レイソル○1−0●愛媛FC

 

試合内容は特筆すべきものでもなかったのでつらつらと箇条書きで。

 

 

・大学からそのまま向かったのだが時間ギリギリ。

バス待たないでレイソルロードを猛ダッシュしたらめっさ疲れた。

あと、平日ということもあって常磐線がやたら混んでた。

結局間に合わずキックオフから5分ぐらいして日立柏に到着。

 

 

・愛媛FCは初観戦。

選手見ると、森脇・高萩・田中俊也・田村祐基などなど

サンフレッチェからきた若い選手がゴロゴロ。

まるでレイソルvs広島ユースの試合見ているようだ。

(田中俊也は広島ユース出身じゃないけど)

森脇はこないだ決勝点あげてたので

攻め上がりどんなもんかなと思ったけど特段目立つ攻撃参加はなし。

田村は途中から登場。

長身ながらボールタッチが上手く、大きな動きながらDFを抜き去ってた。

 

 

・高萩かなり目立つ。

もともと長身の上、ピシッと背筋伸ばしがちな構えのせいか独特の存在感を示す。

あ、高萩だなと一目でわかった。

センスあるな〜と思わせる見事なパスを出すも、まだまだ雑なパスが結構多い。

ただ、当たりはそんなに弱くなかった。

 

 

・もんのすごくちっちゃい選手いたので、

「おっ!こいつが開幕戦で決めた猿田か」

と思ったら濱岡だった。

(濱岡165センチ。猿田はさらに低く162センチである。)

 

 

・両チームとも4−4−2かなと思いきや、

レイソルは最初4−3−3で挑んできた。

愛媛も後半から4−3−3に。

 

 

・スタンド入って

「ん?なんだあの変な髪形の選手」

と思って凝視すると・・・・背番号10。

 

フランサ スタメンきたああああああ!

 

前節のヴェルディ戦で活躍したとはいえ、

まだまだベンチスタート、勝負どころでジョーカーとして出場かと思っていただけにビックリ。

しかし、さしたる見せ場作れずあえなくハーフタイムに交代。

 

相変わらずもっさりした動きだったんだけど、

今まで僕が生観戦した際に見た

05年1−2ジェフ@千葉ダービー

05年2−6甲府@入れ替え戦

2試合で登場したフランサに比べればずっとマシだった。

 

 

・ピッチが濡れてるせいか、レベル低いせいか、中二日で疲れてるのかはわからんが

両チームともパスが凄く雑。特に愛媛。

“クリアじゃなく、誰もいないところへ闇雲に蹴りとばす”

なんてのはJで久々に見たよ。

 

 

・トラップもやたら大きく、(これは滑るピッチのせいだろう)

そのせいで中々両チームともシュートまでいけない。

「シュート!シュート!」

と柏ゴール裏からコールがとぶ。

ハーフタイムのノブリン・石崎監督のコメントもまさにその通り。

「シュートが少なすぎる。人まかせでなく、自分でどんどん打っていこう。」

 

・レイソル、宇野沢や鈴木達也、鈴木将太といった若い選手を起用するも

ほとんど見せ場作れず。

特に宇野沢はもう今年で5年目。

なのでもうちょっとやれるかと思ったが結局なんもできず。

 

・ディエゴ、しっかりしてる。

この悪いピッチ状態の中、よくボールを落ち着かせていた。

ムダなドリブルやムダなキープなどもせず、いかにもノブリンが気に入りそうな選手。

それでいてパスも正確、ポジショニングも完璧。

 

 

愛媛ゴール裏見ると、

なんと選手一人一人の全身像イラスト弾幕が!!!

 

このイラスト、誰が書いたかすぐわかる。

もちろん漫画家の能田達規氏。

 

全選手+監督 31人分のイラスト、

全部書いた能田達規先生 SUGEEEEEEEEEE!!!

 

 

 

・しかし、愛媛FC結構強い。

ところどころ、「うわ、なんだよこのパス」みたいなミスはあるんだけど、

4−3−3のシステムが結構機能してて、

“高い位置でボールカット → 速攻 → ゴール前まで持ち込んでシュート”

という流れがしっかりできている。

前線の3選手はかなり早く、もうちょっと個人個人のボールタッチと

選手同士の連携が成長すればより良い攻撃の形になるはず。

 

試合中

「これ、この高速カウンターがいずれ炸裂して愛媛勝つんじゃないかな?」

とまで思ったほど。

内容的にいえばレイソルより愛媛の方が良かった。

J昇格一年目ながらここまで33敗という好成績残しているのも伊達じゃない。

ザスパみたいに初年度は苦労するんじゃないかな〜と思ったけど

内容もそこそこいいし、成績もJ一年目という事を考えればかなりいい成績だししっかりしてるな。

 

 

・しかし大方の予想通り結局はレイソルの勝利。

決勝点は谷澤が相手DFをドリブルでぶっちぎってクロス、

これにディエゴ・ソウザがダイビングヘッド気味に合わせてゴール。

 

やっぱり個人の能力的にレイソル飛びぬけてる。

だいたいつい数年前までレバークーゼンにいて、

レアル・マドリード相手にCLでゴール決めてたFWがスタメン、

それに代わって投入されるFWが北嶋・・・・って反則だろ!

いや、別に反則でもなんでもないんだけど。

谷澤のドリブル突破も見事だった。

あれ止めるのはJ2DFだときついんじゃないかなー。

 

 

・内容こそよくなかったが、

レイソルはこれで実に6勝1分という非の打ち所のない成績に。

こういう内容でもキッチリ勝ち点3取れるってのは大きい。

まだ昇格うんぬん言うのは早いけど良いスタートきってるのは間違いない。

 

 

・雨・極寒・平日開催と悪条件3拍子揃ったためか観客は4464人。

まぁこんなもんかな。

 

 

・あと、寒い!

試合開始直前まで雨が降っていたためか4月だというのに極寒だった。

これで雨降り続けていたらと思うと恐ろしい。

ウチの大学でただいま新入生歓迎会と称して各サークルが花見やりまくってるのだが

こんなコンディションの中、花見やったら死ねる。

悪いことは言わん。

若者よ、花見やめて屋内で不純異性交遊に励みなさい。

あまりに寒いから座ったままだと体冷え切って風邪ひきそうだと思い

立ったり座ったり、ウロチョロしたりなど変なアクションをしながら観戦してた。

 

(UP日 06年4月5日)

戻る