福西崇史というヤクザ

(元ジュビロ、現FC東京 MF)

 

東京は広島に惨敗したけど

福西と藤山とルーカスには採点6.5つけてあげたいくらい。

特に福西はやはり凄い。

凄いというか恐ろしい。

 

まず純粋に戦力として凄いのがある。

東京ダービーの練習試合でもよくわかったが、

こと本番になると若頭のポジショニングの良さ、位置取りのうまさが際立つ。

 

「このスペースに誰かいてほしい」

ってところにほぼ毎回若頭が顔を出してくれる。

中盤だけでなく、 相手ゴール前、自陣ゴール前でも出て来るのには恐れ入るわ。

寿人、ウェズレイの2人でカウンター発動されて

これはもうオワタ!と思った次の瞬間、猛然と戻ってピンチを凌いでくれたのは若頭だった。

 

そしてなにより本当に頼りになる。

例にだして悪いが伊野波だと、ものすご不安なわけだ。

見てても「ウェズレイに吹っ飛ばされやしないか、寿人にぶち抜かれたりしないか・・・」

などと全然安心できない。

福西の場合、大抵どうにかしてくれる。 そういう安心感がある。

どうにかならなくなっても、潰したり、自ら転んでどうにかする。

 

もう一つの凄さはもちろん、暗黒面の方ね。

東京が1点取ったときの流れは以下の通り。

 

 

石川が福西へきついパス

ミスパスなのでさすがに福西も取れず

そこへ猛然と広島の柏木プレスし、ボール奪取

次の瞬間、福西が柏木を削ってボールカット

相手がうずくまり、倒れた仲間を見て広島の選手が抗議しかける

その一瞬の隙を見逃さず前線へボールを送り、ルーカスが得点

 

 

どう見てもファールだと思うのだが

それがまた実にわかりにくいファール。

福西と柏木、同時に、そして偶然ぶつかったのごとく見えるから凄い。

穴沢主審も結構目の前で見ていたと思うのだが、角度が悪かったのかな・・。

 

あの激突の様子だと柏木は相当痛かったはず。

 

相手を潰したうえ、

あくまでも偶然ぽいタイミングで行い、

抗議させて相手側の集中を削ぎ、

スキをついて自軍の得点に導く。

 

という見事なワンプレー。

 

 

このゴールの直後、広島の選手はもちろん猛抗議。

センターサークルにボールが行ってからも穴沢主審に

何人か詰め寄って抗議し続け、騒然とした雰囲気になるほど。

 

穴沢主審はこの若頭のワンプレーまで

見事にこなし、いいジャッジで試合も荒れなかったんだが

このゴタゴタの後、広島の選手やそして東京の観客もナーバスになって結果的に荒れ気味に。

一人の選手がここまで雰囲気変える事ができるのか・・・と感心するばかり。

 

味方として見ると頼もしいことこのうえない。

この手の残虐ファイトが毎回通用するとは思わないんだが、

(だって以前レッズ戦、永井への顔面肘打ちが

福西には珍しく主審にバレてしまって一発退場になったし)

7,8割は大事にならず済みそうな予感。

これがベテランの味か。

 

 

逆の話で言えば、倒れこみ方も もの凄く上手い。

「これファールとってくれるのか!ラッキーだな」

と思うシーンが数回あった。

大した当たりじゃないのだが、

演技と実際の当たりを絶妙にブレンドして

まるで本当にきついファールを受けたかのような錯覚に陥らせる。

これは凄い。

(去年の静岡ダービー、福西がやったGK西部への顔面キックファールを

逆に西部のファールにさせてPK奪取したシーンなども似たようなもんだわな)

 

 

俺は相手がダーティーなプレーをしたときだけ

「こういう汚いプレーで勝って清々しいのか!?」

などと負け犬の遠吠え的なこと言う奴好きじゃないし、自分でも言いたかない。

アルパイの退場連発プレーだって師匠の演技プレーだってネタとして楽しむ人間なんだが

福西の残虐ファイトもこうして見ればいかに効果的かという事がよくわかる。

 

 

と、同時に東京にこなかったら彼の凄さ、

そしてこういった残虐プレーがどれだけ効果的か、

ということは 一生感じることができなかっただろうな。とも思う。

 

 

03年2ndstage、東京1−2磐田の試合。

(奇しくも磐田の決勝点は福西)

憂太がコーナー付近でボールキープしている最中、

福西が後ろから突き飛ばして憂太が倒れこんだシーンがあった。

あの時はなんでもない場面なのにこのあくどさ。

このプレー間近で見たときはマジでカッときて、

「福西死ね。氏ねじゃなくて死ね」 と口にだしかけた。

 

自分の応援するチームにこなかったら福西の凄さはわかりにくいだろうし、

ましてやネタ的に楽しむなんて絶対に不可能。

そういう意味では東京に来てくれたのは感謝しなければと思う。

 

純粋に、ツボをおさえたプレーで実に頼りになり、

戦力として欠かせないという側面と、

若頭の残虐プレーを理解できるようになったことと。

 

東京にこなかったら

福西の凄さを理解できる日なんか永遠にこなかっただろうからね〜。

他サポからすれば、「そんなもん理解したかねえよ」というだけだろうけど、

これは実際に味方として見ると考え方が変わる。

 

このあくまでも欺きながら相手を潰すずる賢さ。

単純にカードをもらう大久保やら森勇介などと格が違う。

若頭に感心するほかない。

東京に来るまでは福西の残虐プレーが

嫌いだった俺が言うんだから間違いない。

(つーかそんなもん誰でも嫌いだよな)

 

 

おそらく、若頭の凄さはこんなもんじゃなく、

さらに今後も東京サポを驚かせるような今回の上をゆくファイトが飛び出すと思われる。

同時に、磐田サポも

「この程度で驚いているようじゃまだまだ。

若頭はこんなレベルじゃない、

お 楽 し み は こ こ か ら だ !」

というような思いを持っているだろう。

 

僕自身、ヴェルディとの練習試合で驚いたばっかりなのに、

すぐ次の試合である開幕戦で、また若頭のプレーで驚くことになるとは思わんかった。

ヤクザのプレーは奥が深い。

 

 

あと感心したのは広島の選手。

こういった一連の流れで

「福西には近づくな」 的な意思統一ができていたのかわからんが、

象徴的だったのが寿人のプレスシーン。

 

若頭がボールキープしている最中、

後ろから寿人が駆け寄ってボールを奪いにきた。

しかし、それを察知したのか若頭はすっと後ろに手をかざした。

この手の動きで寿人は急に足を止め、

プレスをやめてしまって福西はフリーでキープし続けた。

 

このプレスをやめた寿人のプレーは実に賢明だと思う。

おそらく、あのまま激しく後ろから襲いにいったら

若頭の肘打ちを顔面に食らうはずだった。

あの福西のなんでもない動作一つは

そういう意味を含むものだった。

ちなみに俺もそうだし周りの観客も苦笑してた。

若頭から殺意の波動のようなものがうっすらと見えていたからね。

 

広島サポの人は

「なんで途中から福西に対するプレスがゆるくなったんだろう?」 とか、

「なんで福西はあんなにフリーでボールキープできてたんだ?」

などと疑問に思った人もいたと思う。

それは (あくまで自分の妄想だが)

福西にはヘタに関わらない方がいい。という思いからだったのではないかと思う。

 

 

どう見ても悪いのは福西。

でも、それにいちいち取り合ってたらしょうがないし文句ばっか言っても勝てるわけがない。

そこを理解したのか知らんが

「もう、福西に関わるのはよそう」

みたいな思惑を広島の選手達からなんとなく感じた。

そうやって割り切れたのは凄いな。と思った。

ついさっきまで猛抗議していただけに、余計に。

広島の選手達のように、「こいつにはヘタに関わらない、とりあわない」 というのが正解だ。

(これと同じようなことはストヤノフなど他の選手にも言えるわけだが)

 

 

グダグダと書いたけど、

要は味方にすると本当に頼もしいってことです。

そして、東京に移籍してきても何一つ変わってないということです。

(UP日 07年3月5日)

 

戻る