大黒 将志  (ガンバ大阪 FW)

 

 

猛牛。

 

 

ゴツゴツした体で、髪を振り乱し、ゴールへむかう姿は

野獣にしか見えない。

 

 

ジーコが今度のアルゼンチン戦だかで

大黒の招集をにおわせたそうで、

まぁその記念というか一つの転機として、コラムを書いてみました。

 

 

 

昨シーズンの03年、

ガンバのマグロン・吉原の不動の2トップから

ポジション奪ってレギュラーになったのがユース出身の大黒。

 

 

ほとんど知らなかったんですが、

いきなり2節のジュビロ戦でゴール。

 

 

その後もコツコツとゴールあげて、

03シーズンは10得点という、

日本人にしては立派な記録。

 

 

しかし、昨年のブレイク賞ともいえる

レイソル・玉田の方がインパクトが強く、

大黒はそこまで凄さを感じなかった。

 

 

 

 

 

しかし、今年、04シーズン。

 

 

 

 

 

早くも11ゴール・・・・・!

 

 

 

ゴール数の多さもさることながら、

昨シーズンより明らかに、

 

 

「こいつ、怖いな・・・・。」

 

とか、

 

 

「こいつ、ヤバくなりそうだな・・・・。」

 

 

っていう

漠然とした大黒への期待や恐怖

を感じることが多くなった。

 

 

 

 

まだ荒削りだし、チャンス外しまくってるんだけど、

ゴールそのものは

器の大きさを感じずにはいられない

凄いゴールが多いし、

シュート自体もとにかくバシバシうってる。

 

 

 

 

サッカーマガジンの特集でもありましたが、

「外しまくってるのにすでに9ゴール。」

っていう見出しでした。

 

 

 

ほとんどチャンスに絡まず、

シュートもうたず、

たまに打ったのを決定力高く決めて9ゴール。

 

とかと、全然話が違う。

 

 

 

 

西野監督がよく大黒に「しっかり決めろ!」

カミナリが落ちることが多いほど外してるのに・・・・。

 

 

さて、今シーズンの大黒ゴールを振り返って見たいと思います。

 

 

 

 

3節 vs清水 ○4−0  2ゴール

 

 

ああ〜大黒と二川の2人にやられまくったゲームね。

 

エスパサポの方、ご冥福をおいのりします。

 

この試合、2ゴールもさることながら、二川へのアシストのパスも

実に素晴らしかった。

 

スルッと半ターンしてスルッとアシスト。

 

そういやサッカーダイジェストのインタビューでも

本人がベストアシストにあげてた。

 

 

 

 

4節 vs東京V △2−2 1ゴール

 

 

このゴールもDFが完全にシュートコース消してたのに

サイドネット揺らすすげぇコースだったなぁ。

 

 

 

 

10節 vs大分 ●3−4 1ゴール

 

 

コーナーからヘッドで決めたやつだっけ?

すいません、これはよく覚えてない。

 

というのもこのゲームのガンバは、

トリニータ in ビッグアイ

”スペクタクル劇場” の引き立て役にしか過ぎなかったので・・・。

 

 

 

 

11節 vs神戸 ○6−3 1ゴール

 

 

 

あ〜これよく覚えてる。

大黒が大ブレーキになったゲーム。

 

 

ロスタイムにヘッドでズガンと豪快に決めたんだけど、

採点は”5”という評価だったし。

 

 

ちなみにこのゲームのハーフタイム、

西野監督は大黒にカミナリを落とした。

 

 

しかし大ブレーキにも関わらず、

交代させないでフル出場させたんだから

よっぽど大黒へ信頼というか期待というか、

成長させたかったんだろうなぁ。

 

今になって思えばこの采配、あたってるんだろうか。

 

 

 

12節 vsFC東京 ●1−2  1ゴール

 

前節大ブレーキだったが、

このゲーム、開始まもなくFC東京ゴールへ

 

 

 

ズドドドドド

大黒・重戦車が襲い掛かってきて、

 

 

DF守れず、豪快に決めた。

 

 

 

この瞬間、ホント人間に見えなかったから。

 

 

凄かった。

 

 

 

 

14節 vs浦和 ○3−2  1ゴール

 

 

このゲームも0−2から見事ひっくり返して

大黒は決勝点・逆転弾をあげる活躍だったが、

結構チャンス外してたので西野監督も採点も厳しく、

「大黒の動きには満足してない」

との評。

 

 

次第に大黒の凄さがわかってきたターニングポイントでしょうか。

 

 

だってチャンス外しまくってんのに点入れるし、

普通の奴だったら褒められるのに

周囲から評価されないんだから・・・・・。

 

 

 

15節 vs新潟 ○4−1  2ゴール

 

 

アルビサポの方、

悪い夢を見たと思って忘れてください。

 

高校生・家長のゴールも凄かったけど

この日の大黒は・・・・・。

 

 

 

1点目はまずゴールだけめざして突っ走り、

豪快にシュート。

 

キーパー野澤はじいたのを拾って

DFをぶっ放してもう一回豪快にシュート。

これがコースもよくゴールイン。

 

 

いやぁこのゴールだけしか目に入らないような動き

柳沢だとかには絶対できないと断言できるほど(サポの方ごめんなさい)

見てて凄かった。

 

 

2点目はコーナーから高い打点であわせてゴール。

 

 

敵将・反町監督もこりゃ絶賛するわ。

 

 

 

2nd stage

1節 vs名古屋 ○2−1  2ゴール

 

 

グランパスの4バックがアレだった

ってのがあるかもしれないけど、

 

この大黒のゴールは凄いよ、2本とも。

 

 

 

ドカンと速いシュート。

それでいてコースもいいし。

 

 

 

だって楢崎がとれないんだよ?

 

 

(なぜか私の中では楢崎からゴールを奪う、それだけで凄いことになってる。)

 

 

 

 

どうでしょうか。

ざっと今シーズンの大黒のゴールを振り返ってみました。

 

 

 

 

シュート精度があがり、

シュートがしっかり枠にとんでいき、

フィジカルもさらに強化され、

DFを今まで以上にぶっとばせるようになり、

ポジショニングもよくなって

チャンスの時には必ず絡んでいるようになり・・・・・。

 

 

 

って大黒がこうなったら一体どうなるんだ。

 

 

 

末恐ろしいとはまさにこのこと。

 

 

 

まぁジーコのことだから招集されても

すぐに試合に起用される可能性はあまりないでしょうが、

 

いま、日本人ストライカーのなかで

コンディションが一番良いのは大黒でしょう。

 

これは起用しない手はないと思う。

 

 

 

しかし私はまだまだ大黒は発展途中だと思ってます。

まだ未完成だと。

 

これからさらに覚醒して

凄いバケモノになると。

 

 

もちろん期待をこめてですが。

戻る