熊谷、ベガルタに移籍(元アントラーズMF)

 

 

 

現在でもリーグ屈指の豪華な中盤である鹿島アントラーズ。

その中で本田と同じく長きにわたりチームを支えてきた

ボランチ、熊谷。

 

 

02、03とケガで中々試合にでず、トニーニョセレーゾ監督が

クラウデシールやダ・シルバなどの

 

クソ外国人ボランチを補強したため

 

すっかりスタメンが少なくなった熊谷だが、

7月5日からベガルタ仙台への移籍が決まった。

 

 

 

う〜んベガルタ、絶妙の補強。

03降格を機に、福永、森保などのベテランボランチを放出。

 

そして04シーズン最初こそ低迷を極めたが、

徐々に成績も上向き、J1昇格も射程圏内に。

 

だが、石井とコンビをくむ、

ブランメル仙台時代から在籍している千葉はどうにもイマイチ。

 

そこに常勝軍団のアントラーズの

ベテランボランチ熊谷が加わるのは実に心強いし頼りになる。

 

 

 

 

 

 

ただ・・・・ここで忘れてはならないのは、

ベガルタの医療班のひどさは尋常ではないということ。

 

 

 

 

02、03年と立て続けに負傷者が超続出し、

なんでベガルタばっかりケガ人続出?

など不思議だった。

 

 

 

一番有名な例はやはり福永。

くしくも熊谷と同じくベテランボランチである。

 

 

 

02年の1stレッズ戦でケガをした後、

地道にリハビリを続けていたのだが、

 

ベガルタ側の勝手な呼び戻し、

そしてフィジカルケアによって直るのが大幅に遅れ、

 

 

02シーズンはおろか03シーズンも

丸々棒にふるという惨事。

 

 

 

 

 

そして03降格したら悪夢の戦力外通告。

 

 

 

 

さらに悲壮なのは、現在でも痛みがひかずに、

04シーズン引退を宣言したことだ。

 

 

 

 

 

レッズサポの間では、

 

「福永はベガルタ仙台によって壊された」

 

などと囁かれるほどだ。

 

 

 

 

また、福永の引退メッセージもかなり胸にくるものがある内容だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「引退します。

これ以上続ける事は誰も幸せにならないと感じ、決断しました。」

 

 

 

 

 

 

 

ううう・・・

熊谷、ケガをせず活躍してくれ。

心配だ。

 

 

 

 

(このコラムは adidasひいき さんからのリクエストによるものです。

ただ、”熊谷について”のリクエストだったのに、書いてていつの間にか

ベガルタの話と福永の話になってしまった・・・。まぁ、いっか。)

 

戻る