FC東京●0−1○エスパルス

 

 

試合前、清水サポの人と会って会話した時の一コマ。

 

 

「エスパルス調子いいっすね。開幕2連勝じゃないですか。」

 

「うーん・・・・でもね、まだまだって感じだよ。

 開幕戦は甲府で2節は名古屋でしょ。

 名古屋にしたってセレッソ戦に勝った名古屋とは

 別物のようなレベルだったしね。

 だからそこまで調子いいってわけでも・・・」

 

 

とかいいつつ、この試合に勝ち

ちゃっかりと開幕三連勝である。

 

ちゃっかりと言う表現を使ったが、

試合自体はエスパルスの完勝以外の何物でもない。

 

 

まず序盤エスパルスの攻めを見た時の印象が

「こやつら、サイドの使い方が凄くうまいな!」

ということ。

サイドの空いているスペースにうまーく走りこんで

相手陣地深くまで入り込む。

ボールの散らし方も見事で

兵働・藤本、山西・市川のサイド陣が

いいところに走りこみ、いい形でボールをもらって

クロスまでつなげている。

 

 

ちょっと話は変わるけど僕はチェ・テウクが好きだった。

左サイドでサクサクと心地よく切れ込んでいくドリブルは

見ていて気持ちが良かったし

あのゴール後の祈りのパフォーマンス、

ときおり見せるアルカイックスマイル、

絶妙な七三分け、

韓国人とは思えぬ温和なオーラ・・・などなど

どうでもいいところまでがポイント高くて好きだった。

05年終了時、退団が決定した時は非常に残念だったのだが

今の藤本、兵働を見ていると

テウク放出のダメージなんかほとんど感じない。

 

まだ加入して2年目の兵働はもうチームに欠かせないレギュラーとして定着、

藤本なんか新人なのに自分からどんどん仕掛けるし、

ポジションはサイドなのに時には中央で攻撃を組み立てたり・・・。

 

大量に得点が取れそうな気配というのはないけれど

今のエスパルスは

“●●頼り” などという ありがちな単調な攻めではなく、

よくボールが回せてて、前線にはボランチまでも飛び込んでくるように

FWの個人能力頼みではない いい攻撃の形が作れている。

 

 

この日決勝点を挙げたのはチョジェジン。

去年のエスパルスFW

ロスタイムに叩き込んだ神戸戦、

ホーム最終ゲーム・鹿島戦での2ゴールなどから

“大事なところで決めるのはマルキーニョス”

という印象が個人的に強かった。

しかし今年はチョジェジンが大事なところで点をとって

チームの連勝に貢献している。

これで三戦連発。開幕から3試合3得点である。

ワールドカップを控えているため気持ちがノッているのかはわからないが、

見事な数字。

 

 

そして今のエスパルスはとにかく守備が固い!

フォーメーションは442

攻撃時は兵働、藤本が攻めあがるけれども

受け身の時はDFMFFWがそれぞれ横一列に並んでフラットなタイプとなる。

 

キッチリと形成される3ライン。

この3ライン、隙がない。

正直、パスの出し所が見つからない。

 

この日、東京の攻めが単調だった

もっと悪く言えばダラダラしててタル過ぎる攻めだったのもあるけれど

エスパルスの形成する3ラインは

「どこに出せばいいんだよ!」

と言いたくなるほど完成されてた。

 

仕方ないからジャーンと茂庭が後ろでつないでいたけれど

客席からは

「後ろで回したってしょうがないだろ!攻めろよ!」

と大ブーイング。

 

 

おまけに運動量がやたら豊富。

守備時はゴール前にビッシリと人数揃ってるくせに、

攻撃時は皆一斉に全速力で攻めあがってくる。

この運動量の豊富さは06年オフのキャンプにあるという。

 

06年の開幕を迎えるにあたってトレーニングを積んだキャンプでは

 疲労がピークの状態で試合をガンガン組ませたために

 肉体的にキツイ状況で戦えるタフさを身につけた・・・・」

とメディアで書かれていたが、確かにタフだ。

 

 

一番最初に書いた

清水サポの人との会話の続きなんだけれども、

 

「今年、こんないいスタート切れると思ってましたか?」

と聞いたら

 

「いやいや!全然。」

「ホント、全然だよな。オフの練習試合でも結果でてなかったし。」

 

と答えられたのである。

実際J2チームにも普通に負けていただけに

下馬評は高くなかった。

「タフさ身につけさせるのが一番の狙いなので

 キャンプ中に結果でないことは不安要素ではない」

なんて割り切って考えてた人はどの程度いたのだろうか?

さすがに開幕3連勝なんて誰も予測しないって。

しかし、見事に開幕3連勝という結果だした。

大したもんである。

 

 

 

それにしてもこの、「どこに出せばいいんだよ!」

と嘆くたくなるほど完成された3ライン、どっかで見た記憶が・・・・?

 

あ、思い出した。

05年大宮アルディージャだ。

 

 

 

厳密には4−1−4−1だったのだが

05年のホーム・ジェフ戦で見せたアルディージャのビッチリと隙のない3ライン。

あの試合、対戦相手のジェフは

「おいおい、なんだよこの大宮の3ライン。

パスの出し所がどこにもないじゃんかよ・・・」

と攻めあぐね、ほとんど決定機もなくかなり苦しんだ。

 

この時のアルディージャと

今のエスパルスで違うのは、

前線に決定力のあるFWがいるかいないか。

 

 

 

あの時のアルディージャは前線の山下、横山の二人が決定機を外しまくった末

セットプレーから佐藤勇人にやられて01の敗戦を喫した。

今のエスパルスは逆にセットプレーでチョジェジンがキッチリと決めて10の勝利。

チョジェジンの好調は非常に心強い。

 

 

今のエスパルスを相手にした時、点取るのは大変だ。

超・速攻ならまだしも

ゆったりと組み立てて崩しきるなんてのはかなり厳しい。

東京にはゆったりとした異次元変態プレイヤー・梶山がいるけれども

この試合では良いところが全く出せず。

 

前を向くとすぐさまエスパルスの網にかかってしまい、

嫌な位置でボール奪われ、逆にカウンターくらうという

エスパルスにとっては大変ありがたいプレイヤーになる始末だ。

 

 

じゃあロングボール放り込むか、といったらコレがダメ。

なんたってエスパルスのセンターバックは

青山・高木和の長身コンビだ。

空中戦でなかなか競り勝てず、こぼれ球もすぐ拾われてしまう。

そもそもこのロングボール放り込むという攻め方自体

退屈そのものと酷評されやすい崩し方なので、

東京サポはさぞかしフラストレーションが溜まったと思う。

 

というか、東京サポはあまりに呆れたらしく

試合終了後、応援弾幕を恐ろしい速さで撤収していた。

やっぱり相当ストレス溜まったのだろう。

 

 

まだまだ守備でぽろっとした凡ミスや

ヒヤッとする危ない場面などを時折見せるため

完璧とは言いがたいが

 

・ロングボールは跳ね返される

・驚異的な運動量でこぼれ球はすぐに拾われる

・キッチリした3ラインが形成され、ゆったりとしたパス回させてもらえない

 

などなど、

今のエスパルスの守備はかなりしっかりしている。

なんたってここまで2-0、2-0、1-0と3連勝に加え

3試合連続無失点というおまけつきである。

そろそろ失点しそうではあるが、実に立派な成績だ。

 

 

ガンバ、マリノス、レッズなどの攻撃陣にぶつかった時は

どんな結果になるのだろう?

非常に楽しみである。

(UP日 06年3月19日)

戻る