ジュビロ○3−2●ジェフ

 

 

毎回すげえ試合するなぁ・・・・このカードは・・・・。

そして、どれも素晴らしいゴールばかりだった。

 

 

決勝点の西のミドルシュートは、力強さ、そしてあのコースは

あんなのどんなキーパーでもとれないよ。

 

 

先制点のマルキーニョスのゴールより、

村井のアシストのおかげというしかないくらい

最高のクロスにしびれた。

 

 

んで、紙一重で佐藤のヘッドは右にそれて、

坂本のシュートはクロスバーをほんの数センチ超えて、

田中のだふったシュートをゴールライン間際で佐藤がクリア

などなど、

結果はこうなったがどっちに転んでもおかしくない内容。

 

 

感じたのは、

ジェフってホントに攻撃がとめどなく襲いかかってきて

相手にとって脅威だな。ってこと。

 

 

後半の林、村井、マルキ、巻、羽生がくりひろげる攻めは凄かった。

 

 

よくサッカー雑誌で ”ブアツい攻め” という言い方があるが

それがピッタリあてはまる。

 

クリアしても、コース消しても、次から次に襲いかかってくる。

よく足がとまらないな。

 

 

まぁこんなところです。

あまりに激しい試合だったからあんま書くことないっす。

戻る