アントラーズ●0−1○バレンシア

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃつまんない試合でした。

 

 

 

 

 

 

当初、親から、

「勉強しなさい!今日は行くな!」

と言われ、その後本気で勉強し狂って

親を納得させ、なんとか見に行ったのですが、

 

 

 

 

 

金と時間のムダだった。

 

 

 

 

 

1500円返してくれませんか?だめ?

 

 

 

 

 

まず、バレンシア。

 

 

やる気なさすぎ。

ぐだぐだでトロトロ。

 

 

カニサレスはなんでもないボールをキャッチミスするわ、

ルフェテはドフリーヘッドを外すわ、

カルボーニはキックミスしまくるわ・・・・・・・

 

 

もう2度とこないでください。

 

 

 

 

対するアントラーズ。

 

 

小笠原、本山、鈴木、中田浩、曽ヶ端の5人が代表戦のため欠場。

かわりに増田、野沢、中島、小澤などなどが出場。

 

 

 

 

 

 

もう見てて点取れる気配がまるでなかった。

 

 

 

前半0−0でしたが、

スコアもそうですが内容も寒すぎる内容。

 

 

 

 

 

後半に入ってもひどい内容で、

 

 

小澤はゴールキックからいきなりタッチを割るキックする始末。

 

 

ホントにプロですか?

 

 

 

新井場は見るからに手を抜いてるのか、

チンタラしたプレーに終始。

 

周りがあまりにもレベルが低くてやる気なくなったのだろうか。

見てる側としてはホントガッカリした。

 

 

 

いいとこ一つもなし。

 

 

 

両チームともポロポロとトラップミスやパスミス連発で、

よっぽど後半40分ぐらいで帰ろうかと思いました。

 

終了間際、アングロが決めて0−1。終了。

 

 

 

 

 

 

バレンシアファンもアントラーズファンも

さぞかしがっかりしたに違いない。

 

 

 

 

こんな試合見せられたんじゃ、

絶対にお客さん増えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トニーニョセレーゾ監督

 

「内容的にはよかった」

 

 

 

 

 

よくないよ。

 

 

 

絶対よくないよ。

 

 

 

 

 

ラニエリ監督

 

「選手たちが怪我をせずにツアーを乗りきれたことはよかった。」

 

 

 

 

も〜金儲けのためだけにきやがって

馬鹿にするのもいい加減にしてくれ。

 

ディバイオの足へしおるぞ。

戻る