アルディージャ○3−1●トリニータ

(UP日 05年 5月 3日)

 

 

初めて大宮公園サッカー場行ってきました。

こじんまりとしてて、サッカー専用で実にいいスタジアムだった。

ここは後ほど個別に詳しく書こうと思う。

 

 

さて、前節アルディージャはマリノスに勝利し、

トリニータはヴィッセルに勝利しててそこまで調子は悪くない同士の一戦。

しかし、試合通してはアルディージャの完勝。

 

 

前半2分に梅田の美しいゴールが決まるも、

あまりに早い時間帯だったためか全く慌てる様子もなく、

まだ0−0のような試合展開が続き、

あっさりと34分、クリスティアンが決めて同点に。

 

 

実はこのとき、アルディージャの選手がハンドくさいプレーがあって

吉田をはじめとしてトリニータの選手が「ハンド!」

と、主審にアピールして一瞬だけエアポケットのようなものができていた。

その隙を逃さずスペースに走りこんだクリスティアンに

絶妙のパスが通って楽々と同点弾が入る。

 

 

結果としてミスをついたような感じではあるが、

試合見ててこれはもう必然。

いつかは同点になるだろうなという流れだったので

ミスがらみといえどそこまで驚かず。

その後もセットプレーから再びクリスティアン。

カウンターから西村。

3−1の完勝をあげる。

 

 

トリニータの選手、全体的にミスが多い。

しっかりしていたのは阿部ちゃんと原田とマグノぐらいだ。

マグノは相変わらず味方のパスセンスのひどさに嘆き、

「どこに出してんだ コラ!」と怒鳴る場面も多々。

味方のふがいなさにガックリするマグノをこれまで何度見たことだろう。

 

 

原田は実によかった。

昨年、左サイドバックなどでなかなかよかった印象があるが、

この日は中盤の底から味方の足にピタっとおさまる

美しいパスをフリの早い左足から次々に供給。

また、サイドチェンジも盛んにやっていて、全体が見えてるなーと感心しきり。

チームメイトも信頼してるのか原田にボールが集まる。

 

 

 

 

一方、アルディージャのボランチ、西村はひどかった。

 

つまらないミスを連発していたことや、

無謀なキープで敵のチャンスをつくったのもあるが、

なによりボールを受けて全く前を向けていない。

 

 

「そこで前向いて前線にパスだせよ!」

という場面でもセーフティーを優先したのか、

もしくはビルドアップができずに後ろに下げることしかできないのか、

とにかく後ろにボールを戻しすぎる。

もし西村がしっかり前方へパスを回していたのならば

もっとアルディージャのチャンスは増えていただろう。

 

 

もちろん、勝負を決めた3点目は

長いドリブル、そして絶妙のフェイントから生まれた

スーパーなゴールだったが、

個人的にこの試合での採点は及第点以下の5.5。

完勝したチームの選手なのに普通ありえない数字だが

私はこの日の西村のプレーは平均以下だと思う。

 

 

 

で、エルゴラッソ読んでみたら

 

んと西村が

マン・オブ・ザ・マッチで7.5がついている。

 

私の目が節穴ということが全世界に露呈された瞬間。

とはいえ私が見た限り、全然良くなかった。

 

 

 

あと気になった選手を以下列挙。

 

 

上本メチャクチャ線細い。

 こんなんでDFとしてやってけるんだろうか・・・・・・。

 クリスティアンと競り合ってぶっ倒れた時、

 この子DFに向いてなさそうなんて思ったほど。

 

 

「TUTO GOAL」

 というセンスある弾幕あるにも関わらず、

 この日トゥットは欠場。残念。

 

 

・アルディージャゴール裏から繰り出される

 元ネタ忌野清志郎の応援歌が頭にこびりついた。

 

 

・ドドがまさかの欠場でFWはマグノと阿部ちゃん。

 うおーついにFWでスタメン出場・・・・と思ったら

 2トップの一角には吉田が入り、

 阿部ちゃんは右サイドハーフでした。

 しかし、4バックにしたおかげで守備の負担も軽減されたせいか

 結構ガンガンいってた。

 

 

・藤本はやはりアルディージャに欠かせない。

 原田もよく回り見えてるが藤本も相当なもの。

 そしてプレースキックの精度高し。

 そしてサポーターからの声援も多い。

 愛されてるなぁ。

 

 

 

あと感じたのはアルディージャはとにかく

安定した90分だったということ。

 

慌てふためくような空気は微塵もなかったし、

自分達のペースのまま同点し、逆転し、ダメ押しして気持ちよく勝った。

03年J2で6連敗を二度もやってしまったチームとはまるで別物。

今年、3連敗を一度やったが全くブれるという印象を受けない。

こんな試合見せられるとJ1残留はそこまで難しくないだろうと思うし、

たとえ残留争いに巻き込まれたとしても

自分達のサッカーを忘れ崩壊するようなことはないだろうなと思った。

 

 

 

そうそう、この試合中盤のキモである

ディビッドソン 純マーカスが不在だった。

にも、かかわらずこの戦いぶり・・・・・。

 

戻る