フロンターレ△2−2△FC東京

 

 

面白かった!

前節、エスパルスにホームなのにも関わらず0-1の完敗を喫し、

こりゃ今年もやばそうだわと一気にテンションが下がったのだが

この試合で結構またテンション上がってきた。

 

フロンターレは前節ヴァンフォーレに0-1で負けたものの

それまではアルビに6-0、サンガに7-2と驚異的な得点力を見せつけてきた。

かたや、守備はまぁいいものの得点の気配がほとんど見られない今の東京。

 

 

これは先制点とられたらアウトだな。

 

そんな事を思っていたら前半39分、セットプレーで谷口に決められる。

ちょうどその直前に岡田主審への異議かなんかでジャーンがイエローもらってしまい、

全体的に集中しきれてないままやられたので雰囲気が非常に悪くなる。

だいたい、谷口へのマークが甘かった。

 

この先制点の後もほとんど得点の気配がしない東京。

前節のエスパルス戦からの変更は3ヶ所。

・ケガのため梶山に変えてボランチに宮沢。

・ルーカスをFWへとあげてトップ下に憂太。

・そしてササを外してリチェーリをスタメンに。

 

憂太が面白いパスを見せるも、

リチェーリが相手のミスをついて単独での突破から決定機つくるも、

チーム全体の動きが非常に重い。

重いというか閉塞感がある。

 

エスパルスほどガチガチではないにせよ、

フロンターレの固い守備に対していい崩し方ができない。

むしろ、パスの出し所が全然見つからない。

サイドへ流しても止むに止まれず出しているだけなので全然効果的じゃないし、

仕方ないからあの単調なロングボール放り込みも見せる始末。

 

憂太、宮沢が入っても悪い流れ変えられないか。

うーんこれは厳しい・・・・。

前半43分、リチェーリがケガをしてしまい担架で運ばれ、そのまま信男さんに交代。

後半13分に憂太に変えて栗澤投入。

 

 

すると、ここからチームが劇的に変わる。

 

あれほど詰まってた攻めが一気によくなり

まず後半18分、フリーキックからジャーンが決めて同点。

そして後半29分、信男さんが決めて逆転!

 

栗澤が非常によく動き回って、信男さんがいい所に流れてチーム全体が活性化。

後半の攻めはここ2試合では見られない、本当に見違えるほど良いもの。

前へ前へとボールが送り込まれ、サイドからチャンスをつくり、

クロスバー直撃のシュート2本、オフサイドで無効になったゴール2つ。

 

 

特に川口信男が素晴らしかった。

右サイドから非常に合わせやすい、優しい柔らかなクロスを供給。

DFとキーパーの間、という一番敵にとって嫌なボールを送り込む。

最後に合わせるルーカス師匠さえ決めてくれたらもう1,2点入っててもおかしくないほど。

(ルーカスが最後に得点あげたのは05年9月10日23節のことである)

 

 

また、本当にいいところへ流れるので徳永や今野、栗澤らがパスを出しやすい。

おまけに右サイドにはり付くのではなく左サイドや中央へ流れる。

事実、逆転ゴールとなった74分のゴールも中央でボールを受けたものだ。

 

このゴールがまた見事。

ボール受けてDFを見事にかわし、

そしてキーパーまでも見事にかわしてゴールへ流し込んだ。

こんなゴール、今までの東京の試合で見たことねーよ!

 

 

 

こんな大チャンスになったら焦って潰してしまうか、

DF、キーパーかわしても最後は無人のゴールへ宇宙開発よろしく枠外シュートで

愛と笑いに溢れたいい人東京っぷりを見せていたものなのに。

さすが信男さんだ。

こうゆう大事なところでは東京っぽくなくて実に頼りになる。

美しすぎて友達と抱き合って絶叫。

98年ナビスコカップ決勝、ジェフ●0-4○ジュビロ戦で見せたあのゴールに似てた。

 

 

この見事な逆転劇で正直勝ったと思った。

その後もいいチャンス作ってた。

したらだ、

 

(友達との会話)

 

「あれ、なんかアップしてるぞ。」

「誰だ?」

「んーと・・・・  !!! おい!増嶋だよ! 土曽山鳥!

「ま、マジかよ!まっすぅか!守備固めかよ!」

「・・・大丈夫かな。」

「むしろ、これで追いつかれたりしたらまた増嶋叩かれるぞ。」

「誰と交代?」

「えーと・・・16・・・宮沢だ。」

「宮沢に代えて増嶋!?それじゃあここで3バック変更?」

いやむしろ5バックだろ。」

「3バックっつーか、5バックなんてやったことなくね?」

「大丈夫かな・・・。」

 

 

そんな風に不安になりつつも、

(増嶋!頼む!あと6分おさえきってくれ!)

と、必死に頼み込む。

 

 

したらだ、

 

投入されて10秒後、

 

東京5バックをドババババババババッと

フロンターレが崩しきって

 

同点ゴ―――――ル

 

 

 

 

 

僕 「おい!」

友 「おいおい!」

僕 「おいおいおい!」

 

(ウワァァァァァ・・・・・!と盛り上がるフロンタサポ)

 

僕&友 「ねーよ!!!」

 

 

 

こんなとてつもなく悲惨な交代劇初めて見た。

 

マークがズレズレでいいようにつながれまくって、

最後はボランチの中村憲剛の同点ゴールだ。

完璧に崩されてしまい、再三止めてきた土肥でもこれは無理。

 

これはない。

これは萎える。

 

何が萎えるって・・・・いや、説明不要。

守備固めするのはわかるが、この一番危険な時間に増嶋はないだろ。

宮沢アウト、文丈インだろ。

 

わざわざここで突如システム変えて5バックやるか?

百歩譲って5バックやるにしても、

ここは経験豊富な藤山投入だろ。

 

てゆうか、これは増嶋も可哀相。

いきなり5バック変更された中投入されるのは酷すぎる。

それにこの悲惨な結末。

また増嶋が色々引きずって精神的に追い詰められ、ドンドン悪化しかねんぞ。

確かに増嶋のせいといえばそうなんだが、

これはガーロ監督の采配がおかしい。

ド素人の僕が言った所で

「はいはい素人さんは勝手に言っててくださいね」

ってところだろうけど、これはまずいよ。

 

 

というわけで掴み掛けた勝ち点3を逃し、

ドローという結果に終わった。

ラストの幕切れがあまりにも口惜しいので

ガックリ来た人や怒りを覚えた人も多いと思う。

僕も、

 

「あれはねーよな」

「勝てたゲームだったな」

「後一歩だったのにな」

「わけわかんねーことやっちゃダメだよな」

「栗澤投入、信男投入は良かったのに最後やっちまったな」

ガーロ何考えてんのか ワカンネ

 

と、友達と色々愚痴いいつつ帰った。

 

 

しかし、試合自体は面白かったし

内容的にもそこまで悲観するものではない。

いやむしろ次につながる内容だったと思う。

 

 

以下、感じたことまとめ

 

 

 

土肥は相変わらず ネ申

もうね、最高。この一言に尽きる。素晴らしい。

 

 

やはり宮沢いるとセットプレーでの期待感が段違い。

憂太、梶山とは格が違う。

今日もフリーキックで1アシスト。

守備でも破綻の原因とはなっていなかったし、

おそらくこのままスタメンだと思う。

 

 

・点はとれないけれど、やっぱりルーカスがトップにいるといい流れができる。

 

・信男は本当にいい補強だった。ジュビロに感謝感激。

しかし、途中交代でここまでいい働きされると阿部ちゃんの出番がない。

 

 

・徳永はここ数試合よろしくない。

相手を一回も抜ききれず。フェイント入れてるけど相手は全然引っかからない。

というかそもそも 「ここでドリブルかよ?」 って場面が凄く多い。

海外からのスカウトにアピールしたいのかはわからんが、状況判断非常に悪し。

 

もっとシンプルにクロスを。

あと、クロスの精度も低い。

信男さんと雲泥の差。

 

サイドバックがいいボールあげられなかったらササやルーカスも点あげることできないので

本当に精度上げてもらわないと得点力不足が続きかねない。

守備の方も今日も森にぶち抜かれてクロスあげられたりなどなど

決して安定してたとは言えないので危険。

自分でもわかってると思うけど海外行くの100億年はえーよ。

 

 

・前半はチーム全体が良くなったが憂太は可能性感じさせる面白いラストパス連発。

ただ、ルーカス・リチェーリと意思疎通がまだできてないのか

決定的な場面にはつながらなかった。

 

・ジャーンのゴールを久々に見れたのは個人的に凄くポイント高し。

 

 

・相変わらず森は森。

ただ、左サイドからチャンス演出してたのも事実なので

関塚監督が使うのも頷ける。

 

 

・マルコンが出場停止のため井川が右サイドスタメン出場。

僕がこの位置の井川を見たのは04年ガンバ○1-0●サンフレッチェ戦以来。

積極的に攻めあがる森とのバランスをとってたためか、攻め上がりは控えめ。

 

 

・開幕のアルビ戦での強烈な動きが印象に残ってたので

谷口に期待してたのだが、この日は思ったより印象示さなかった。

もっととんでもなく動き回って削り倒すかと思ったのに。

前半3分にイエローもらったせいであまり強く当たれなかったのだろうか。

 

 

・この日、主審は岡田。とにかくカード乱発。

見てて、「これは出さなくてもいいだろ〜」というケースでもカード。

「これは流してもいいだろ〜」というケースでもカード。

今年から「ドンドン流していきましょう」って雰囲気なのになんも変わっとらん。

東京サポもフロンタサポ怒るぞこれ。

退場者でなかったのだけは幸い。

 

 

・2点取られたマイナス面より、2点取れたことの方を評価したいゲーム。

後半の攻めは今後の可能性感じさせるもので、面白かった。

エスパルス戦の後は 「当分、得点不足に泣き続けるだろうな。」

と悲観してただけに今日は嬉しい結果。

土曜に試合あって、火曜試合と全然時間なかったのに

よくここまで立て直したもんだ。

 

 

・ただ、ヒロミ時代の

“高い位置で奪って、ガンガン高速カウンター。そしてピョンピョン”

って戦い方の方が、今のガーロ政権・ゆったりしたポゼッションサッカーより

数段見てて面白かったし、ノリノリだったし、得点の臭いがしたのは事実。

うーん、過去にとらわれててもしょうがないけどさ。

 

 

まあ、色々マイナス面もあったけど無理やりポジティブに考えて終わろう。

いいよ!勝ち点1とれただけでも!

(UP日 06年3月21日)

戻る