ダメダメ三都主

 

04年開幕前のオフシーズン、

かつてないほどの活発な移籍市場の中、

一番ビッグニュース、そして一番高額だった移籍が

エスパルス三都主のレッズへの移籍だった。

 

 

推定3億8000万円の日本人史上最高額。

 

 

しかもずっとレッズの左サイドは穴で、

本来右ウイングバックの平川がずっと使われていた。

そこに左サイドのスペシャリストの三都主を獲得し、

穴も埋まり万全に思えた。

 

 

 

しかし・・・・・・・・

 

 

 

ここまで三都主のプレーを見る限り、全然だめだ。

 

代表でジーコに左サイドバックをむりやりやらされた後遺症なのか、

ドリブルを無意味にやっては相手にとられたり、

思い切りのいいシュートもないし、

玉離れが悪くて攻撃のリズムが切れてしまったり・・・・。

(元ジュビロのジヴコヴィッチに似た感じ)

 

得点にしても、ヴィッセル神戸戦のPK1点のみ・・・・

 

 

 

”赤の聖戦” アントラーズ戦でもひどく、

こないだの

 

 

”レッドダービー”

”負けないよ!の始まり”

”相性最悪”

 

のグランパス戦でもひどかった。

特にドフリーでループシュートを狙うあたり何を考えているのでしょうか。

 

 

ハッキリいってこのレベルの選手に3億8000万円は使いすぎ。

 

人気面は確かに最高レベルかもしれないが、

これだったらアルビレックスの鈴木慎吾をとったほうがよかった。

 

(ちなみに鈴木慎吾は02年オフシーズンでも獲得のうわさが流れた。

しかしレッズにクビにされた経歴があるため、戻ってくるのは厳しいと巷でいわれていた。)

 

 

他には三浦淳とかも三都主よりはるかに安く獲得できただろう。

ここからは妄想だが、

こないだアーセナルをクビになったフランス代表ヴィルトール。

年棒はバカ高いだろうが移籍金0円でゲットできたんだから、

金額的には三都主とかわらない。

 

 

 

 

とゆうか02年以降、レッズの選手補強は

野獣エジムンド以外当たっているので、これだけ外れてる選手もめずらしい。

 

 

”赤の聖戦”で頭を赤に染めてたが、そんなことぐらいで

レッズサポーターが応援すると思ったら大間違いだぞ。

 

 

散々こきおろしたが、やはり活躍してほしいからこそ

厳しくいってるわけで・・・・・。

がんばってくれよ。

 

戻る