菊地直哉、新潟へレンタル移籍

 

 

DF大井健太郎、MF成岡翔、そして菊地直哉。

この3人は高校卒業後、03年にジュビロに入団。

3人とも前評判は非常に高く、

「将来性のあるすげえ奴が、まとめてジュビロいっちゃったよ」

と、他のチームから羨ましがられていた。

 

 

中でも菊地の評判は特に高く、

清水商業高校卒業後、Jクラブではなく

いきなりオランダ・フェイエノールトへ入団するのではと囁かれていたほどだ。

メディアの注目も高く、元々ユース年代から評判高かったために

「高校からいきなり世界へ」

といううたい文句が雑誌に掲載されていたほど。

かなり報道されていたので、

この当時私も本当にフェイエ入団するんじゃないかと思った。

 

 

当時監督だった柳下ことヤンツーさんも、

「福西や奥が入団してきた時に比べて、

 この3人は遥かに能力が高い」

と絶賛するほどだった。

 

 

02年、ジュビロが無敵の強さ誇って完全優勝を達成した直後だっただけに、

 

「こんな凄え新人が入ったら

 ジュビロの鬼強さにさらに拍車かかるやんけ・・・・・・」

 

と、正直まいったなこりゃという感じを受けていた。

 

結局、菊地はフェイエノールト入団はせず、

サンガかジュビロかどっちか入団ということに。

このときも、

「リーグ戦面白くするためにもサンガに入団してくんね〜かな〜」

と、密かに思っていた。

 

 

 

そこまで期待されていて、実際に私も期待していた3人だった。

 

が、

やはり現実はそうあまくない。

大井も、成岡も、菊地も入団して3年目になるが

いまだレギュラーはとれていない。

 

普通の高卒選手ならば3年目でレギュラーとれてないのが

期待はずれというのは酷な話しだ。

しかし、この3人にはかなり期待がかかっていたために

期待外れと考える人が多いのだろう。

以前にもジュビサポの読者さんからこんなメールがきた。

 

 

「ジュビロの菊地ですが、

 何年か前には彼はもっとも世界に近い高校生だったはず。

 けど今はDHではほとんど使われずDFでの起用が多いありさま。。。。」

 

そうだよなぁ。あれだけ期待されていたのに。

こうボヤく気持ちはわかる。

 

菊地だけではない。

大井はDFということもあるし、前々から

「まだまだ体を作っていかなければ」

と監督から言われていたのもあるだけに、出場機会がほとんどない状況。

04年ACL第5節、全北現代戦で見たぐらい。

このままではコンサに行きかねん。

 

 

成岡は今年に入ってスタメン出場も増え始めてきて、結果も残し始めてきた。

(それだけに途中ケガで離脱したのは残念だったが)

だが、彼も本来ならばもっと前からバリバリのレギュラーで・・・・・(以下略

という理想論言いたくなる人もいるだろうが、

成岡に関してはまぁいいんでねーのって印象。

 

 

そして、菊地だ。

アルビにレンタル移籍とは・・・・・。

前述の通り入団前から凄く期待されていたし、

アテネオリンピックに出場し、大久保のゴールアシストした選手。

いくら伸び悩んでいるとはいえ、獲得できるとはアルビフロントもうまいことやるな。

 

半年のレンタルで試合にもでて、成長することができ、

ジュビロへ復帰してスタメンとる・・・という流れなら万々歳だろう。

 

菊地のインタビューを見ると、すぐにジュビロへ帰ると明言。

山本監督は 「成長して来シーズンに戻れば、大きな戦力になる」

と話すが果たしてそう上手くいくのか?

という疑問の方が強いのだが。

 

 

まず反町監督のもと、わずか半年の間に

バリバリスタメンで活躍するのは難しそうという印象。

(オゼアスという凄い男もいたが)

そしてなにより、今までジュビロからレンタルで放出され、

契約終了後にジュビロへ戻ってきたという選手がほとんど記憶にない。

基本的にそのまま向こうへ完全移籍という流ればかりのような気が。

 

 

と、いうわけでジュビロの目論見通りに行くのか、という視点から見ると

この移籍に関しては結構懐疑的である。

(UP日 05年 8月6日)

戻る