マリノス△1−1△浦項スティーラーズ

(05年 A3 第一戦)

 

 

A3、今年は韓国ホームでの開催で

Jリーグから出場は横浜F・マリノス。

 

 

初戦の相手はKリーグ2位の浦項スティーラーズ。(ポハン)

なんでも、PK戦の末に優勝を逃したそうで。

いきなり初戦からヤバげな相手ですな。

マリサポがTVに映し出される。やはり、結構遠征してるな。

というか、マリサポの声援の方がよく聞こえるのはどうゆうわけだ。

カメラアップでますたろう氏が映っていた。

うわあ韓国でもニット帽かぶってる。頑張ってるな。

 

 

スタジアム以外に埋まっている。

前年の中国ホーム開催の時は

馬鹿でかいスタジアムの割りに観客超少ないというイメージだったので

浦項ホームといえど、大したもんだなぁと感心してたら、

韓国の家庭ではお年玉にこのA3のチケットをあげたという

サッカーに興味ない子供からすれば絶望ものの裏話がとびだす。

 

 

 

で、開始早々清水が相手ゴール付近でパスカット。

猛然と攻め立て、ゴール左スミへ突き刺す素晴らしい先制弾。

 

ちょっと待て。

 

なんだこの決定力。

 

こんなの清水じゃない。

 

と、ビックリしながらも最高の立ち上がりに一人絶叫。

 

 

 

思えば、去年は・・・・・

と思ったらアナが何度も

『去年は3−0で初戦負けましたからね、3−0で!』

としつこく繰り返してくる。

そう、去年は

最初ユキヒコが右サイドから絶妙クロス

久保、超絶胸トラップおとし

安貞垣先制弾・・・・・と思ったらオフサイドだったっけ。

今年はいいスタートだなぁ。

 

 

しかし、相変わらず激しい試合だ。

 

Jだったら間違いなくイエローもののファールでも流したり、ただのファールで済んでいる。

坂田もハユマもいい具合に相手を削ってる。

 

中西も完全にイエローものの、

アフタータックル足削りという極悪ファールをやっている。

 

河合もドゥトラもJだったら間違いなく退場になっているのだが、

審判ほとんどカードださないので救われる。

こうゆうちょっとやそっとのファールは流しまくりの審判って好きなんだが、

これに慣れてJで試合やったらマリノス毎試合退場者でるよな・・・・。

 

かと思うと、ドゥトラに肘鉄くらわせた選手にもカードださないし、

ドゥトラなんもしてないのにゴール前でフリーキックとられるなど

岡田監督も思わず笑って抗議するシーンなど。

 

で、こうゆう削りあいになると、危険なのはあの男。

 

 

栗原・・・・・・。

 

見るとやっぱりダ・シルバをガチガチにマークし、削ってて笑った。

この状況だと輝くわな。

実際、切れたり悪質なファールは全然やってなくて

非常に冴えてました。

解説のキーちゃんも栗原を絶賛。

 

 

そんな激しい鬼プレス&削りあいという

熱いゲームだが、主導権は浦項。

アナが「浦項が7割おしています!」

と言ってたが確かにかなり相手ペース。

マリノスは嫌なところでフリーキックとられたりしててヒヤヒヤする。

 

 

浦項では10番タバレスが目立つ。

クネクネしてて軟体動物のようだ。

Kリーグベストイレブンだそうでダ・シルバやサントスに比べ圧倒的に目立つ。

 

 

前半1−0のままで逃げ切るため

マリノスはゆったりと時間を使うのだが、

ロスタイム奥が不用意なトラップミスによりカットされ、

1vs2の大ピンチに。

 

しかしここで河合が絶妙なポジショニングにより

ダ・シルバにシュートをうたせて事なきをえる。

(ここでも北澤氏絶賛。しかし河合じゃなくて栗原と間違えていたが)

 

 

それにしてもこのアナウンサーどうにかならんのか。

 

試合中、バレンタインデーの話し始めて

バレンタインは日本から韓国に伝来しましたとか、

一番チョコをもらうのはこの選手でないかと言われてますとか、

ほんっっっっとどうでもいい話をする。

キーちゃんも 「ハァ・・・・・」 と適当に返事。

 

 

まぁ、それはまだいいのだが、

浦項のチャンス時に

韓国語でわめくのは勘弁していただけないでしょうか。

 

 

朝鮮放送聞いてるんじゃないんだから、

頼むから 

「ドンチャンゴールスムニダ!」

「モッチンゴールスムニダー!」

とか叫ぶのは止めてくれ。

 

 

絶対この人について大騒ぎになるんじゃないかと思ったら、

案の定大騒ぎになってて笑った。

藤井貴彦アナについて

 

「浦項のゴールに喜びすぎ」

「この面白アナのおかげで試合も三割増し」

「朝鮮語ペラペラしゃべんな」

 

などと各地で大人気のご様子。

 

 

「元々注目度の低い大会を、韓国語まで勉強し、

 実況技術でここまで注目集めまくってんだから

 大した手腕と言わねばならない。」

 

 

などと皮肉こめて絶賛する奴まで出る始末。

 

 

 

で、試合に戻ると後半フリーキックから

サントスがヘッド突き刺し1−1の同点に。

前半のミスを帳消しにしてきた。

 

で、その後畳み掛けるような猛攻撃をしかけてくる。

カウンターでタバレスからダ・シルバのヘッドというシーンがあったのだが、

恐ろしいのは前線に浦項の選手3人残っていたこと。

どんだけ運動量豊富なんだよアンタら。

 

ナム・イクキョンのシュートを紙一重で榎本がスーパーセーブ。

もうほぼ入ってた。怖すぎ。

 

で、マリノスのチャンスシーンで思い出されるのは

清水がえらく頑張って走り倒していたことと、

山崎が動き重くて大ブレーキになっていたこと。

 

山崎・・・・・・あのループシュートは許せるが、

もうちょっと体ついていけるように調整しようよ。

開幕前だからという言い訳があるけど。

 

 

 

で、1−1のドローで終了。

感想。

とても開幕前のゲームとは思えない激しすぎのゲームでした。

 

 

こんなの3戦こなしたら潰れるぞ。

 

戻る