セレッソの馬鹿フロント

 

 

 

なんど監督かえたら気が済むんですか?

 

 

 

 

以前、京都パープルサンガのフロントについての事を

こちらのコラムで散々こきおろして書きましたが、

いや〜負けじ劣らずひどいフロントですね。

 

 

まずシーズン開幕前、

ナドベザ氏が狭心症のため来日不可能になり、

ムズロビッチ監督になったのが一回目の監督交代。

 

 

 

 

シーズン開幕前ですよ。

 

 

 

 

もっとナドベザ氏の健康状態をちゃんと確認しとけよ。

 

 

 

 

シーズン開幕前、

外国人はアクセウ、バロン、ジョアンの

3人全員クビにして、総入れ替え。

新外国人はFWロブレク、DFにカブラル、ラデリッチという

またも東ヨーロッパ路線。

 

 

で、シーズン開幕して

開幕戦のグランパス戦は2失点し逆転負け。

2節のレッズ戦は

いきなり4失点という相変わらずの守備崩壊ぶり。

 

 

 

ここでとんでもない事態が。

 

 

 

 

 

ムズロビッチ監督解任。

 

 

ヘッドコーチのアルベルト氏が監督就任。

 

 

 

おいおいおいおいおい

 

まだ2節だぞ?

信じがたい・・・・。

理由は成績不振。

くりかえすがまだ2節だぞ。

解任理由は守備がなってないから。だと。

くりかえすがまだ2節だぞ。

アルベルトコーチとの不仲があったとも伝えられてるが、

 

 

そんなら最初からつれてくるなよ。

 

 

 

ほんとフロントしっかり調べろよ。

それに開幕戦から

グランパス、レッズ、マリノス、ジュビロ、FC東京、アントラーズと

超強豪続きだったんだから

その辺少しは考慮してやれよ。

 

こんな対戦カード日程なら

6連敗だって充分ありえただろ。

 

 

まさかフロントは

 

 

 

6連勝する気でいたのか

 

 

と思うほどだ。

 

 

確かに守備の崩壊ぶりは改善されてなかったが、

まずラデリッチ、カブラルが全然つかえなかったのが

一番大きな問題だろう。

 

で、そんなプレイヤーを獲得したフロントの責任。

おまけにロブレクとか全然出場しないし。

 

もともとあれだけ攻めのプレイヤーは豊富なセレッソなのに

何故外人FWを獲得するんだ?

去年のバロンの獲得も疑問符だぞ。

大久保がエースで西沢か徳重なり使ってけばいいだろ。

むしろDFを外人で固めたならキーパーもいい外国人とれって話だ。

 

 

いっつも思うが、

多田も伊藤も

J2レベルのゴールキーパー。

多田に至ってはU−22代表歴あるが、

どう間違ったらこんなキーパーが選ばれるの?

というくらいひどい。

 

 

(思い出すのは03の2nd、サンガ戦。多田のすんげぇミスのオンパレード。

 DFの喜多は頭をこづいていた・・・。黒部がハットトリックして2−3で負け)

 

 

 

 

で、このコーチから昇格して監督に就任した

アルベルト氏にも笑わせてもらった。

 

 

 

 

FW登録の徳重、苔口を

サイドバック起用・・・・。

 

 

 

 

アホか。

アレックスをサイドバックにしようとしたジーコよりひどい。

 

 

左サイドバックに佐藤悠を置いたのは

百歩譲ってまだなんとか納得できるが、

 

 

 

徳重や苔口はありえないだろ。

 

 

 

ダイジェストでは、森島のボランチ起用を酷評していたが、

私の中では徳さんとコケのサイドバック起用の方が酷評ポイント。

そんなアルベルト氏だったが、1st stage終了してこんなニュースが

 

 

 

 

 

アルベルト氏解任。

 

後任は未定。

 

 

 

 

 

ホント馬鹿。

セレッソのフロントはホントやばい。

 

確かにこのメンツで1st最下位は納得いかないと思うだろうが、

そりゃ監督コロコロ変えたフロントのせいだろ。

しかも後任は未定って・・・・

 

 

そして注目の後任は、

元大分トリニータの小林監督。

 

 

あの、ガチガチ03トリニータ率いた小林監督。

 

守ることだけに関してはギリシャのレーハーゲル監督以上

と思えるほどガチガチの小林監督。

 

ある意味旋風巻き起こしたトリニータの小林監督だ。

 

(小林監督のコラムはこちら

 

 

ついに守備のスペシャリストに頼る・・・といったところか。

 

 

 

 

 

 

とまぁここまで書きましたが、まとめると、

まずセレッソのフロントのひどさは監督に対して我慢できなさすぎ。

去年も2ndでちょっとつまづいたらアッサリと西村監督解任したし・・・・。

 

 

 

 

そして外国人がハズレばかりという点。

 

 

02年のトゥルコビッチから始まって、

03年のアレン、ぺラック

04年のロブレク、カブラル、ラデリッチ

 

 

 

この東ヨーロッパ選手みんな失敗。

 

 

 

 

ちなみにアレン、ぺラックはともに

U−22クロアチア代表とボスニア代表だった。

 

なんで活躍したためしがないのに

謎の東ヨーロッパ人を相変わらずつれてくるのか?

納得いかなさすぎる・・・。

トゥルコビッチはまだよかったが。

 

安くとれるせいか、独自の東欧ルートがあるのか知らんが

ちゃんと監督にしても入念にチェックしてから獲得しなよ。

同じ東欧選手のパナディッチがしっかり活躍できているだけに

セレッソの選手獲得のひどさが際立つ。

 

アレン、ぺラック、ロブレク、カブラルは途中契約解除。

 

 

 

 

色々と長きにわたって書いたが、

セレッソのフロントはホントひどいね。

 

 

 

その後、

C大阪の大倉智チーム統括ディレクターが

チームの成績不振のため解任。

後任には事業部の梶野智氏が就任する模様。

 

戻る