ケリー 退団  (FC東京MF)

 

 

 

将軍といえばケリー。

FC東京の司令塔といえばケリー。

攻撃のリズムを生みだすのもケリー。

J屈指のトップ下といえばケリー。

FC東京1のテクニシャンといえばケリー。

 

 

 

そんな欠かせないFC東京のMF、

そんな大好きだったケリーがこのたび、

 

 

2004年をもってFC東京を退団することになりました。

 

 

 

 

 

呆然・・・・・・。

 

ただ、呆然・・・・・・。

 

 

 

そして・・・・・・・。

オフシーズン情報のコラムで、

 

 

「■FC東京・ジャーン、ルーカスが残留へ

 多分、ケリーに関してはまとまるまで時間かかるだろうな・・・・・。

 こじれると最悪退団もありえそうで怖い。」

 

 

なんて書いたのが大当たりしてしまった。

今思えばなんてバカなこと書いたんだろうか。

 

 

 

2003年のアマラオ退団にもショックではあったが、

正直今回のケリー退団の方が私はショックが大きい。

2002年からJリーグにハマったせいか、

ケリーの凄さのほうが頭の中にこびりついているためだ。

 

 

いうまでもなく、ケリーは素晴らしい選手だった。

FC東京で一番うまいのはケリーだった。

間違いなく。

 

増嶋が入団のときに

「FC東京で一番うまいと思う選手は?」

というインタビューをうけ、

ケリーと答えていたが当然の回答だと思う。

 

 

他にも宮沢、馬場などテクニックレベルの高い選手がいるが

ケリーはやはり別格。

あのレベルにはそうそうたどり着けるものではない。

 

 

ボールを受けたとき、抜群のキープ力を発揮し、

ボールがケリーでおさまって

ケリーからチャンスが演出される。

 

 

普通ボールをこねくりまわす選手というのは

モタモタするなりワンテンポ攻撃が遅かったりで

イライラさせるものなのだがケリーに関してはそんなことが全くなく、

ストレスがないばかりか、

ボールをうけ、前を向いただけでワクワクさせるような選手だった。

 

 

トップを追いこしての2列目からのとびだしで

理想的なゴールを何度も奪う。

パスセンスの高さも異常で、

つねに相手にとって壊滅的となるようなスペースへとボールを送り込む。

 

 

5人まとめてふりほどいて突破するなんていう将軍ぶりもあったし

貴重な決勝点、ワンプレーで試合をきめるのもケリーだった。

 

 

03年のレアルマドリードとの親善試合では、

銀河系選手に互角以上のプレーを発揮し、

ロナウドやロベカルを驚かせ、

レアル目当て、ベッカム目当てのにわかファン達に

「FC東京にはスゴイ外国人がいる」

そうビビらせるような活躍をみせた。

 

 

パラナ州ナンバーワンの逸材という肩書きにまったく恥じないプレーレベル。

年棒2800万円というのが信じられない。

 

 

FC東京にとっては憎悪のライバルというべき

浦和のMr.レッズこと福田が

「FC東京はケリーのチーム」

と評するほど、欠かせない選手だった。

 

 

 

 

ああ・・・・・・・・・・

ケリー・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

しかし、もう退団は決まったことである。

こうなった以上は冷静に分析をして、

なぜこういった決断をフロントが行ったのかを考えたいと思う。

 

 

 

まずやはり

ケガが多くてあまり試合にでなかった、

あまり活躍できなかった。

これが一番大きな原因だろう。

 

 

03年はとにかく凄まじい活躍だった。

それだけにもう04年とかメチャメチャ期待があった。

ケリーがいれば、リーグ優勝も夢じゃない・・・・・。

 

 

サッカーダイジェストでも、

「ケリーが得点王になる可能性も考えられる」

と書いてあり、

あながち的外れではない、

 

むしろその可能性充分に考えられる。

そこまで思っていた。

 

 

しかし、序盤でケガをしてしまい、開幕戦ベンチ外。

3節の東京ダービーでケリー不在の4−4−2が全くダメダメで、

ゴール裏からケリーコールが盛大に起きたほどであった。

 

 

で、やっとケガから戻ってきたら、

セレッソ戦で大久保にすっとばされて

大久保にイエローかと思いきや、ケリーにレッドカードがでてしまう不運。

 

 

04年に新加入したルーカスとはブラジルの

アトレチコ・パラナエンセ時代にはコンビを組んでいた中、

それだけにケリー・ルーカスのホットライン

この2人の超絶コンビネーションが期待されっぱなしだったが

 

結局そんな2人で決めたようなゴールは一つもなかった。

 

 

グランパスのマルケス・ウェズレイ。

03年、1st神戸戦での彼ら2人で全てを決めてしまうような

スーパーゴールやスーパープレーを期待していたが、

まったくそんなシーンを見ることなく終わってしまったのも痛い。

 

 

その後も最後までケリーが今までの輝きを、

あの恐ろしいまでの存在感をはなち、

絶対的将軍と思わせるような輝きをはなつことはなかった。

 

 

15試合出場で4得点。

これがFC東京での最後の結果だった。

 

 

01年 26試合  9得点

02年 29試合  8得点

03年 27試合  9得点

04年 15試合  4得点

 

 

やはり、今までの輝かしい戦績からすれば今年はダメだったといえる。

 

 

 

また、馬場、梶山、栗澤というケリーにかわるような

若きトップ下プレイヤーがでてきたのも大きい。

 

 

 

「ケリーがいなかったらもうダメだ。」

 

そういった状況ではなく、今では

 

「ケリーがいなくてもなんとかなるかも。」

 

そう思うような下からの突き上げがあった。

 

 

 

チームを引っぱってきたケリー。

ケリーによってFC東京は着実に成長してきた。

 

 

FC東京をこのレベルまで引き上げたのは

ケリーという一人の天才ブラジル人の積み上げた

4年間によるものである。

 

 

しかし、今やチームがかなり成長して

必ずしもケリーが絶対的に必要とはいえなくなってきた。

なんて皮肉な運命だろう。

 

 

 

確かに、外国人枠の面からいっても

ルーカス、ジャーンなどはまだ後3年くらいは残ってほしい選手。

で、ユースあがりの李忠成と呉章銀。

李忠成のほうは在日枠適用で問題ないのだが、呉章銀はどうなるのか。

 

呉章銀はサイドバックまでやれるような

中盤と後方の超ユーティリティープレイヤー。

しかも韓国の年代別代表で不動のスタメンという

将来が大きく期待される若い選手。

 

もし、呉章銀がA契約となるならば3人までなので

ケリーを切るか、呉章銀を切るかのどちらかしかなくなる。

 

 

そうなると、これから将来有望なチャンを選択したくなるし、

ケリーはこれから年齢的に下り坂だということもあるし、

なおかつ馬場、梶山という控えの存在もある。

さらにどちらも切って新たに有能なブラジル人を獲得だって考えられる。

 

 

 

ここまで考えた末、

フロントはケリーと契約延長せずという決断を下したのだろう。

今回の決断は将来をみすえたもので、理解できる。

 

ただ、トップ下にすんなり梶山や馬場が入ったところで

果たして来年タイトルがとれるのかという大きな不安がある。

 

彼らはいい選手だが、ケリーに比べたら

現段階では数段劣ることもまた事実。

 

 

ユース出身でプレースタイルもいいが

やはり冷静に客観的にみれば現時点で

 

ケリーには決してかなわない。

 

 

 

おそらく、来シーズンはタイトルを狙うというより、

個人個人に依存しないような

チーム全体としての成長をめざし、

2、3年後を見据えたことになる1年となるだろう。

 

 

そして、ケリーの去就。

ケリー自身や家族も日本に住み慣れているし愛着があるはずだ。

なんといってもJリーグでここまで実績を残した男。

すんなりブラジルに帰ることになるとはとても思えない。

おそらく、J1かJ2のクラブへ移籍するだろう。

 

 

ここで普通だったらブーイングを浴びせるのが当然の行為なのだが、

ケリーという選手自身の素晴らしさ、功績を考えると

とてもブーイングできるような選手ではない。

 

 

 

あまりにも偉大なために恐れおおく、

彼に対してブーイングをすることは

今までの彼全てを否定する鬼畜的行為だという考えがはたらいて、

 

 

ブーイングしないどころか、

ブーイングする他のFC東京サポを止めてしまうのではないかという

ほとんど病気といっていい行為まで浮かんできてしまう。

 

 

 

 

でも、こういった考えはなまぬるいんだろうな・・・・・。

 

 

 

ケリー、今まで本当にありがとうございました。

あなたは最高でした。

これからも頑張ってください。

かわらずに応援します。

 

戻る