アウグストの球離れ

 

大分×大宮戦見てて驚いたんだが、

いやー、アウグスト球離れよくなったわ。

章太との美しいパス交換、

高松への見事なスルーなど、今までと比べ劇的によくなったな。

 

・・・ってよく考えると良くなったのは三木のゴールで先制してからだな。

それまで相変わらず持ちすぎ・コネ過ぎだったし。

先制してから余裕もできて、

あまり自分だけで局面打開しようとこだわらなくなったんだろうが・・

これを先制する前からやってほしいぜ。

 

と、思いつつ何気なく今日の快勝についてのニュース見たらこれ。

 

新加入の司令塔アウグストが徐々にチームに溶け込み、

この日は全3得点に絡んだ。

ドリブルが多いとの指摘もあった背番号10は

「だんだん他の選手が分かってきて、

シンプルにプレーできるようになった」と認める。

(ソースは共同通信)

 

ウホッ。

先制したからじゃなくて周りとの連携がよくなってきたせいか。

これは次節からは先制する前から期待・・・・できるのかな。

 

んで、大分サポの方から話聞いたところによると

「ボールを持ち過ぎないように」と、

この一週間、シャムスカ大佐がアウグストに言い続けたそうな。

一週間言い続けたというのは洗脳に近いと思うんだが、

開幕戦、二戦目のプレーを見てる限り

アウグストにはそのぐらい言わないと言う事聞かない気がするので、

言い続けた甲斐あったというべきですな。

(UP日 07年3月18日)

 

戻る