ダイジェストのコラムについて

 

 

 

●フットボール放談

〜そこまで言うなよ?!〜(清水・信藤元監督)

 

 

ベガルタ仙台の元監督清水さんと、

大分トリニータの元監督小林さんのリレーコラム。

(現在、小林さんが急遽セレッソの監督に就任したため元横浜FC監督の信藤さんが担当)

 

 

で、その内容はいたって普通なんだが・・・

 

 

 

いったいどこが

 

「そこまでいうなよ!?」

 

なんだよ!!!!

全然過激じゃなくて無難な内容じゃないかよ!!!

 

 

完全にタイトル負けしててすんごく違和感あるので

即刻  〜そこまで言うなよ!?〜 の部分を外した方がいいと思われる。

 

 

 

 

 

 

●左足で蹴ってみる

 

これはこちらのコラムからどうぞ。

山内編集長のコラムです。

 

 

 

 

 

●カタルーニャの空に

 

 

まず一部で話題となった平山への酷評。

 

 

衝撃的な

 

 

 

「平山くん、あなたは

スターでもなんでもありません」

 

 

 

初めて読んだ時度肝を抜かれた。

だって普通の雑誌の中でそんなことを書くってのはよほどの

勇気と自信がなければかけないことでしょう。

だいたい、雑誌上では当時どこみても

「平山くんサイコ―。」

って記事ばかりで溢れてたのに。

かなり驚きましたね。

 

 

こうゆうウチみたいなチンケなウェブ上のコラムと

何万部も発行してる雑誌のコラムとではその制約やらプレッシャーが段違い。

そういった意味でまず驚いた。

 

 

で、その内容は私もおおいにうなずけて、

マスコミの加熱報道ぶりへの手厳しい批判など、

ホントよくいってくれたと言いたくなる素晴らしいコラムだった。

 

 

 

他にも結構しゃれた視点でみたコラムがあったりして面白い。

FC東京のサトライトチームの衝撃についてとか、

スペインの全然知らないようなDFのサッカー人生をとりあげたりとか、

すごく新鮮で面白かった。

 

 

 

 

 

●マエストロの独り言

 

 

東京V、林のコラム。

なんで林が連載することに?渋い人選だな。

 

 

そしてあの脱力感満載の文章・・・・・。

大将福田や風間さんのお堅い文章と全く違い、

 

 

 

 

「キムチを食べて気むちでがんばるぞ!」

 

 

 

だとか

 

 

 

 

「焼酎にはまってるんだけどねぇ、

 幻の名酒、●●!これが絶品!」

 

 

 

など、かたぐるしさを感じさせない異色のコラム。

 

 

チームメイトのU-19韓国代表、イ・カンジンに

「キムチじゃなくてキモチが大事だぞ」

という意味不明ギャグとばして緊張をほぐそうとしたという

滑りまくりの出来事を語っていたのには笑えた。

 

 

 

 

しかも、試合終わった後まったくこりずに

 

 

「な、キムチが大事だろ」

 

 

というギャグとばしたら

イ・カンジンに

 

 

「今の若い韓国人はキムチあんまり食べませんよ」

 

 

と、激寒なツッコミ入れられたなど、目をおおいたくなるような内容が書かれてた。

 

 

 

このイ・カンジンの返答・・・・

林を小馬鹿にしまくりだな・・・・・。

どうせ心の中では

 

 

「この美白オヤジ、つまんねーギャグ二回もとばしてんじゃねーよ。

 だいたい俺が韓国人だからキムチネタならいけるとか考えたんだろ。

 笑えねーよ。アホですか。」

 

 

みたいに思ってんだろうな・・・・。

 

 

 

 

林自身、

「オヤジギャグなんかとばしてたら

 ジェネレーションギャップなんて埋められるわけがない!?」

と、ネタにするほどだった。

 

 

 

 

 

 

●セルジオ越後の天国と地獄

 

 

 

超長期連載のこのコラム。

あまりにネガティブすぎるのがいやだ。

Jのことを気にかけているのはわかるが、

なんでもかんでも悲観的にとり、嫌になってくる。

だってあら探しばっかりみたいですよ。

 

 

レッズではエメルソンだけが目立ってるとかさ、

 

ストーブリーグでは一部の金持ちクラブのレッズ・グランパスだけが

話題を提供してるにすぎないとかさ、

 

マリノスの3度優勝でマンネリ化が進んだとかさ、

 

 

うるさいよホントに。

痴呆が進んでるんでしょうか。

 

 

この人の解説のひどさも結構有名だが、

コラムも相当つまらない。

これだけ長期連載だと簡単に打ち切とはいかないんだろーな。

貴重なカラーページを2面もとっちゃうし。

 

 

あと、秋−冬制をよく主張している。

 

 

 

「よく、雪国ではサッカーができない、

 なんていう人がいるけどヨーロッパだって雪は降る。

 日本にも札幌ドームという立派なスタジアムができたじゃない」

 

 

 

・・・・・・札幌はいいけど

山形と新潟と仙台はどうなの?

 

都合の悪いことは無視ですか。

 

 

春-夏制ついてはこちらのコラムに詳しくあります。

 

 

戻る