ダークホース一番手柏レイソル

 

 

 

2003シーズン。

柏レイソルは優勝争いに絡むとまではいかなかったものの、

一度も残留争いに巻き込まれることなく、

中位の少し下の順位で危なげなくシーズンを終えた。

 

 

しかも、玉田という素晴らしいストライカーが覚醒。

(ちなみに2003賞づくしにおいてブレイク選手賞受賞)

 

他にも谷澤、近藤、永田と数多くの若手が活躍した。

 

 

 

そして2004シーズンの開幕前のオフシーズン。

レイソルはしっかりした補強をした。

 

FWにはなんと前ベガルタの山下。

MFにはゼ・ホベルト、ワールドユースで活躍したドゥドゥ。

おまけにフロンターレから茂原。

DFに前ベガルタの小峯を。

 

 

バランスよく、実力者を補強し

実に魅力的なメンバーが集結した。

 

 

 

そのため、

 

 

「今シーズン、レイソルは不気味な存在だなぁ」

 

とか、

 

 

「ダークホース一番手はレイソル」

 

 

とか、期待が集まった。

 

 

 

 

しかし・・・・・ご存知の通り、

レイソルは年間順位最下位をセレッソと争っている状況。

 

内容もひどいし、得点も凄く少ない。

 

 

 

 

で、今回は何故勝てないのか?

という理論的なコラムではなく、

 

 

レイソルがいかに前評判のいい選手を揃えたか

 

について語るコラムです。

 

このコラム、レイソルがこんなに低迷すると思わなかったので、

書いた後にUPすることなく、お蔵入りになったコラムでした。

しかし、大一番の前にレイソルは今でこそダメだけど

実はこんなに凄くて、こんなにいいメンバーいるんだということを

知らしめるためにこのタイミングでUPしてみました。

(UPは2004シーズン最終節前)

 

 

 

まず、今シーズンのプレーを

全く見てないという前提で選手について書きます。

 

 

 

 

GK、南。

ワールドユースを2度経験した国際舞台の経験も豊富なキーパー。

まだ若く、まだまだ伸びしろがあり、

ポジショニングは改善の余地あるが、

至近距離からのシュートに対しての反射神経は素晴らしいものがある。

不動のスタメン。

 

 

 

DFには昨年、一昨年出場をはたし

いまや不動のスタメンを飾る若手の近藤と永田がいる。

2人とも去年、ワールドユースを経験し、

近藤はU−23代表に、永田はジーコのきまぐれとはいえA代表に選出された。

 

また、市船の名選手だった中澤もいる。

彼もケガに苦しんだがワールドユースを経験し、期待のディフェンダーだ。

 

 

 

若手だけではなく、

ベテラン薩川と渡辺も健在。

 

薩川は去年、エメルソンと激突して大ケガ。  (全治8カ月)

今はリハビリ中だが、なんといってもチームの柱である。

カバーリングの凄さは鬼。

彼がいたからこそ03レイソルは失点がかなり少なかった。

 

渡辺も薩川と並んでレイソル最強ディフェンダーといってもいい。

昨年は出番が少なくなったものの、頼りになり、実力あるディフェンダーだ。

身体能力は高く、マンマークでは無類の強さを発揮。

 

おまけに小峯まで獲得。

長年FC東京を支えてきた、手を使うことに関しては右に出るものはいないストッパーだ。

ユース出身の中堅、根引もいる。

 

 

シーズン途中には波戸とパラシオスまできた。

パラシオスはいうまでもなくコロンビアの怪人。

(パラシオスコラムはこちら

 

 

波戸なんか凄いよ。

トルシエ時代不動の右サイドだった男。

怪我でユ・サンチョルにポジション奪われたものの、

マリノスの右サイドバックといえば波戸。

サイドの職人。まだまだ峠を過ぎた選手ではない。

 

 

激しいポジション争いが予測される。

良いメンバー揃ってるよなぁ。

 

 

 

MFも凄い。

実に凄いメンバーがそろっている。

 

 

 

 

まずボランチ。

友達が

 

「サッカーは9人の明神と

 2人の天才がいれば勝てる」

 

(ホントかよ…)

 

と、日ごろしつこく言うほどの影の黒子。明神。

W杯以後は代表におよびがかからなくなったが、

彼の相手MFを封じ込める動きによってチームはどれだけ楽になることか。

 

 

そしてブラジル代表ドゥドゥ。

03ワールドユースで日本はベスト8でブラジルと激突。

その時1−5でぶっ潰されたが、

そのブラジルの柱となっていたスターがドゥドゥ。

 

「なんでJリーグに!?」

 

と、巷で驚きの的になった移籍劇。

とにかく凄いプレイヤーだった。スケールがでかい。

ボランチなのにワールドユース得点王ってどーゆーことですか。

しかも2年契約。

 

「イルハン獲得したヴィッセルより、

 ドゥドゥ獲得したレイソルの方が凄い」

 

とまで言われるプレイヤー。

 

 

 

左サイドには平山がいる。

A代表候補にもなった超美形レフティー

玉田もカッコいいけど平山も相当なルックス。

ってそんなことはおいといて、彼もかなりの実力者。

 

もう一人のレフティー。

ゼ・ホベルト。

こちらはどんなレベルかは不明。

 

 

 

 

そしてトップ下。司令塔。

 

 

大黒柱リカルジーニョ。

 

 

02年来日し、レイソルを降格の危機から救い、

03年はパスにフリーキックにドリブル突破にと素晴らしい活躍ぶり。

変に自己主張する迷惑なプレーは極力控え、しっかり溶け込んでいるからビビる。

今年もこの人は凄そうだ。

 

 

と、MFのスタメンは

ドゥドゥ、明神、リカルジーニョ、ゼ・ホベルト、平山をあげたが

サブメンバーも豪華だ。

 

 

まず、スーパーサブ起用で結果をだした谷澤。

スピード、ドリブル突破、そしてシュート。

どれも勢いがあり、後半投入されると実に効果的なプレイヤーだ。

この選手も03ワールドユースを経験。

 

スーパーサブ起用といえば、増田もいる。

ボランチにはベテラン下平。若手では大谷。

 

シーズン途中には大野まで加入した。

この大野といえばレイソルの10番。

パスセンスの高さはいうまでもなく、

まさに天才肌というべき司令塔。

サンガ、グランパスと渡り歩きついに古巣へ復帰した。

 

 

なんかやたら層が厚いな・・・。

 

 

 

 

そしてFW。

 

なんといっても玉田。

 

彼のプレーは見てて全くストレスを感じず、爽快そのもの。

コンスタントに毎試合毎試合ゴールを重ねてきた。

 

スピードにのったドリブル突破は脅威としかいいようなく、

ボレーシュートも実にウマイ。

間違いなく将来A代表で活躍するだろう。

 

 

コンビには山下。

 

安定したポストプレー。

アビスパで成長し、ベガルタでブレイクし、

A代表にも選ばれたのは記憶に新しい。

去年はベガルタでパッとしなかったが、計算できる戦力。

なんといっても02年シーズンは10得点マークした男だ。

使えないわけがない。

 

 

サブには宇野沢、矢野という2人の若手長身ストライカーが控える。

この2人もワールドユースを経験している。

宇野澤は02年、残留争い当時貴重なゴールを何度か記録し、

矢野はアウレリオがワントップで起用を何度か試したこれから期待ある選手。

 

 

 

 

そして絶対に外せないのが加藤。

 

 

 

レイソルファンからすればミスターレイソルといえば薩川なんだろうが、

私の中では加藤。

 

 

もう、途中から加藤がでてきたら見てて一気にテンション高くなる。

ムードかわるし、あの鬼気せまった形相でボールを追いかける姿。

 

そして重要なゲームでゴールを決め・・・・・・・・・・・・もう大好き。

 

 

私が監督なら絶対にベンチに置いておきたいプレイヤー。

よっぽどプレースタイルが好きなストライカーに入れようかと思ったほど。

あと、あの顔もいいなぁ。

酸いも甘いもかみわけ、

レイソルの黎明期から黄金期まで知ったあの顔・・・・。

深い。

 

 

 

ってまずここまでレイソルのメンバーを絶賛してきました。

そして、ワールドユースやら、オリンピック代表やら、過去A代表経験者など

やたら多いことに気づく。

 

大一番での経験も豊富だと。

そうだよ。なんたってナビスコカップ優勝経験あるし。

 

 

 

 

 

・・・・・・・ここまで読んで、

なんでレイソル今シーズン残留争いしてるんだろうなぁってつくづく思いますよ。

 

 

 

ホント、優勝争いするような期待のシーズンだったのに・・・・・・。

良い選手ばかりだと思ったんだよなぁ。

私は少なくとも年間ベスト8には入るチームだと予想してました。

 

戻る