パナディッチ (元名古屋グランパスDF)

 

 

シジ・パナ・ジャーン

 

と呼ばれた坊主外国人DFトリオ

シジクレイ、パナディッチ、ジャーン

その一角、名古屋グランパスのDFパナディッチ。

 

 

02年中断期に入団したパナディッチはこれまで

実に質の高いプレーを披露。

さすが90年イタリアW杯の時ベスト8までいった

旧ユーゴスラビア代表のメンバーというべきプレイヤーだった。

 

 

特に、04シーズン同じ東欧系外国人である、

セレッソのカブラル、ラデリッチというDF

全く使えないだけにパナディッチの凄さが際立つ。

 

 

特に03年は抜群の存在感で、

頭でバシバシはじきかえすわ、

貴重なゴールもぎとるわで凄かった。

 

東海ダービーの03年1stジュビロ戦では

40℃近くの高熱があったにも関わらず

最後まで集中きらさない素晴らしいプレーを遂行したり

精神力の強さに驚かされたものだった。

(アントラーズ戦だったか?)

 

 

また、試合中は恐ろしい形相のうえ

よく審判にブチ切れたりしてた。

そのためニヤけて同一人物と思えない顔で登場した

サッカーマガジンのインタビュー見たときは

その試合中とオフの顔とのギャップに驚き、

何故か好きになったもんだ。

 

おまけに謎に測量技師の資格を

持ってるという事実を知った時もパナディッチに対し好感がもてた。

(なんでだよ)

 

 

そんなパナディッチだったが04年、ケガでつまづき、

秋田、角田というライバルの移籍加入もあり、

同じ東欧系外人であるヴァスティッチも03年にいなくなり、

連れてきた監督のベルデニックもいなくなり、

そして監督ネルシーニョ、FWウェズレイ、マルケスという

ブラジル路線もあって、契約延長せず。。。

 

というカタチで退団が決まった。

 

 

 

う〜ん愛すべきプレイヤーがいなくなり残念だ・・・・

グラサポも感慨深いだろうなぁ・・・・

 

“パナウェーブ研究所” をパロった

 

 

“パナディッチ研究所”

 

 

なんて弾幕があったぐらいだしなぁ・・・・

 

 

今、どこのクラブにいるんだろう。

googleで「パナディッチ」と検索してみたが

一番上にこのコラムがきてて おいおいと思ったが、

結局見つからず・・・・。

 

戻る