モンテディオの経営方針

 

 

とにかく選手を売る。

ここで活躍できた選手をJ1のクラブへ売って、

その選手のキャリアアップとともに、移籍金によってクラブを経営。

 

クラブとしてこうゆうはっきりした方向性が感じられるのは

J1J2あわせてもモンテディオ山形だけではないか。

 

このJ2にうとい私が知ってるだけでも

 

 

シジクレイ(ガンバ)、佐藤由(マリノス)、堀井(コンサドーレ)

佐藤悠(セレッソ)、鈴木健(アルビレックス)、鷲田&羽地(ジェフ)

 

 

と様々な選手がモンテディオで活躍した後、

さらにビッグなクラブへと活躍の場を移している。(まさにはえぬき)

 

 

特に堀井なんかは2001年、エースストライカーとして名を上げ、

J1昇格を狙っているシーズン中の移籍である!

(結局3位で昇格はならず)

 

あと佐藤悠の活躍もものすごかった(2001〜2002)

 

しかも、移籍した選手ほとんどがしっかり移籍先でも活躍している。

 

 

 

 

こうやって経営しているのだが、しっかりしたチームカラーがあって好感がもてる。

単に金欠だからかもしれないが、いわゆるプロビンチアの代表と呼べる

クラブは貴重だ。(特にJリーグはそこまで移籍が活発というわけでもないし・・・)

 

 

 

モンテディオサポーターからすればお気に入りの選手が消えていくのは悲しいだろう。

しかし、それでサポがクラブに愛想をつかしていないというのは、

スタンドの観客が除々に増えているのを見れば気づく。

 

 

 

例えば、2001年、勝てばJ1昇格という超ビッグマッチ

44節のフロンターレ戦の観客は16000人ほどだったが、

 

 

こないだの2004年、みちのくダービー、ベガルタ戦では新記録となる

20000人以上の大観衆を集めた

(試合が0−0の引き分けに終わったことが悔やまれる・・・)

 

 

 

どーでもいいことだが、

ゴール裏ではなく、バックスタンドにコアサポが集まってるのは

テレビで見てると観客が多く見えるし、サッカー専用スタではないことからも

見やすくていいやりかただと思う。

 

 

 

 

最後に、MF星。

一体このサイドアタッカーは

J1のどこのクラブへ移籍するのか?

今から楽しみだ。(2004年に移籍するかと思ったんだが・・・・)

 

戻る