ナビスコ・ガンバ戦にむけて

 

(今回はFC東京ファンの立場からのコラムです)

 

 

 

9月4日のナビスコカップ準々決勝、vsガンバ大阪戦。

 

 

FC東京にとってここ何年かの目標はタイトル獲得。

リーグ制覇、優勝というのではなく、

 

 

”とにかくタイトルを”

 

 

という目標。

 

 

 

とてもムリな目標というわけではなく、低すぎる目標というわけでもなく、

凄く納得できる目標だ。

 

 

去年の2003シーズンは、

リーグ戦、1stは守備は最高だったがなかなか攻撃陣に火がつかず無難な成績。

去年の2ndは終盤に2位につけ、リーグ制覇も狙えたのだが、

 

 

ガンバの松代に阻止された。

 

(詳しいコラムはこちら

 

ナビスコはマリノスとグループ同居になるも首位通過。

しかし、決勝トーナメント一回戦で因縁の相手

レッズとぶつかり、敗退した。

 

 

天皇杯では一回戦のJFL最強・HONDAに苦戦し、

ヴィッセル神戸にやられて終了。

 

 

結局、またしても目標であるタイトル奪取はならなかった。

 

特にキング・アマラオ最後のシーズンということもあって、

なんとしてもアマラオが現役中にタイトルをとりたく、

DF伊藤も (現・トリニータ)

 

 

「アマラオがいる間に

 なんとしてもタイトルをとらなければならない。」

 

 

とまで言っていただけに、残念だった。 (本人も悔しかっただろう)

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も私の中では目標・タイトル獲得。

補強もしっかりやって、プレイヤーも充実した。

 

しかし、リーグでは早々に2連敗。

あきらめるには早過ぎるけど、ここから優勝は厳しいのも事実。

天皇杯は何故か毎年うまくいかない。

 

 

と、なるとやはりチャンスはナビスコカップ。

 

 

グループリーグも突破した。

3回勝てば念願のタイトル。

昨年のホームアンドアウェーではなく、一発勝負にかわった。

 

 

 

 

相手は現在絶好調の嫌な存在であるガンバ。

おまけにコラムで書いたように

 

FW大黒が覚醒中

 

 

おまけに2002シーズンのナビスコでも準々決勝でぶつかり、

やられてしまった因縁の相手でもある。

楽に勝てる相手ではない。

 

リーグ戦ではルーカスの2ゴールでスカッと快勝したが、

全く油断できない相手。

 

 

しかし、なんとしても勝ってほしい。

今年こそ、タイトルを獲得してほしい。

 

 

選手達のモチベーションも高いはず。

幸い、レッズとは決勝まで当たらない計算だ。

 

 

 

去年のナビスコ一回戦では

アウェー駒場で戸田が2ゴール叩きだして2−2のドロー。

だが、ホーム味スタでエメルソンに2発ぶちかまされて散った。

 

先制された後の東京イレブンの追いつこうとする気迫は凄まじかったし、

なんとしてもナビスコをとるんだ。という気持ちを感じた。

それだけに敗退は凄くくやしかったし、今でも忘れられない。

 

 

 

 

 

ガンバは遠藤がジーコに連れさらわれた以外、ベストメンバー。

 

FC東京は徳永負傷。コンディションの悪い加地。

そこに変わって躍進してきた前田が出場予定だ。

石川もスタメン出場の予定だし、

 

おまけに絶好調・魂のスーパーサブ・阿部吉郎

投入されればきっとなにかやってくれるに違いないし、

 

土肥はジーコにふんだくられたが、ナビスコで数多出場の塩田が。

今年に入ってもう3本近く豪快ミドル決めてる梶山もいる。

大事故から復活した小林もスタメン出場の予定だし、

スタメンは徳永&加地・土肥がいない以外、ほぼベストメンバー。

 

 

絶対に勝ってくれ東京。

 

かなりこの試合は重要・・・・いや、今年でベスト3には入ってくる重要なゲームだ。

ナビスコとはいえ、FC東京サポーターもかなり集結するに違いない。

年々着実に強くなってるし、原監督の積極的な采配により

スタメンと控えもあまり差がないほどまでに皆成長した。

 

 

今年こそ初タイトルを。

 

 

アマラオは去ったが、藤山だって文丈だっていつまでチームに残っているかわからない。

彼ら、長い間支えてきてくれたベテランがいるまでに獲得してほしい。

 

 

も〜国立で応援しまくるぞ。

頑張れ!

 

そして松代!

頼むからほどほどにしてくれ!

あの8.5をぶり返されたら間違いなくFC東京は負ける・・・

戻る