レイソル○2−1●ジェフ

(07年ちばぎんカップ)

 

いくら世界三大カップ戦の一つとはいえ、

まさかちばぎんカップが完売するとは・・・・信じられん。

全席完売のニュース聞いた時はほとんどネタだなと知り合いの東京サポと笑ってしもた。

 

ゼロックスも多分相当観客入るだろうし、

2月25日の東京ダービーなんかチケ代無料だし

下手すりゃ2万人近く入るんじゃないかとまで妄想。

年々ファンのプレシーズンマッチへの気合というか

足を運ぶ頻度が高まっている気がする。

この試合も客席でレッズサポや東京サポを見かけたし、

他サポも結構見に来ているんだなーと。

 

 

レイソルはチュンソン、北嶋、祐三、

アラウージョ、由紀彦、平山の6人欠き。

ジェフはジョルジェビッチ、水本、勇人、水野、

山岸、巻、羽生、結城の8人欠き。

 

 

そんなわけで試合内容うんぬんつーよりは個人個人に注目してました。

(というか最初に座った席が

いわゆるダイナミックシート的な位置だったので 全体がうまく見えんのよね。

いくら巌がスペース潰すいぶし銀な動き見せたところでわからんしね。)

 

以下、選手一人一人についての感想。

 

 

主審、家本!

選手一人一人について といいつつ、まず審判から。

この登場に俺がどれだけ驚いたことか。

あの引退勧告から数ヶ月。

ついに奴が戻ってきた。

まさか復帰戦にこのちばぎんをぶつけてくるとは・・・

05年、大荒れ・怒号吹き荒れるこの試合が思い出される。

(ちなみにこの試合見に行ったのだが気が狂いそうだった)

「逆に考えるんだ、PSMに登場したことにより、

これでリーグ戦で降臨する確率は低くなったと。」

そうやって自分に言い聞かせた。

 

プレシーズンマッチだからか極力笑みを絶やさず、

選手とコミュニケーションをとっていたのだが

その微笑みを見ているとぞわぞわしてくる。

別ににこやかに対応する事自体はいいのだが、

これまで散々ぶっ壊されてきて、

生理的に受け付けないレベルに達しているので克服するのが中々難しい。

ただ、この日は非常に無難にこなしていました。

 

 

ジェフの2トップは新居・黒部。

これがホント新鮮だわ。

今までJ1であまり見る機会なかった二人が 揃ってスタメン組むとは。

で、期待はしてたけどまだまだ連携もあれだし

調整ができてないのか動きもまだまだで

この試合はそこまでボール触れることもなく目立たず終了。

しいて言えば、前半1点取った後、

新居のラストパス → 黒部思いっきりシュート → NASA

というのくらいか。

あれ決めておけばどうなったかわからんね。

あと、なんだかんだ言って

やっぱ黒部は競り合いには強い。懐深い。

 

 

アルセウ、ごついわ。

しかしその屈強な男が濡れたピッチのため



      ==  ∧∧
     ==  ヽ(・ω・)/   ズコー
   ==   \(.\ ノ


  ====  ̄|_|○ アッー



という感じでツルーっとこけていったのには吹いた。

 

プレーは外見どおり、当たりが激しい。

というか、ラフプレーととられてちょっとこの先心配そうな感じ。

家本大先生も 「君ね、リーグ戦では出すよ」 と

ありがたいお言葉をおかけになったに違いない。

(実際の試合ではつまらない遅延行為でイエローゲット)

 

 

下村がカッコいいのは当然として、

ストヤノフってこんなにカッコよかったか?と不思議だったんだが

今年からユニがkappaになったせいか。

ユニスポが漢字にも関わらず去年よりアウェーユニは数段カッコいい。

ピッチリしてるし体格いい選手は似合う。

山岸みたいにちょっとだぼついた感のある選手が着ると

どーなるのかは気になる。

 

 

ジェフ、23番・楽●がスタメン。

なんでこの試合に23番出てくるんだ?

戦力外にならなかっただけあってやはりそれなりに今季も使うつもりなのか?

え、FK要因?

と不思議だったが 「一応」 1アシスト記録。

 

 

で、逆サイドに松本憲が入ってたんだが

ぶっちゃけ23番とどっこいどっこいじゃないかなという感じ。

相手をやたら手を使って止める。

以前、この日立台で清水戦見た時 、

当時清水に所属していた鶴見が

相手に手を使いまくって止めていたの思い出したわ。

止める一つの方法として引っ張るとかならアリだけど、

この日の松本は、もう手を使わないとちょっと無理みたいな印象だった。

サブの選手にそこまで求めてもしょーがないのかもしれんが・・・

 

 

ああそうだ、楽山で思い出したんだが

前半楽山のきついファールで

柏の選手がゴリッと削られた時、嫌な汗でた。

戸田が上村に破壊された行為や、

フランシスマールが林と接触して今季絶望的になった

痛ましい事件が脳裏に浮かんだ。

後半、アルセウも足の裏見せたスライディングあったし、、、

おまいら、頼むから思い出せ。

これはリーグ戦じゃないんだYO!

 

 

この試合、先制点は斎藤大輔。

とことんセットプレーに、そして開幕戦に強いな!

 

 

04年開幕戦、vs神戸

斎藤大輔がセットプレーから先制点ゲット

(試合は1−2で負けたわけだが)

 

06年開幕戦、vs大宮

斎藤大輔がセットプレーから先制点ゲット

(試合は2−4で負けたわけだが)

 

07年初公式戦、vs柏

斎藤大輔がセットプレーから先制点ゲット

(試合は1−2で負けたわけだが)

 

 

・・・・(´・ω・`) あ、あれ? 大さん・・・・?

 

 

ハーフタイムに柏サポの方からメール来て

いそいそと合流することに。

これが前半座ってた席とは違い、良い席で全体が良く見えた。

合流して最初に交わした会話がこれ。

 

俺 「いやー・・・フランサうますぎますね

柏 「ありえないほど上手いですね

俺 「このピッチコンディションで彼だけ別次元ですね」

柏 「僕ね、こういう天候の中のサッカーって

   何が面白いのかなあとか思ったんですけどね、

   こういう楽しみ方もあるんですね・・・ (しみじみ)」

俺 「本当ですね・・・彼のトラップ技術見ると溜め息でますよね (しみじみ)」

 

 

とにかく異次元。

技術の差がハンパじゃない。

日本人はおろか、この日ピッチに立ってた外国人と比べても別格。

みんな濡れたピッチのためボールおさえるのに四苦八苦している中、

フランサだけが通常と変わらないボールタッチで

滑らかに、そして艶やかにボールを動かす。

決勝点のアシストはもちろん、

オサレでトリッキーなヒールパスを放つ美しさもあり。

さらにはドリブル突破までキレキレ、

サイドまで流れてチャンスメークする運動量というおまけつきだ。

 

つか、俺今までドリブル突破する

破壊力満点のフランサなんて一度も見たことねーよ!

おそらく柏サポの大多数はあまりの凄さに興奮してたに違いない。

 

こういう見てて独特の不思議さ、異次元さを感じるのは

マリノスのマグロンがいなくなった今、Jではフランサだけかも。

今季も日本で見られる幸せを感じる。

PSMだけで判断したくはないけど、

フランサは今年やばいんじゃね?

マジで恐ろしいわ。

得点も10点ぐらいは取れそうだな。

 

 

新加入の古賀がまたそつなくこなす。

 

俺 「いいですねえ」

柏 「岡山とは違いますねえ(笑)」

俺 「確かに(笑)

   比較すんのも変だけどやっぱより安心して見てられます」

 

岡山の事嫌いなわけない・・・っつーかむしろ好きだけど

やっぱ岡山以上のセンターバック必要だろうなと去年見てて思った。

そんなところにちゃんと古賀を補強したのはフロント、見事だなと。

(一方で今後岡山どうなるのかな?というのもある)

 

 

同じく新加入移籍組DF池田。

03年に清水でスタメンの座取ってたときは

ユース出身だしこのままDFスタメンとり続けるかなとか思ったら

広島・仙台と移籍し続けてきて千葉にくるとは。

前半は間近で見てたんだけど普通にこなしてて特段語る事も無し。

 

とりあえず去年みたいに

DF怪我人でるわ、ストやん有給だわで

1−8−1 とか有り得ない布陣で臨まざるを得ない状況は避けられそう。

 

 

岡本ちょっと不安定だな。

ボールが滑るし、取りにくいだろうからもっとセーフティーにいけよ・・・

と思ったのは柏右サイドからのロングボールをキャッチしに行ったら

こぼしてしまい、菅沼がかっさらってあわや、という前半のシーンのこと。

ゴールキックもおいおい、ってな場面もあったし。

(ちなみにミスキックで柏の大チャンスになりかけた瞬間、

フランサがしゃがんで平然と靴紐結んでたのには爆笑した)

 

こんだけ酷いピッチなんだからボールも取りづらいだろうし、

無理にキャッチしにいく必要はないと思う。

そこまでリスク犯していくべきかどうか、もうちょい冷静に考え・・・

って、今考えれば日立台に立つのは初めてか。

しかもプレシーズンマッチだというのに超満員だし

ゴール裏柏サポのおちょくりも初体験だから

動揺してテンパったのかなあ。 まあこれもいい経験ということで。

 

ゴールキックが酷いのは

去年ノグチピントというとんでもないのを目の当たりにしたんで

ちょっとやそっとのことじゃあ驚かなくなったんだが・・・

 

 

阿部ちゃんはがむしゃらに頑張ってました。

ただ今季もスタメンではなく

ジョーカー的な扱いかと思うと複雑な心境。

やっぱり仕方がないことなのかなあ・・・

実際FWにチュンソンや北嶋やフランサやドゥンビアがいるとなれば

なかなかスタメンは厳しいよね。

わかってはいるんだけど。

 

 

去年4−1で完勝したヴェルディ戦で

巌が中盤の底からドリブルで攻め上がったのを見て、

一緒に観戦したレッズサポの人と

「おお、山根が!山根が攻めあがった!」 と驚いたのだが

この試合でもその場面が。

なんつーか俺の中で守備のイメージが強いから

その巌が攻撃に参加するとなると、

「柏が攻めに転じている」

「柏の攻撃リズムがでてきた」

という風な良い雰囲気を感じる。

 

 

今日は大谷にボールが集まり、

タッチ数も相当多かったのだが

なんかこうミスはないんだけど単調で・・・

フランサまでとは言わないけど

もうちょっと変化つけられないかなあ〜 と、もどかしい思いが。

多分、ジェフDFからすれば楽だったと思う。

実際前半は攻め込むシーンはあっても

池田や松本がおさえきって決定機まではほとんど作れなかったし。

 

 

 

印象に残ったのはこんなところかな。

とりあえずフランサがかなり期待できそう。

後、柏サポのフランサ好き度も相当なものが。

ちょっとした美しいプレーでも

フランサゴールコールするのには笑った。

あのたっぷりたらこの反復横飛びバージョンみたいなやつは見てて面白い。

不思議な踊りだけあってMPが吸い取られます。

 

 

後半柏が決定機作りまくったけど

まあPSMだし、主力欠けまくりだしね・・・

というか04年、レイソルが3−0で圧勝したと思ったら

リーグ戦で残留争いに突入するような

伝統も重みもあるちばぎんだしね。

 

そこまでチーム完成度がうんぬんっつー話でも。

こんな試合の結果だけでネガる必要全然なし。

PSMだよPSM!

(UP日 07年2月19日)

 

戻る