グラウのPK

 

実に100%

楢崎に止められるまでは。

PKを100%、必ず決める・・・・ほとほと尊敬します。

 

 

バッジオやフィーゴですら外し、

カフーに至ってはプレッシャーから蹴るのを拒否。

 

 

もちろんW杯決勝やトヨタカップ、チャンピオンズリーグと

Jリーグでは緊張のレベルが違うのも当然だけど、ホントにグラウは凄い。

 

 

一番凄かったのはやはり03年2ndのジュビロvsベガルタ。

 

ベガルタはもうとにかく守りに守りに守り通して勝ち点1ゲットという

わかりやすすぎる作戦で戦ってきた(戦うっつーのは違和感あるなぁ・・・)

 

 

で、ベガルタGK小針のキレキレセーブで鬼のようなジュビロのシュートが

あと一歩決まらず0−0のままついにロスタイム、

 

 

 

ここでファビアーノが西野をひっぱってPK!!

(もちろんファビアーノは判定にブチ切れ。ベルデニックもブチ切れ)

 

 

 

 

こんなドデカいプレッシャーのなかグラウがきっちり決めて1−0で勝利。

 

 

 

 

いやぁ・・・並のレベルじゃあんな場面で決められないって

 

 

 

こんな精巧なゴールゲッターがいたら心強いだろうなぁ。

 

で、04年1stの名古屋戦でついに楢崎に止められ記録がストップ。

(止めた直後、中山隊長がしっかり突っ込んで決めた(笑))

 

 

 

この試合のインタビューで、

 

 

グラウ 「いつもPKを蹴るのはキーパーが動いてから蹴るんだ。

動いた方向と逆へ蹴れば簡単に決まるよ。

ただ今日は最後まで楢崎が動かなかったんだ・・・。」

 

 

 

 

 

 

レベル高いかけひきだなぁ・・・と思ったのは私だけ?

 

 

とりあえずさすがは楢崎ですね。

 

 

戻る