てないんだが。

http://www.gamba-osaka.net/youth/youth.html

 

 

以下、感想もろもろ

 

・当たり前なんだろうけどガンバ強いわ

スルスルッとDF抜き去りシュート打つ場面多し。

でも決定機何度かあっても、結局そういう形から点は入らず。

枠からほんのちょっとだけ外れるのが多い。

 

・安田弟頼りになるなー

クソ暑い中みんな辛かったと思うんだけど

ほとんどの場面でちゃんとパスもらいにくるから味方としては凄く助かるんじゃまいかと思った。

パスの出しどころなくて闇雲に蹴るって場面、ガンバユースほとんどなかったと思う。

炎天下であんだけ味方楽にさせてるのは偉いというかなんというか。

炎天下でフットサルやる時安田弟みたいな奴と一緒のチームになりたいわ。

 

池君の退場がわけわかめ

突如、主審が副審の元へダッシュ。

なにやら不穏なムード。

そして主審が池君呼び出してレッド提示。

 

「(゚Д゚)え?」

なんか副審に暴言吐いたらしいけどいきなりレッド???

高円宮杯では暴言は一発レッドって定められてるんかな?

プロだったら普通イエローだが・・・ドンマイだわ。

 

帰ってから色々見てたら「競った時、相手に肘打ち入れた」という理由書いてる人もいたが、

公式記録のpdf見たら「退場・侮辱」って書いてあったしやっぱ暴言だった。

 

 

・その池君の動き

安田弟と同じくめっちゃちっこいんだけど見てて面白かった。

ボランチにいたかと思えばサイドにはりついたり。

あれだけ小さいとテクニック勝負かな〜とか思ってたら、

右サイドで相手左サイドバックを 一瞬のスピードとテクでスパーンと抜き去ったのには度肝抜かれた。

かわいいけどカコイイ。もっと長い時間見たかった!

 

・大塚君の幅広い動きすげー

この子も色んなところで顔出すから試合後、ガンバサポの知り合いの方に

「大塚ってMFなんすか?」と聞いてしまったくらい。

池君退場後1トップをつとめてたがボール持てるし運動量多いしでコンサの数的有利を全然感じさせない。

この日の決勝点は大塚君なんだけど、「あそこから打つかよ!?」というゴール。

んー今まで見た中で自分の脳内記録から検索すると

“06年ナビスコ準決勝1stleg フロンターレ2−2ジェフ 水野のゴール” に似てる。

 

距離もそうだけど、全くシュート打つという予兆感じさせなかった。

ありゃ相手キーパーもDFもビビるがな。

かなりきっついコースに飛んだし、おまけに無回転・もしくはアウトにかけたかで

最後ギュっと変化してあんなん絶対とれるか!っていうスーペルゴル。お見事。

 

試合後、ガンバサポの知り合い談

「あの子はU-17代表っす。

ムラっけがあるんですがね、今日はいい大塚でした。よく動くいい大塚(笑)」

 

 

・宇佐美君そんなでもなかった

というか他の選手がみんなかなり巧かったので

特に宇佐美くんに驚くような場面あんまなし。

「ガンバユースGL突破決めてるから宇佐美くん始めとして

メンバー大幅に落としてくるかと思ったんですけどねえ」

とは、一緒に観戦してた東京サポの知り合い談。

だいたいまだ15歳だしスタメン張ってる時点で凄いんだけど。

 

・フォーメーション

コンサは中盤フラットな4−4−2。三浦監督の好きそうな布陣だな。

ガンバも4−4−2?しかし大塚君と中盤が流動的で

色んなところに顔出すからよくわからなかった。

 

コンサの監督が必死に声だしてた

池君退場で一人多い状況ながら、コンサの選手は

前半攻め立てられたせいか炎天下のためか後半、ガクッと運動量低下。

折角ボール奪ってカウンターチャンスの場面でも

FWとそのボール奪った中盤の選手だけしか攻めに走らないから

薄い攻めで全くチャンス活かせず勿体無いシーン多し。

「押し上げろー!」 「もっとフォロー行け!」

と監督が怒鳴る気持ちよーくわかる。

苦しいのはわかるがここで攻めに上がっていかなかったら追いつけないべ。

 

しかしこんな照り焼き状態で数十分戦ってるから

足が止まるってのもしょうがないかなという・・

 

岩月君の運動量は凄かった

全体的に運動量の少なかったこの日のコンサユースだけど

右サイド7番岩月君は一人異常な運動量だった。

右サイドバックだったけど何度も何度も高い位置まで顔を出し、ボール受けて深くまで切り込む。

岩月君が頑張ってたから対峙した宇佐美君目立たなかったんかな・・

この右サイドからの攻めは良かった。

 

ただ、献身的な動きとあの絶え間ない攻め上がりは良かったけれどクロス精度がイマイチだったなー。

岩月君のクロスがFWにつながってシュートって場面、ほとんどなかったような。

 

・最後の最後は頑張った

GL突破に向けてコンサは最後の最後力振り絞って同点になるかという非常に惜しい場面があった。

しかし、結局追いつけずガンバ勝利。

 

 

試合終了後ガンバゴール裏行って、

大阪から応援にかけつけた知り合いの方に挨拶。

 

しかし前日万博でナイトゲームのマリノス戦見て

その翌日、11:00キックオフの西が丘来るって、あのう。。

しかもあの天候の中ずっと陽射しモロに浴びながら90分応援て。。

なんというサッカー馬鹿・・・

ひとごとながら笑ってしまった。あささんは間違いなく重症。

 

 

2試合目はヴェルディユースvs東海大第五。

このユースvs高校ってカードはいいなあ。個人的に好き。

予想していたよりもずっとヴェルディはあたり激しい。

広島・森山監督風に言うとバチバチあたる。

 

この激しさに一緒に観戦してた東京サポも驚く。

「いやーこないだの作陽高校との試合(GL第1戦)

見に行ったんですけどね、全然こんな激しくなかったすよ。

良い内容じゃなかったから監督からよっぽど活を入れられたのかな・・」

 

監督が目の前にいるからチラチラ見てたんだが、柴田監督熱い!

(この人、元FC東京のユース監督だったよね)

 

ヴェルディFWが抜け出し、相手GKに倒されてPKもらえなかった時

「おぉぉおおおおおい ふざけんなよ!」

「おい・・なんなんだよアレは!」

「ありえないだろ!えぇ!?」

と関塚監督なみに素切れしてた。

 

 

実際、こないだの神戸GK榎本が羽生倒した時より

ずっと決定的なファールに見えたので、この怒りには納得。

柴田監督のブチ切れを必死になだめていた第4の審判にも笑った。

 

第4の審判は 「ブチ切れた監督を ままままま、まぁまぁ、と抑える」

っていう仕事あるんだな。知らなかった。

つか、第4の審判が仕事してるの見たの

僕のサッカー観戦歴においてこれが初めてかも・・・

 

(家本が巻に二枚イエロー提示したのに退場させなくて、

慌てて第4の審判穴沢さんが注意した05年の千葉ダービー以来か)

 

ヴェルディの選手は体格良い。特にDF陣のガタイの良さは異常。

さっきまで小さいけど小技効いてるガンバユース見ていた後だけにこの背の高さに目を惹かれる。

 

東海大第五は2トップの10番清水・11番松井が超強力とのことで

前回見に行った東京サポの知り合いが盛んにこの二人は凄い!と力説。

 

 

最大の見せ場は88分。

2−1でヴェルディリード。

PA内でロングボールを受けた東海大第五10番清水が超柔らかいトラップ。

全くミスもスキもない完璧なタッチでボール受け、反転。

そんでもって左足振りぬいてズドンとサイドネットに突き刺しやがった。

うま!すご!思わず腰浮いてしもた。

 

ヴェルディは前半ことごとくセカンドボールカットし、東海大第五2トップを押さえ込んでいた。

吉田くんと笠松くんは安定感あり。

けど後半になると逆に東海大第五がセカンドボール拾って、

10番清水が2点決めるなど見応えある面白いゲーム。

決定機自体はヴェルディユースの方が多かったんだけど何故か入らず。

最後の方は呆れて、柴田監督が転げまわってた。

 

あとヴェルディは良いFW多いな。

この日先発で序盤一番目立ってた新村君はまだ高1だし

代わりに投入された高木くんも動き良かったし。

(ヴェルディ、苗字高木多い。この日3人もいた。

元プロ野球選手・高木豊の息子達がいるからなのだがGKの高木くんは関係なかった)

 

GLが終わり、

結局この日観戦したガンバユース、コンサユース、

東海大第五、ヴェルディユース全て決勝トーナメント進出。

http://www.jfa.or.jp/domestic/category_2/games/2007/takamado_y_2007/index.html

 

ガンバはセレッソ・・・ダービーですか。

東海大第五は青森山田か。

ヴェルディはよりによってサンフレッチェ相手かよ!

つか、全体的にユースvs高校っていうカードが少ないな。

ユースvsユースや高校vs高校が多い。

そしてコンサは・・・レッズか!

 

札幌vs浦和とかめっちゃみてえ!!

 

9月22日 (土) 13:20 熊谷

浦和レッズユース × コンサドーレ札幌ユース U-18

 

この日見に行く、 大宮×千葉 が15:00駒場だから・・・

うーん・・・ちょっと無理かな・・・

 

この大会、一回見に行くと興味沸くな。

色々新鮮だったし非常におもすれー試合でした。

しかし一番見に行きたい国立の準決勝2試合、

東京×マリノスや柏×ガンバと被ってるんだよな・・どうすんべ。。

(UP日 07年9月18日)

 

戻る