ジュビロのGK

 

ジュビロの唯一の弱点といわれ続けてるポジション。

それがゴールキーパー。

 

 

 

ちょっとまってよ、ベストイレブンに選ばれた

オランダ人のヴァンズワムがいるじゃん!

と思う方いるかもしれない・・・・いや、いないでしょう。

 

 

 

だってどこがベストイレブン !?!?!

というレベルですよ。言っちゃ悪いけど。

 

 

 

ヴァンズワムがキレキレ大活躍で勝てた・・・なんてゲームあった?

逆なら沢山ありましたが・・・・

 

 

というわけでポカが目立つヴァンズワムにかわり

02後半から山本が正GKに。

 

 

 

しかしこの山本もいっちゃわるいが太りすぎ。

 

 

いくらGKだからといってもその体系はないだろ!

とツッコミを入れざるをえない太りっぷりだ。

 

 

 

 

公式データでは87キロらしいが

 

 

絶対もっとあるだろ。

 

むしろジャンプできるの?というくらいです。

結局山本も03開幕戦のvsマリノスで4失点くらい、

また2節からヴァンズワムが正GKに戻った。

 

 

 

また、ユニバ代表GKだった高原もいるが、まだ若く経験不足としかいいようがない。

デビューしたアントラーズ戦@クラシコでは5失点。

とゆうかヴァンズワムが速攻退場になってのムリヤリデビューだったが。

 

 

 

そんな唯一と弱点と呼べるジュビロのGK。

ここにしっかりしたキーパーがやってきた。

コンサドーレの佐藤洋平である。

 

 

 

そもそも2002年、J2へまっしぐらだった最弱コンサドーレにおいて、

唯一頑張ってたのがこのGK佐藤。

よく覚えていたし、そんな佐藤が藤ヶ谷に正GKの座を奪われたと知ってビックリ。

どっかJ1のクラブとんないかな〜なんて思ってたらジュビロがゲット。

 

 

これが大当たり、他のクラブにすりゃ並レベルかもしれんが、

ジュビロにおいては大当たりというのがふさわしい。

 

 

最後に、思い出したのだが、2002年のジュビロは最強チームだった。

その当時私は、

 

 

ここに川口ヨシカツきたらさらに最強になるのになぁ・・・

 

 

なんて思ってました。

 

戻る